ストーリーの力

 「全脳思考マスター講座」4回目のレポートです。こんにちはコンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 今回のタイトルは「ストーリーの力」としました。

1.全脳思考チャートに導かれたマスター講座
2.クリスタライジングの意味
3.左脳的か、右脳的か?
4.ストーリーの力(本日の記事)
5.そして実行へ


No.593

シナリオ・プランニング――未来を描き、創造するシナリオ・プランニング――未来を描き、創造する
(2013/11/13)
ウッディー・ウェイド、Woody Wade 他

商品詳細を見る

 昨年末の「Tell the story 2013 in 宇都宮フィードバック会」でこの本を紹介しました。

  • Try459:未来は予測するな。想像せよ! 行動を導けば架空と思っていたストーリーが現実になる。

  •  この本が全脳思考チャートと、深くつながっているんですよね。

  • Scheme474:複数のストーリーが未来を創る。リスクを想定することで、心に余裕が生まれる。

  • 未来を予測するな、想像せよ!


     このシナリオプランニングでは、ひとつの課題に対して、情報を集めて、そこから未来を決定づける重要な2つのキーワードを抽出します。

     それらをドライビングフォースと呼びます。

     その2つを軸にとって、2軸4象限のマトリックスを描きます。

     ここではサンプルを作ってみました。

     例えば、

    「ライバルとの競争が激化し、あと1年乗り切れるかどうか?という瀬戸際に立たされているひと」

     を想像してください。

    4つのストーリー

     横軸に「自分の成功」、縦軸に「ライバルの成功」という軸をとってみました。これが2つのドライビングフォースです。

     ここから未来は4つの方向にわかれていきます。それら4つにタイトルをつけます。

    第1象限:自分が失敗し、相手が成功「負けて得た新たな一歩」

     ライバルが成功し、自分は失敗。ついに負けたか・・・。失意のどん底を味わい、さまよい続けた結果、ひとつの答えにたどり着く。「そうか、そういうことだったのか!」

    第2象限:自分も相手も成功「ライバルから同士へ」

     自分が成功をつかみ、達成感に浸る間もなく、ライバルであるヤツの成功のニュースが飛び込んでくる。くやしい!
     自分が勝ったつもりだったのに・・・。ほどなく携帯が鳴った。ヤツからだ。
     そんなきっかけから今では仲の良い同士に変わっていたのだった。

    第3象限:自分も相手も失敗「失敗は成功への道」
     
     勝てなかった。この失敗であきらめがついた。もうヤツに勝つチャンスはない。そう思っていたら、ヤツもしくじったらしい。まだまだチャンスはある。あきらめるのは早い!

    第4象限:自分は成功、相手は失敗「勝利とともに失うもの」

     勝った!ついに成功をつかんだ。ライバルと大きな差をつけて勝ったのだ。有頂天になった自分を振り返ると、すでに友とよべる仲間がいなくなっていた。これが自分がめざしてきたことだったのだろうか。


     さて、これはあくまでサンプルなので、たった3行しかストーリーに触れていません。でもこのタイトルを見れば、3行以降のストーリーもなんとなく想像できちゃいませんか?

     これがストーリーの力です。

     すべてうまくいくことだけをイメージしていると、大きな挫折にぶつかったとき、立ち直れなくなることがあります。

     でもつまづいた状態も想像しておくと、

    「あ、これは曲線の谷のことだな。」

     という心の準備ができるようになります。

     先ほどの例のように4つのストーリーを想定しておくことで、どんな未来にも対処ができるようになります。

     たくさんの情報を集めれば集まるほど、ひとつの未来が見えてきます。それが未来予測。情報が多ければ多いほど、実現する確立はあがるかもしれません。

     でも100%になることはありません。

     確立が少なくても、リスクのあるストーリーを想定しておくことが重要です。だから未来を想像せよ!なのです。

     全脳思考チャートも、山谷のあるストーリーを描いていきます。それは想像ではありますが、様々な想定を見せてくれます。だから心に余裕が生まれるんです。

     今日のスキーマです。

  • Scheme474:複数のストーリーが未来を創る。リスクを想定することで、心に余裕が生まれる。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    そして実行へ | Home | 左脳的か、右脳的か?

    コメント

    No title

    はじめまして。

    ランキングから立ち寄らせていただきました。
    Nshimaといいます。

    ストーリーや、成功のイメージを考えるっていうのは、
    よくある話で実践していました。

    具体的に、どう組み立てるか、というところまでは、
    あまり考えたことがなかったですね。

    なるほど。こういう思考補助線があるんですね。
    参考にしてみます。

    脱サラして、これから起業をする身。
    やってみます!
    ありがとう!

    そんな私が、後輩にせがまれてブログを立ち上げました。

    リーダーであるには、という感じで、
    潜在意識、あり方、コミュニケーションなど、仕事をする上で
    身につけるべき普遍的な事柄を、大手企業でリーダーとう立場で
    実践した内容とともに掲載しています。

    http://atunaka02.blog.fc2.com/

    何かの参考になればと思います!

    って、これ、宣伝ですね。
    すみません。
    おじゃましました。

    2014/01/04 (Sat) 01:11 | #- | URL | 編集
    Nshimaさん、コメントありがとうございます。

    Nshimaさん、いつも訪問ありがとうございます。

    この「全脳思考チャート」の方法論は、面白いですよ。

    短時間でアイデアが引き出せる強力なツールだと感じています。

    機会があったら、ぜひ学んでみて下さい。

    2014/01/05 (Sun) 17:43 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する