3週間チャレンジ:自分のチャートを振り返る

 さてTTS2014の最終回のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 今回はレポートというよりも、私の全脳思考チャートの振り返りとなります。

 このイベントを成功させるために、いろいろと準備をしてきました。

1.Tell the story 2014 in 宇都宮、タスク完了
2.2014年チャレンジしたことは?
3.TeamETOがデザインした2014年
4.2014年を小さな一歩から変えていこう
5.3週間チャレンジ:自分のチャートを振り返る(本日の記事)


 その行動が、当時描いていたチャートからどう読み取れるのか?

 改めて振り返ってみたいと思います。

 それがこちらの記事です。昨年の12月29日に描いたチャートです。

全脳思考チャート
多ぁ望チャート No.Z019

 今日のスキーマです。

  • Scheme477:全脳思考チャートには振り返ることで見つかる気づきが必ずある。それに気づいたとき120%ハッピーになれる。

  • 予想はしていたけど、キビシイスタートだった


     2014年はキビシイスタートでした。

     それはわかったいたんですけど・・・。

     いろんな締め切りが重なり、それをやり遂げられるのだろうか?

     そんな不安を全脳思考チャートを描きながら、乗り切る術を探していました。

     昨日、それをついに乗り切りました。

     友人からはこんな一言をもらいました。

    「なんか、疲れてるね。」

     いや、正直に言うと、気が張っていたせいか、自分で疲れたつもりではなかったんですけど、顔には表れていました。

     目に大きなクマがあったし。

     そして、昨晩は23時頃に就寝。

     目が覚めたのは9時。丸10時間寝ました。やっぱり疲れていました。

     今日は、久々にのんびりと時間が空いたので、昨年末に描いた全脳思考チャートを振り返ってみました。

     ピンク色の文字が今回記入したモノ。

    全脳思考チャート実績記入
    多ぁ望チャート No.Z019(追記)

    振り返ることで、見えてきたこと


     それぞれ3つのPhaseごとに気づきをシェアしたいと思います。振り返るにあたって、注意したいことは次の項目としました。

     チャートは1/19がゴールとなっていますが、本日は26日。本日までの出来事を踏まえて振り返ってみました。

    1.タイミングはあまり気にせず、関連性を重視する

    2.当時イメージしていた感情と比較する

    3.キーワードとのつながりを紐解く


    <Phase1:課題をもみほぐす>

     「年越しそばがからみあっていた」ことからヒントを得たテーマ。

     まず年末の全脳思考マスター講座を経て、年が明けてからのビジネス、プライベートの課題を洗い出しました。

     今までになく重たいタスクが重なり、ブルーになっていました。

    「海外出張は、英語でちゃんと仕事がこなせるのだろうか?」
    「そもそも、予定どおりに帰ってこれるんだろうか。じゃないとTTS2014が開催できないし。」
    「半年にわたる、プロジェクトの最終報告と採用活動のプレゼンが連続している。両方こなすことができるのだろうか。」


     これらを1つずつほぐしていくと、ブルーな気持ちも晴れてきました。

     連続していたり、期日が重なっていたり。お互いにからまっている状態をイメージするとハードルがあがります。

     だけど、1つの課題に着目して、解決のステップを考えていくと、少しずつほぐれていくことがわかりました。

    <Phase2:一度手放す&新たな出会い>

     「思考が停滞し、それまでのアイデアを手放す、飲み会でホステスのローラさんと出会う」というシチュエーションから導かれたテーマ。

     ここでは何を手放したのか?

     新たな出会いとなるローラさんとは誰だったのか?

     そんな答えを探してみました。

     探せば見つかるものです。びっくりしました。

     手放したことは、自分の弱点。私は行動力があると評価されることがけっこうありましたが、実際に行動に踏み切るときには不安と戦っています。常にその不安はつきもの。何度、経験してもここが弱点です。それを今回は手放したんじゃないかなと実感。

     もうひとつ、ローラさんとは誰だったのか?

     ・身近ではない存在
     ・コミュニケーション力に長けていて、ダイバシティにも長けている
     ・女性


     最初は、海外出張先で出会ったひとなのかと思いを巡らせましたが、あまり思い当たらず。

     実は、そのあとマネジメントの研修があって、その女性のO講師がぴったり当てはまりました。

     その講師のおかげで、コミュニケーションやダイバシティについてもいろいろ学ぶ事ができました。実はこの研修があることを知ったのは今年に入ってから。不思議です。

    <Phase3:究極のゴールとその評価>

     「役員報告で、うちが一番!と評価される」というストーリーから導かれたテーマ。

     このチャートに描いたタスクについては、それぞれすばらしい成果を得ることができました。ここで思い出すのはこの言葉。

  • Scheme475:全脳思考とそれを活用する仲間がいれば、実行できないものはない。

  •  1/17:海外出張は順調に終了。予定通り帰国。
     1/18:Tell the story 2014 in 宇都宮が大いに盛り上がった!
     1/24:半年続いたプロジェクトの最終報告がとっても評価された。
     1/25:翌日の採用活動のプレゼンもバッチリ!


     これらを達成することで、ターゲットだった○○さんの感情曲線とともに、多ぁ望の感情も120%ハッピーになったのでした。めでたしめでたし。

     全脳思考チャートは、振り返ることで新たな気づきが見えてきます。ここまで活用して初めて意味が出てくることを実感しました。

  • Scheme477:全脳思考チャートには振り返ることで見つかる気づきが必ずある。それに気づいたとき120%ハッピーになれる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    アイスブロックからアイスブレークへ | Home | 2014年を小さな一歩から変えていこう

    コメント

    No title

    はじめまして。

    ランキングから立ち寄らせていただきました。
    Nshimaといいます。

    全脳思考。
    懐かしいです。
    懐かしいと言ってはいけないのですが。

    以前、やってみたことがあります。
    3年くらい前でしょうか。

    不思議ですよね、これ。
    その時は、長いスパンでやってたので、
    来年は試験に受かるとか、脱サラをするとか、
    そい売った内容でしたが、今思うと、なかなか、あたってます。

    ただ、ここまで細分化した内容にはなっていませんでしたが。
    やはり、相当やりこんで見えるのでしょうね。

    決められた道、というか、その時点で無意識で決めてしまった道、のような感覚でしょうか。

    今一度、読み直そうかと思いました。
    時間をつくって、やってみたいと思います。

    そうですね。
    脱晒してしまったんで、今後の活動なんか、作ってみたいたいですね!
    ありがとうございます!

    そんな私が、後輩にせがまれてブログを立ち上げました。

    リーダーであるには、という感じで、
    潜在意識、あり方、コミュニケーションなど、仕事をする上で
    身につけるべき普遍的な事柄を、大手企業でリーダーとう立場で
    実践した内容とともに掲載しています。

    http://atunaka02.blog.fc2.com/

    何かの参考になればと思います!

    って、これ、宣伝ですね。
    すみません。
    おじゃましました。

    2014/01/27 (Mon) 07:20 | #- | URL | 編集
    いつもコメントありがとうございます。

    Nshimaさん、いつもコメントありがとうございます。

    未来を想像して、創造する。そんな楽しみができることが全脳思考の面白いところだと思います。

    ぜひやってみてください。

    「決められた道、というか、その時点で無意識で決めてしまった道、のような感覚」

    個人的にはそういう決まったものではないと感じてます。ストーリーはあくまで架空のもの。それに出現した未来が、どれだけ当てはまっていたかという視点でみると、振り返りが面白くなってきます。

    ぜひご自分のチャートを見直してみてください。

    2014/01/29 (Wed) 23:21 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する