きっかけを与えてくれる春

 春ですね。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 今日は「春」についての話題を書きたいと思います。

 週末の朝、楽しい仲間とともに「春」について語り合ってみました。毎度お世話になっている「朝カフェ」に参加してきたのでした。

 今回はグループで「春」に関するエピソードを共有し、次のような文章をまとめるワークでした。

「春って、◯◯◯だから、◯◯◯だよね。」

 私達のグループでは、たくさんの春についての再発見があって、貴重な経験となりました。

 当日、語りきれなかったので少しアレンジを加えながら3つの春について書いていきたいと思います。

1.きっかけを与えてくれる春(本日の記事)

2.再発見を与えてくれる春

3.別れと出会いを同時に与えてくれる春


 これに関連して紹介したい本があります。


20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
(2010/03/10)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る

 先ほどのフレーズを聞いて、この本を思い出しました。

 今日のトライ宣言です。

  • Try390:点と点を結びつけるワークを実践しよう。かけ離れた点を結びつける創造力が鍛えられる。

  • 点と点を結びつけるワーク


     この本ではスタンフォード大学で実践されている授業についてさまざまな手法が紹介されています。そのひとつが創造性を鍛える「点と点を結びつけるワーク」です。

     以下の文章を埋めていきます。

    「アイデアは、◯◯◯に似ている。
      なぜなら◯◯◯だからである。
        従って、◯◯◯である。」


     例えばこんな事例がありました。

    「アイデアは、鏡に似ている。
      なぜなら周りの環境を映すからである。
        従って、多用なアイデアを集めようとするなら環境を変えるべきである。」


     このワークのねらいは、1行目でお題の「アイデア」と何かかけはなれたモノを結びつけること。

     2行目で、その根拠を示す。

     そして3行目では点と点を結びつけた結果、得られた教訓を示すこと。

     なのです。

     さて、朝カフェのお題をこのスタイルに当てはめて3つの春を紹介していきたいと思います。

    きっかけを与えてくれる春


     春のイメージとは、緑色、変化、暖かさ、においなど。つまり冬から春にかけての変化をメンバーでは共通で感じていました。

     そしてそれらの変化が私達に小さなきっかけを与えてくれます。

    「ちょっと暖かくなったから走ってみよう。」

    「4月になったから、新しい習い事をはじめてみよう。」

    「春の景色を見るために旅行に行ってみよう。」


     みなさんが踏み出す一歩には、実は春の力が後押ししてくれているんです。

     というわけで本日のまとめです。

    「春は、滑り台に似ている。
      なぜなら景色や気温の変化が私達の背中を押してくれるからである。
        従って、滑り終わった後は自ら動き続ける必要がある。」


    朝カフェ「春」のワーク
    多ぁ望Map No.245

  • Try390:点と点を結びつけるワークを実践しよう。かけ離れた点を結びつける創造力が鍛えられる。
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    再発見を与えてくれる春 | Home | ペテン師から魔法使いへ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する