あの体験を再び:準備編

 12月に入って最初の記事となります。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 今回紹介するのは朝カフェのイベントです。

 そのイベントのプレゼンターをつとめさせていただきました。

 そのテーマは・・・。

 先月、私が体験してきた「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」です。

  • Scheme466:視覚情報を手放したとき、コミュニケーションの原点が見えてくる。それは存在感、空気感、相互理解からなる。

  •  でも体験談を話すだけでは、この面白さ、楽しさ、価値を伝えるのは難しいと感じていました。

     さて、どうすればよいのでしょうか。

     まずは準備編をお伝えします。その後、実践編をレポートしたいと思います。

    1.あの体験を再び:準備編(本日の記事)
    2.あの体験を再び:実践編



    まっくらな中での対話 (講談社文庫)まっくらな中での対話 (講談社文庫)
    (2011/01/14)
    茂木健一郎 with ダイアログ・イン・ザ・ダーク

    商品詳細を見る

     今日の朝カフェが終わったあとに、こんな質問を受けました。

    「多ぁ望さん、この企画をよく朝カフェでやろうと思いましたね。どうやって考えたんですか?」

     今回は一生懸命考えたので、その経緯も紹介したいと思います。

  • Scheme468:ありたいゴールをイメージすれば、そこへ達成する手段も見えてくる。

  • 体験してもらうためには?


     先に紹介したように、この「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」というイベントの体験はすばらしい気づきがありました。その体験を言葉で伝えるのではなく、同じような体験を通して伝えたいと考えました。

     でも「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」は専用の暗闇を提供できる設備があります。

     ここにはありません。

     朝カフェは土曜日の朝、8:00〜9:00で毎週開催されている勉強会です。

     なので1時間でそれを伝えなければなりません。

     お風呂の中でのマインドマップを重ねました。

    11/8:初期の企画アイデア「くらやみの朝カフェ」
    朝カフェDIDのマインドマップ1

     ダイアログ・イン・ザ・ダークを受講した翌日のマインドマップ。暗闇でも行動ができることを席替えで体験してもらおうというアイデア。

     でも、椅子があると危ないと思ってやめました。

    11/9〜24:見直し企画「ノン・ビジュアル・コミュニケーション」
    朝カフェDIDのマインドマップ2

     ダイアログ・イン・ザ・ダークを受講したすぐ後に、朝カフェに参加する機会がありました。そこでのテーマは「ビジュアル・シンキング」でした。

     私達は視覚に頼った生活をしています。当然、視覚を活かせばより高い、柔軟な思考が使えるようになります。だから「ビジュアル・シンキング」とか図解とか注目されています。

     そんなコンセプトと対極的な思考をめざすのが、このダイアログ・イン・ザ・ダークなんだと考えました。そこで「ノン・ビジュアル・コミュニケーション」と決定。

     ここで自慢したいことは、このキーワードはグーグルで検索しても1件もヒットしません。これってすごいと思いませんか?

    12/08:ワークと時間割を決定
    朝カフェDIDのマインドマップ3

     朝カフェのタイトルが決まり、コーディネーターへ告知文を提出が1週間前に完了しました。そしてワークの形式も見直して時間割もアレンジしました。

     さて、ここでひとつ解決すべき問題が残っていました。

    「どうやって、参加者にアイマスクを準備してもらうか。」

    紙製のアイマスク


     これについては、けっこう悩みました。例えばタオルをもってきてもらって目隠しをするとか。

     帽子を顔にかぶせてもらうとか。上着を顔にかぶさてもらうとか。

     うーん・・・。どれもイマイチ。

     タオルを顔にまいても、視覚は遮っても、明るさは遮りません。だから「暗闇」っぽくないんです。

     かといって、そんなにお金かけられないし。

    アイマスクの図面

     そこでもんもんと頭の中で創りあげたのがこの図面。A3の紙を横にして、折り目をつければ輪ゴムがひっかけられるんじゃないかというアイデアにたどり着きました。コンセプトは「簡単、安い、早い、暗い。」です。

     これを黒い紙で作れば、暗闇を再現できるんじゃないかと考えました。

    紙のアイマスク

     できました!!

     この黒い紙、1枚14円です。15枚購入して210円也。輪ゴムは100g/100円って何本入ってるんだか。

     さらに15枚の紙を半分にして、30人分の材料が揃いました。総額310円です。スターバックスラテ1杯よりも安いです。

     そして写真のようなアイマスクが完成!

     試着してみたら、真っ暗を体験できました。

     こうやって、本日の成果にたどり着いたのでした。すべてはお風呂deマインドマップから。

  • Scheme468:ありたいゴールをイメージすれば、そこへ達成する手段も見えてくる。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    あの体験を再び:実践編 | Home | あのときの涙は、なんだったんだろう?

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する