最新コミットメント

想定外を考える

 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」の4回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 今回から実際のワークの結果を紹介していきます。

1.3つの自分を操る
2.12名の脳の並列処理
3.ファシリテーターの呼吸と役割
4.想定外を考える(本日の記事)
5.2軸マップから放射マップへ


  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  シナリオ・プランニングの中でも必読書として取りあげられているのがこちらの本。ブラック・スワンです。


    ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
    (2009/06/19)
    ナシーム・ニコラス・タレブ

    商品詳細を見る
    ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
    (2009/06/19)
    ナシーム・ニコラス・タレブ

    商品詳細を見る

     ブラック・スワンとは、黒い白鳥という意味。白鳥は白い。だから黒い白鳥なんていないのだ。という前提がくずれ、実際には黒い白鳥は存在したのです。

     このような例えで表現されるのが「想定外」の出来事。それらは3つの特徴があります。

    1.それが極めて起きる確立が低く、かつ異常であること
    2.それが世界を変えるほど、強烈な衝撃を与えること
    3.それが起こるべくして起こったと、あとから予測可能だったととらえてしまうこと


     今日のスキーマです。

  • Scheme489:未来に視点を移し、過去を眺める。即興力が未来のイメージを具現化してくれる。

  • 想定外を考える


     前回紹介したように、以下の図にあるような手順で、2007年の出来事と、2014年の出来事を共有し、2020年をイメージしてもらいました。

    想定外を見つける

     図中の黄色い部分に今回は注目してもらいました。ここに想定外があるはずなんです。

     例えば2007年と2014年の間にはどんな想定外の出来事があったでしょうか?

    「東日本大震災(2011年)」

     M9.0の地震なんて、誰が想像したでしょうか。それによって誰が原子力発電の未来がくずれると想像したでしょうか。

     今回はこれらを共有して、さらに2014年から2020年の間に起こりうる想定外の出来事。これはネガティブなことだけでなく、ポジティブなことも引き出してもらいました。そこで大切なことは質問です。

    「ばかげたアイデアを出してみましょう。」

     現実的な情報からイメージできることは、想定外ではありません。そこから如何に離れられるか?こんな質問から引き出してみました。

    引き出された想定外


     さて、今から2020年までにどんな想定外の出来事が出てくるのでしょうか?

    想定外を見つける2

     ネガティブなブラック・スワンを考えるグループと、ポジティブなブラック・スワンを考えるグループで書き出してもらいました。

    「富士山の噴火」
    「日本沈没」
    「会社という組織が廃止される」


     ネガティブな出来事にはこんなことが引き出されました。日本がなくなっちゃったらコワイですよね。

     一方、ポジティブな出来事はどうでしょうか。

    「アジアと日本がトンネルでつながる。」
    「パスポートがいらなくなる。」
    「どこでもドアが見つかる!」


     おお!どれも現実からかなりかけ離れたアイデアが出てきました。特に3つ目は・・・。

     こういうばかげたアイデアが大切です。奨励しましょう。

     ここで議論が大きく盛り上がりました。「見つかるってどういうこと?」

     おそらく現在の科学をベースにすると、どこでもドアなんてできるわけないという常識が染みついていると思います。実際にそうだと私も思います。

     遺跡発掘のように、あるところから見つかったとしたら?それが地球外の技術でできたとしたら?

     もちろんSFの世界かもしれませんが、私達の常識から離れることができますよね。グッジョブです。

    フューチャーパスト


     さて、2020年のイメージと想定外の出来事が共有された上で、事態をちょっとひねってみました。

    本日は、2020年の3月1日です。みなさんの自己紹介をしてください。

     ポストイットには、2020年に自分のなっていたい姿、職業、住んでいる場所などを言葉にしてもらい、再び自己紹介を行いました。

     ここではインプロ(即興)の技術が求められます。実は、過去に「未来電話」というワークをやったことがありました。これが今回のヒントとなっています。

  • Scheme307:ブレーンストーミングを超えるストーリー型発想法。会話に含まれるコンテクストからアイデアが具現化される。

  •  NLPのテクニックのひとつに「フューチャーパスト」と呼ばれる方法があります。

     未来に視点を映して、過去を眺めてみる方法です。

     ひとりの参加者からこんな言葉を聞くことができました。

    「みなさん、思い出して下さい。6年前の今日。私達は未来の宇都宮について議論しまいたよね。ここに再会できて嬉しいです。」

     そうです。そういう即興力を期待していました。

     まわりもこのシチュエーションにあわせてきます。みなさん、それぞれが世界にはばたき、活躍している姿を見せてくれました。もちろん、どこでもドアがあるからすぐに、ここ宇都宮にかけつけることができたんです。

     たまに乗り遅れるひともいます。そういう時は、2020年にひたるお手伝いをしてあげます。こうやって全員を2020年の世界に導きます。

     とってもワクワクした体験となりました。即興力あふれるみなさんに感謝です。ありがとうございました。

  • Scheme489:未来に視点を移し、過去を眺める。即興力が未来のイメージを具現化してくれる。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)