最新コミットメント

ファシリテーションの可能性に懸ける

 5回シリーズのレポート最終回です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回は、3/22日の中で一番、楽しかった体験を紹介したいと思います。

 それは、「Aha2ファシリテーション」でもなければ、「全脳思考イントロ講座」でもなかったわけです。

 それはこの2つのイベントのちょうど間に実行され、かつ裏で準備していた極秘プロジェクトでした。

1.全脳思考イントロ講座で涙する
2.チームETOの描くPhase2のストーリー
3.Aha2ファシリテーションのねらい
4.Aha2ファシリテーションの結果
5.ファシリテーションの可能性に懸ける(本日の記事)


 朝カフェの参加者は、いつもカフェでお気に入りのコーヒーを注文してから会場に入ります。

 でも、この日はちょっと違いました。店長から

「お店へのメッセージをこのカードに書いて下さい。」

 という依頼があったんです。こちらはみんながそのカードを書いているところ。

朝カフェサプライズ1

 実は、これも極秘プロジェクトのひとつだったんです。

 最終回のレポートはこのプロジェクトから見えてきた可能性について考えていきたいと思います。

 それはこちらの本にも書いてある「新しい組織」のひとつかもしれません。

No.595

成功のための未来予報成功のための未来予報
(2014/03/24)
神田昌典

商品詳細を見る

 今日のスキーマです。

  • Scheme496:瞬発的な組織でも成果は出せる。自律的な行動の集合から成果が生まれる。

  • 30時間のプロジェクト


     で、その極秘プロジェクトが何だったのかというと、朝カフェを引っ張ってきたTさんのお誕生日を祝うパーティだったわけです。

     当日「ファシリテーション」をテーマにプレゼンターを引き受けていた私にとっては、そういう配慮はもっと事前に知ってから準備を進めるべきでした。ところが、その情報を知ったのはイベント開催の30時間前。

     土曜日の朝に開催される朝カフェ。その30時間前に知ったところで、自分には平日に何か準備する時間もとれません。さて、どうしたものか・・・。

     そこで思いついたのがFaceBookを活用した瞬発的なプロジェクトでした。ファシリテーションの可能性はオンライン上でもあるんじゃないかという思いに懸けてみました。

     それはオーケストラを奏でるような動きとなりました。

     簡単に履歴を振り返ってみたいと思います。

    1.指揮棒を振る 2014/03/21 1:25
     いろいろ考えて、まずこんな書き込みを当日の参加者宛に流すこととしました。これが指揮棒を振った瞬間です。すでに0時をまたいでいるので実質前日でした。
    極めて準備の時間が限られています。以下を皆さんが実行してくれるかは、皆さんの力次第です。
    1.プレゼントを買いに行くひとを決定する 〜21日 12:00
    2.プレゼント案をブレストする 〜21日 15:00
    3.プレゼントを決定する 〜21日 17:00
    4.プレゼントを購入する
    5.朝カフェ当日のオープニングでハッピーバースデーを歌いながら渡す

    2.演奏者が現れる 2014/03/21 5:08
     私が起きるよりも早く、数名の方から「賛同します!」という反応がたくさん現れました。と同時にどんなプレゼントにしようかブレストがはじまりました。

    3.指揮者の指示に答える 2014/03/21 7:09
     前日の朝のメッセージのやり取りから、すぐに「私、買い物行けます!」という返答がありました。そこですぐに私からお願いをしました。

    4.演奏が乱れる 2014/03/21 9:46
     その後、自分の知らないところでプロジェクトは進んでいきます。意見の衝突もありました。それについてはあるメンバーの主張にみんなが合意して収束。指揮者いなくとも、演奏の乱れは解消。

    5.新たな指揮棒を振る 2014/03/21 10:22
     当日出張があったので、移動中に新たなアイデアの提案と指示をしました。
    9:00〜9:30で、Skypeつながる方を広く募集してくれませんか?
    今回は明日の朝カフェメンバーにしかメッセージしてないので、オンライン参加できる方を募集します。どなたか、今回のプロジェクト賛同メンバーのリスト作成してくれませんか?

     このあと、2名のSkype参加メンバーが現れました。

    6.コンマスが全体を調整する 2014/03/21 10:22
     指揮者に対して、細かい指示を出すのがコンマス(主に第一バイオリン奏者が担う)。その役割を発揮してくれたのがUさん。つまり今回のファシリテーター役を実践してくれました。

    「ケーキは、大きいケーキ?小さいケーキ?美味しいお店は?
    朝はお店やってないから、夜に購入でよいですか?
    花は…当日、Tさんの動きは?
    寄せ書き案はコーヒーを買うときに、店長に、「アンケートお願いします」みたいに、一人一人にカード渡してもらってかいて店長に戻せばどうでしょうか?」


     決まってないことを具体的にあげて、状況の共有とつぎの行動を促して行ってくれました。

    7.ケーキを決定する 2014/03/21 16:08

    Uさん「人数分ありますか?最終参加人数は?」

    Tさん「変動があるから、20個で大丈夫じゃないかな。足らなかったら、俺が謝るσ(^_^;)」

     こんなやり取りがあって、物事が決まっていきました。ポイントは「確認」と「承認」。これで良いですか?という確認に対して、OKという承認があって、自律的な行動が促されるんだと実感。

    8.指揮者が介入する 2014/03/21 17:22
     出張先で仕事を終えた私は、FaceBookでメッセージを確認しました。すでにずらっとメッセージが流れているため状況把握ができません。ということを伝えるとすぐにGさんから中間報告がありました。

    「現状。○○の買い出しはKさんが。**をGが買いに行くことになりました。」

     このあと、実際に購入現場でも何度もやりとりがあって当日の華やかなプレゼントが決まっていきました。

    9.演奏者からのチェック 2014/03/21 18:59
     ここで指揮者からの要望にまだ応えられてないことに気づいてくれたひとがいました。

    「誰か、リスト作れる人いない?」

     これに対して、新たな演奏者が現れます。Kさんです。

    「私のほうで作ってみます^o^」

    10.新たな指揮棒を振る 2014/03/21 21:04
     出張先から帰る途中で新たな指示をお願いしました。実はスタート時点で20名だったスレッドは、どんどんと当日参加できないメンバーも加わって30名を超えるいきおいに。

    誰か、本日の状況を共有できる議事録作成できませんか? 明日の対応がよくわかってません。

    コンマスのUさん「議事録作成します。プレゼントが…」

     すぐに引き受けてもらいました。そしてこの時点でまだプレゼントが決まってないことを打ち上げ。

     議事録は先行してリストを作ってくれたファイルと合体してひとつにまとめることになり、決定事項が共有できるようになりました。

    11.新たな演奏者による具体的な提案 2014/03/21 23:01
     当日は参加できないけど、協力させて欲しいと演奏に加わったYさんからプレゼントの具体的な提案が出てきました。みんなからも「これこれ!」みたいな賛同が集まりました。

    12.演奏予定の確認 2014/03/21 23:25
     プレゼントを決めるまでは、まだ難航中。この時点で明日の集合時間を連絡しました。演奏の本番ですね。
     準備必要なメンバーは7:30集合でお願いします。多ぁ望も7:30めざします。
     Skypeメンバーは8:55くらいからスタンバっておいてください。
     どなたかオンライン担当引き受けてくれると嬉しい。
     あと、プレゼントの代金を集めてくれるひといませんか?

    13.プレゼント決定 2014/03/22 1:58
    「発注OK。○○を2つ。ギフト包装でお願いしました。」
     この時点で指揮棒を振り下ろしてから24時間と33分。ほぼ準備は万端。みなさんの行動に感謝です。

    14.余韻 2014/03/22 8:04
     すでに「Aha2ファシリテーション」がはじまった頃。

    Yさんより「プロジェクトの成功を祈ります♪Tさんによろしくー♪」

    15.御礼 2014/03/22 12:33
     そしてちょうど極秘プロジェクトが盛大に完了した頃。

    Oさんより「プロジェクト成功おめでとうございます(=´∀`)人(´∀`=)」

     ここまでのスレッドは全233行となっていました。

    朝カフェサプライズ2

     こうやって30時間のプロジェクトは、想像以上のカタチとなって実行されました。改めてこの時間に協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

    この体験から得たもの


     この体験から得たことを3つ紹介しておきたいと思います。今回の30時間プロジェクトの中で、私の役割は指揮者と表現しましたがそれはリーダーのこと。それ以外の担当や役割は全く指示せずに、自律的な動きにお任せしていました。

     それができた背景を考えてみると、そこにはこんなステップがあったように思います。

    自律的な行動を促すステップ

     ちょうどこのメッセージが良い具体例となります。次のような5ステップを踏むことで、人は動き出すんじゃないでしょうか。

    「変動があるから、20個で大丈夫じゃないかな。足らなかったら、俺が謝るσ(^_^;)」

     ①想いを伝える:まず自分のやりたいことを伝える
     ②共感する:それに対して共感してくれるひとが現れる
     ③提案する:新たな行動提案をする
     ④承認する:「それいいね!」という承認してくれる人が現れる
     ⑤行動する:それによって行動に踏み出す


     最初のきっかけは私の①だったかもしれませんが、その後の動きに私はほんの少ししか関われませんでした。このプロジェクトに関わってくれたメンバーがそれぞれに①〜⑤を繰り返すことでカタチになっていったんだと思います。

    即効性と遅効性

     今回FaceBookのメッセージ機能をこういうカタチで活用することで見えてきたことがあります。それが即効性であり、同時に遅効性でもあります。

     オンライン上にいるメンバー同士では、電話とおなじくらいにリアルタイムにメッセージ交換ができるので即効性があります。もちろん電話でもできるかもしれませんが、複数のメンバーと情報共有する上では電話よりも優れています。

     一方、遅効性とはあとからじわじわくる効果のことで、全233行にもなるスレッドを一瞬で把握することは困難です。30時間という限られたタイムラインに触れることができたメンバーはそれぞれがさらに限られた時間しかありません。

     あとからこれを読み返すことによって、「あ、そんなことがあったんだ!」とあとから共有できることがもうひとつのメリットです。

     私も全貌を把握できたのは、実はこのプロジェクトが終わってからでした。

    新しい組織の可能性

     最後に3つ目の気づきは、新たな組織の可能性です。冒頭に紹介した神田さんの新刊では「7つの未来予報」というタイトルで宇都宮の高校で講演した内容が紹介されています。

     そのひとつが「会社がなくなる」というもの。

     グローバル化、IT化によって、同じ場所に集う会社という組織に意味がなくなってくるという考え方がありました。

     それは決まった組織のメンバーだけで成果を求めるカタチが古くなってくるという意味です。

     今回の30時間プロジェクトを実行できたのも、ひとつの新しい組織だと考えられると思いました。

     ひとつの成果をあげるために、選べる手段はたくさんあるはず。今回はそんな新たな可能性を感じさせてくれました。

  • Scheme496:瞬発的な組織でも成果は出せる。自律的な行動の集合から成果が生まれる。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    凄すぎる!!

    まさにグループジーニアス降臨ですね!!

    限られた時間でここまでの取り組みをしてしまう。
    一人では絶対にできないことです~。

    そして、このプロジェクトがここまでうまくいった背景には、
    多ぁ望が今まで築き上げてきた仲間との信頼があると
    思います~。

    私が最近感じるのは、「リーダーに求められる役割が変わりつつある」という事です。
    牽引するのではなく、コーディネートする力が必要になっているような。

    SNSの価値について、少々「?」な気持ちがありましたが、なるほど、こういう活用方法があるのですね~。
    色々と勉強になりました!

    ライキ、コメントありがとう!

    ライキ、長文読んでくれてありがとうございます。

    オンラインだけでグループジーニアスを作ったのは初体験でした。

    今回の成果は、参加者とお祝いする主役との信頼が高かったおかげです。

    その信頼が僕にもあったので、躊躇なく行動に移すことができました。

    結局、ひとが動くのは信頼がベースになっているんですよね。

    SNSは単なる手段。だけどそれはリアルとは違った可能性を秘めています。

    可能性があるなら、使ってみないと損ですよね。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)