最新コミットメント

最高のリーダーとは何か?

 今日はリーダーシップについて書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 名言です。

「最高のリーダーは万能ではない、最高のチームが万能なのだ。」

 今日紹介するこの本からの引用です。

No.546

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めようストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう
(2013/03/23)
トム・ラス、バリー・コンチー 他

商品詳細を見る

 この本は昨年紹介した「ストレングス・ファインダー」の続編です。

 自分の強みを分析し、可能性を拡げられる良書でした。

  • Scheme390:本当の強みは自己分析結果から得られる。それが自信をもたらしてくれる。

  •  続編はその強みを組み合わせていかに強いチームを作るかという内容となっています。

     あわせてストレングス・ファインダーのWeb診断が受けられます。私も約1年ぶりに再びチェックしてみました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme446:最高のリーダーは万能ではない、最高のチームが万能である。最高のリーダーは自分ならではのリーダーシップを発揮できる人。

  • 最高のリーダーとは何か?


     冒頭のエピソードがとってもインパクトありました。そのエピソードが物語っていることこそ、最高のリーダーがなんなのかを教えてくれます。

     サラは月曜日の出勤が憂鬱だ。なぜなら上司のボブが、出張から戻ってくるからだ。

     その出張とは、毎度のリーダーシップ研修。

     ボブは研修から帰ってくる度に、部下に学んできたことをそのまま落としてくる。

    「ビジネスを成長させるためには、変化が重要なんだ!」

     その前は「コミュニケーション能力だ!」、「創造性だ!」、「戦略性だ!」という具合に。

     本書でも様々なリーダーの特徴が紹介されています。でも、そのリーダー達はそれぞれに特徴があり、すべてを備えた万能なリーダーというのは出てきません。

     それを求めようとすると、無能なリーダーができあがると。

     では、最高のリーダーとは何なのでしょうか。ストレングス・ファインダーでは強みを34の要素に分類します。

    「最高のリーダーに共通する、たったひとつの強み」

     なんて本があったら、買いたくなりませんか?

     リーダーシップの研究を40年続けてきたドナルド・クリフトン博士によると、そんなものはないと。

     ただし共通して言えることは、すぐれたリーダーは自分の強みを把握し、適切なときに適切な強みを持つ人材に協力を求めることができるということでした。

     そういう力によって創られたチームこそ、万能になるんですね。

     つまり最高のリーダーとは、

    「自分ならではのリーダーシップを発揮できるひと。」

     ということです。これは意味深いです。

     そのために一番必要なことは、自分の強みを把握すること。

     以前紹介したように、なんとなく認識している自分の強みとは、過去の経験から他人に言われたことだったりします。

     そこで、このCSF診断をやってみると、自分でも気づかない強みが見えてくることがあります。

     この機会に、もう一度自分の特徴に向き合ってみることをオススメします。

    再び、CSF診断の結果


     さて、私も前回の診断からもうすぐ1年になろうとしています。本来、CSF診断の結果は変わらないものとありますが、自分の置かれている立場、心境、仕事などで若干影響を受けることもあると思います。

     というわけで、もう一度診断をしてみた結果をここに残しておこうと思います。

     この診断には177問(前回は180問だった)に回答します。二つの特徴が両端に出てきて、どちらかに自分が当てはまるかを回答していきます。およそ30分程度かかります。


    2012.07.11 診断結果

    1.戦略性

     いろいろなものが乱雑にある中から最終の目的に合った最善の道筋を発見する力。
    2.自我
     他人の目にとても重要な人間として映りたい、認められたい。より向上させ続けている資質。
    3.最上志向
     優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準。
    4.個別化
     一人ひとりが持つユニークな個性にに注目し、一人ひとりの最も良いところを引き出す。生産性の高いチームを作ることに役立つ。
    5.親密性
     既に知っている人々とより深い関係を結ぶ方向に引き寄せられる。


    2013.04.21 診断結果

    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性

    4.責任感
     一度やると言ったことは必ず実行する精神の持ち主です。正直さや忠実さなどの普遍的価値観を達成することに、意義を感じています。また、その成果によって信頼を得ます。
    5.着想
     新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。
     あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。


     自我、個別化の要素が落ちて、責任感と着想という要素が表れてきました。

     自我、個別化の要素は「そうでありたい」と思っていることで、今回出てきた責任感、着想の方が自分の強みとして合っているような気がしました。

     特にここはその通りですね。コンセプトデザイナーという肩書きを選んだ理由でもあります。

    「なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなる。」

     今までの記事でもこういうことを何度も取りあげてきました。興味ある方は「コンセプト」のカテゴリを参照ください。今後も新たなコンセプトを見つけるべく、活動していきたいと思います。

  • Scheme446:最高のリーダーは万能ではない、最高のチームが万能である。最高のリーダーは自分ならではのリーダーシップを発揮できる人。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    とても面白いです!!

    いつも興味深い投稿、ありがとうございます~。

    チームビルディング、リーダーシップの話に興味津々の私にはとても楽しい内容でした!

    私も漆のコミュニティを運営する立場ですが、まさに仲間たちに支えられて、仲間達のアイデアや行動によって今まで活動を続けて来る事ができました~。

    SFを学ぶ意義の一つとして、自分とは違う他の31の考え方があるという事を理解する事だと思っています。
    自分は当たり前にこう考えてしまうけれど、相手は当たり前に別の考え方をしてしまう。

    それを学んだ事が、どれだけチームをまとめることに役に立ったことか・・・。


    SFの診断結果が変わった事も興味深いですね~。
    個別化・自我 はなくなったというよりも、6番目以降に下がったのだと思います。

    入れ替わったというよりも、他の強みが伸びてきて相対的に順位が変わったのかも。
    絶対的にはそれだけ全体の「強み」が伸びている証拠かもしれませんね~(笑)。多分そうだと思います。

    責任感 ・ 着想 は納得です~。
    特に 着想 。

    戦略性 の多ぁ望が 着想に目覚めたとなると、スゴイコトが起こるのかも~。
    アイデアとアイデアを結びつけて、新たな可能性を見いだし、最も最短のルートで実現に向かって行く、みたいな~(笑)。

    多ぁ望の今後の活躍を楽しみにしています~。

    強みを活かす視点

    ライキ、コメントありがとうございます。

    自分の強みを分析するのがストレングス・ファインダーでした。

    そしてそれをうまくチームビルディングに活かすのこそ、強みの理解なんですね。

    34もの要素があると、タイプ別というような簡単なくくりにならないのが難しくも思います。

    でもその中に、要素ごとのつながりで潜在的な強みがあるとしたら面白いですよね。ぜひ、今後も研究をつづけていいろいろ教えて下さい。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)