シナリオ・プランニングから生まれたもの

 「まちヨミ in 宇都宮」の2回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 今回の課題本は、ここしばらく紹介が続いている「シナリオ・プランニング」でした。

1.仮説検証読書法にチャレンジ
2.シナリオ・プランニングから生まれたもの(本日の記事)
3.ワード・ジャングルとワールドカフェ



シナリオ・プランニング――未来を描き、創造するシナリオ・プランニング――未来を描き、創造する
(2013/11/13)
ウッディー・ウェイド、Woody Wade 他

商品詳細を見る

 この方法を使うと、様々なアイデアが協力に引き出されます。それを実感した読書会でした。

まちヨミ宇都宮3

 今日のスキーマです。

  • Scheme486:シナリオ・プランニングから生まれたものは、すばらしいアイデアだけでなく、終わることのない行動力。

  • シナリオ・プランニングの効果


     シナリオ・プランニングの使い方とその効果については、このまちヨミ開催の前に、仕事で使った内容を紹介しました。

  • Scheme481:読書は行動してこそ、意味がある。効果は本で読むのではなく実体験で理解できるもの。

  •  「ドライビングフォース」と呼ばれる、未来を決定づける要素を2つ選出し、それらを2軸4象限にまとめると、4つのストーリーが見えてきます。例えばこんな感じ。

    シナリオプランニング実践編

     シナリオ・プランニングでは10のステップが紹介されています。今回はその中から前半の5ステップを実践してみました。

    1.課題を設定する
    2.情報を収集する
    3.未来を動かす「ドライビングフォース」を特定する
    4.未来を左右する「分かれ道」になるような要因を見つける
    5.シナリオを考える


    そうだ!宇都宮へ行こう!


     たった2時間で「シナリオ・プランニング」を読んだのち、すぐにその手法を活かしたグループワークに突入しました。

     今度は、席替えをして違ったメンバーでワークを実施。

     最初のステップである課題はこちら。

    「そうだ!宇都宮へ行こう!っと思わせる2020年の未来を想像する。」

     2020年と言えば、東京オリンピックです。世界各国の選手、応援団が東京に集まってきます。

     せっかく東京に来たのなら、ちょっと宇都宮まで行ってみよう。

     そう思い立たせる2020年へのストーリーを導きます。

     二つ目のステップは情報を収集すること。

    「あなたにとって宇都宮とは?」

     こんな質問から出てきたキーワードと、前のグループが残してくれたポストイットに書かれたキーワードを集めて情報を拾い上げていきます。

     そして3つ目のステップでドライビングフォースを決定します。これは未来を決定づける二つのキーワードを選出すること。

     私達のグループが見出したドライビングフォースとは・・・。

    まちヨミ宇都宮4


    横軸:過去と未来(歴史軸)
    縦軸:一様か、多様か(出会い軸)


     宇都宮には歴史的に価値のある城跡、大谷石など、誇れるものがたくさんあります。そこから「歴史軸」をとり、過去と未来をマップにしました。

     そして「まちコン」の発祥の地でもある宇都宮から、「出会い」というキーワードが出てきました。これを縦軸にしてみます。

     宇都宮周辺は多国籍なお店、人々もいることから日本人だけの一様な方向と、対称的に多様な方向があると考えました。

     するとそこから未来を想像すると、オリンピックで世界中から集まるお客様に対して、日本人だからこそ提供できるもの(右下のゾーン)と、多様なニーズに応えられるサービス(右上のゾーン)が与えられるんじゃないかと盛り上がりました。

     そこでたどりついたコンセプトはこちら。

    「世界で愉快だ 宇都宮!」

     あのまちコンが世界に、はばたくかもしれません。このワークはシナリオを考えるというステップ5に入り込んだまま終了となりました。

     その続きは今もFaceBook上で展開中です。この動きは誰にも止められません。

     これが今回のシナリオ・プランニングから生まれたものだったのです。

  • Scheme486:シナリオ・プランニングから生まれたものは、すばらしいアイデアだけでなく、終わることのない行動力。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ワード・ジャングルとワールドカフェ | Home | 仮説検証読書法にチャレンジ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する