望(のぞみ)ライティングの第一歩

 今日は新しいカテゴリを追加しました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 そのカテゴリは「文章術」です。

 これは今まであまり重視してこなかったもの。だけど何か残せるものがあるんじゃないかと考えて、少しずつ整理していこうと思い、ひとつ目の記事を書いています。

 そのきっかけはこんな記事を読んでからです。

  • 1000時間理論や1万時間理論はブログにも言えるのかしれない


  • 天才! 成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
    (2014/01/29)
    マルコム・グラッドウェル

    商品詳細を見る

     本日のトライ宣言です。

  • Try416:ライティング・メソッドを体系化していこう。それが望(のぞみ)ライティングの軸となる。

  • 1万時間の法則


     この本では「天才は好機と時間によって創られる」と書かれています。例えば、マイクロソフトのビルゲイツ、アップルのスティーブ・ジョブス、SUNマイクロシステムのビル・ジョイ、Googleのエリック・シュミット。

     現在は蒼々たるIT業界の著名人ですが、すべて1955年生まれ。

     そしてみんなPCオタク。1日中、プログラムづくりにはまっていた強者。

     1日8時間をコンピューターに没頭していたとすると、3年で1万時間を超えます。

     そして彼らが15歳を迎えたときから、コンピューター業界に大きな波がやってきます。それがコンピューターを個人で扱える時代がやってきたこと。

     だから彼らは一日中、コンピューターに触れる環境に恵まれたというわけです。

     この環境と、1万時間の経験によって、天才(アウトライアー=非凡)が生まれたのです。

     つまり「1万時間の法則」とは、何事も1万時間を超えると業界のTOPレベルにいきつくという意味で使われています。

  • Scheme65:能力を心配する前に、好機をつかもう。限られた時間の中で、いかにチャンスをつかむかが重要。

  • 1000時間理論


     もうひとつ、最近知ったことがこの言葉。英語の学習などで聞かれます。

     語学の習得には、1000時間以上は最低必要だということ。

     だからブログも日本語の習得という観点では、この1000時間理論が当てはまるんじゃないかという記事が冒頭で紹介した記事でした。

     さて、この「新たな習慣へのトライ」は6年目を迎えました。

     現在までに1314件の記事を書いてきました。

  • 最新一覧と目標達成度グラフ

  •  ではトータル何時間を費やしてきたのでしょうか?

     例えば先日の6回シリーズで書いてきた記事を調べてみました。

     1. MyAREA法のお手本(3531文字)
     2. 私のオススメ本 プレゼンランキング(5130文字)
     3. 今日は2020年の出版記念日(3603文字)
     4. 新たな答えは必ず見つかる(4411文字)
     5. 6年間のバックキャスティング(3445文字)
     6. セミナーを受講する姿勢の違い(4684文字)


     平均すると4150文字。これをそれぞれ1時間くらいで書いてきました。

     現在1300記事を超えたとすれば、1300時間?

     すべてが1時間もかけてないと思うので、多めに見積もって1000時間を突破したくらいだと思います。

     というわけで新たなカテゴリを書いてみようと思ったわけです。

    望(のぞみ)ライティング


     名付けて「望(のぞみ)ライティング」として、少しずつ増やしていこうと思います。

     まずは今までの文章術に関する記事を振り返ってみました。これらを「文章術」に変更しておきます。

    2008-11-10
  • Try51:ブログは究極の背伸びマシン.ブログを利用して,自分の枠を越える人間になろう。

  • 2010-01-02
  • Try233:ブログ記事を構造化して、読みやすさを追求しよう。

  • 2011-01-30
  • Scheme269:ブログとは新鮮な情報を発信するメディア。そのときの感情を伝えることに新鮮さという価値、意味がある。

  • 2011-06-17
  • Scheme300:新鮮さを伝えるためには瞬発力が必要である。それを鍛えるためには、今すぐ実践してみること。

  •  というわけで本日の記事を「文章術」5件目として公開しました。これが「望(のぞみ)ライティング」の第一歩です。

     今後は書籍紹介、イベントレポートなど、今までの記事をパターン化したものを紹介していく予定です。

     これで3500文字、およそ1時間なり。
  • Try416:ライティング・メソッドを体系化していこう。それが望(のぞみ)ライティングの軸となる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    FutureSession構想 | Home | セミナーを受講する姿勢の違い

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する