最新コミットメント

デザインした2013年を振り返る

 朝カフェレポートにひきつづき、その後に開催したイベントのレポートをします。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 そのイベントとはこちらです。

  • Tell the story 2013 in 宇都宮 フィードバック会

  •  今年、2013年は1枚の全脳思考チャートからはじまりました。

     そのタイトルはこれ。

     タイトル:「La KAORU's BRIDAL 〜万年筆でつづる恋物語〜」

     主人公:「鈴木 薫さん 38歳の女性デザイナー、独身、サン・デザインに勤務」


     さて、みなさんの2013年はどんな年になったでしょうか?

     きっと、このストーリーに導かれていたことと思います。

     もしかしたらあなたの身近なところに鈴木 薫さんがいたかもしれません。

     もう一度、この機会に振り返ってみましょう。

     というわけで朝カフェに連続してこの企画を開催しました。そのレポートです。

     当日描いたチャートがこれ。

    U-BEATの全脳思考チャート

     No.593

    シナリオ・プランニング――未来を描き、創造するシナリオ・プランニング――未来を描き、創造する
    (2013/11/13)
    ウッディー・ウェイド、Woody Wade 他

    商品詳細を見る

     関連してこちらの書籍もあわせて紹介します。

     今日のトライ宣言です。

  • Try459:未来は予測するな。想像せよ! 行動を導けば架空と思っていたストーリーが現実になる。

  • 点と点から意味のつながりを導く


     このチャートを描いたときにこんな説明をしました。

  • Scheme432:過去の点と点をつなげば自分のストーリーが見えてくる。未来のストーリーから点を見つけるのが全脳思考チャート。

  •  あなたの点と点がこの2013年にあったはずです。

     そこから2014年につながるキーワードがきっと見えてきます!
     
     というわけで最初に行ったことは2013年の1月12日に描いたチャートを改めて読み直すこと。

     当日描いたメンバーにはU-BEATというチーム名を決めました。そのチームメンバーが今回は5名集まりました。

     さらに当日いなかったけど朝カフェなどを通じてつながっていたメンバーが4名。

     そのメンバーともストーリーを共有すべく、どんな物語だったのかを改めて確認しました。

    TTS2013フィードバック会2

     その後、各自の2013年に起こった点と点を見つけてもらうため、以下のフォーマットに従ってよかったこと、イマイチだったことを含めて書き起こしてもらいました。

    TTS2013フィードバック会1

     その中から、印象的だったもの。重要だったものをピックアップしてもらい鈴木 薫さんのストーリーに各自の出来事を照らし合わせてもらいました。

     すると、こんなことが見えてきました。

    「当時は具体的イメージもなかった企画が、実行されていた!」

    「プレゼントに表現されていたものが、この1年で手に入っていた!」

    「あのとき躓いた出来事は、このチャートの落ち込みの部分だったのか!」


     さらに、今回集まったメンバーは、みんな朝カフェつながり。

     2013年に初参加のメンバーは、このチャートに追記してもらいました。登場人物の薫さんとたかしさんの出会いもまた朝カフェ。

     当時メンバーじゃなかった4名もすでにこのチャートに導かれていたのでした。

     当時のチャートは、1年経ってこんな姿に生まれ変わりました。ポストイットだらけ。オレンジ色で囲んだ部分は実際に実行していたものです。

    TTS2013フィードバック会3

    未来のストーリーは正確である必要はない


     冒頭に紹介した本には全脳思考チャートを理解する良いヒントがありました。

    「シナリオプランニングは計画のためではなく、行動を支援するためのツール。」

     シナリオや計画の質よりも、行動に結びつくかが重要であると。

     多くの参加者から複数のシナリオを引き出すこと。そして、多様性の確保が重要です。

     未来は正確である必要はない。しかに柔軟に対応できるか?が大切。

    「予測するな、想像しよう。」

     この本で紹介されているシナリオ・プランニングはよりビジネスに直結できる具体的な手法が説明されています。

     全脳思考チャートは多様性の仲間の中から、ひとつの共通した架空のストーリーを描きます。

     架空のストーリーを描くことにどんな意味があるのかを疑問に持たれる方が多いです。

     それは現実的には起こらないかもしれません。でも想像したストーリーから様々なヒントが得られます。

     そのヒントから行動につながっていきます。

     そうやって行動を積み重ねた結果が未来をつくりだしていきます。

     それを再び振り返ったときに、架空だと思っていたストーリーが現実のものになっていることもあるわけです。

     だから未来は予測するな。想像せよ!なのです。

  • Try459:未来は予測するな。想像せよ! 行動を導けば架空と思っていたストーリーが現実になる。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)