2013年をデザインする

 今回はTell the story 2013の最後のイベントレポートとなります。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

  • 「Tell the Story of 2013 in 宇都宮 〜2013年を僕らの手でデザインする〜」

  •  前回は全脳思考チャートの実績を紹介しました。ストーリーから見い出した行動をチャートに書き残したこと。

     それが1年経って実現していたことに驚きました。

     今回参加頂いたみなさんにも、そんな驚きを感じてもらえるようにみんなで2013年のチャートを描いてみました。

    1.新年のチャレンジしたこと、したいこと
    2.アイデアのしずくからアイデアをもらう
    3.時間のつながりから、意味のつながりへ
    4.全脳思考チャートの実績紹介
    5.2013年をデザインする(本日の記事)


     今回のシチュエーションでは、ホワイトボードがなかったので模造紙に描くことにしました。

     ポストイットを活用して、こんな感じで進んでいきます。

    NEWSCAFEで全脳思考チャート

     今日のスキーマです。

  • Scheme434:”!”が出る度にストーリーに感動が加わる。感動するストーリーであるほど行動力をアシストする。

  • 年初に集まったメンバーこそ、ひとつのチームである


     今回のイベントには11名が参加してもらいました。2013年をスタートするときに、偶然顔を合わせたこのメンバー。

     これからチャートを描くにあたって、最初に私が行ったことはこれ。

    「今、ここにいる私達のチーム名は何か?」

     このメンバーが、ひとつのチームとなって2013年を創っていくんです。

     みんなでポストイットに書いてもらって決めました。納得のいくチーム名があってこそ、チームワークが生まれます。

     その結果生まれたチーム名はこれ。

    U-BEAT

     「あなた」のYOUと、宇都宮のUを意味します。

    U-BEATが120%ハッピーな2013年をデザインする


     それでは完成したチャートを紹介していきましょう。

    U-BEATの全脳思考チャート
    多ぁ望チャート No.Z018


    タイトル:「La KAORU's BRIDAL 〜万年筆でつづる恋物語〜」

    ターゲットペルソナ:「鈴木 薫さん 38歳の女性デザイナー、独身、サン・デザインに勤務」


    <Phase1:変化のきざし>
     デザインの仕事も行き詰まり、彼氏ができずさみしい思いをしている薫さん。スランプな状態。
     でも年初から新たにヘッドハンティングされた大場さんが上司として仲間入り。彼から朝カフェに誘われる。
     朝カフェ(勉強会)に参加すると、人脈が広がり、文房具関連の人と知り合いになる。
     その会には遅れて「たかし」という人が登場。第一印象が悪い。
     新たな人脈のおかげで、新しいデザイン文房具プロジェクトがスタートする。
     U-BEATが企画した飲み会で、薫はたかしを見直す。急接近。

    <Phase2:本当の自分を認める>
     新たなプロジェクトがスタートできたが、思うように進まない。
     薫はたかしと二人で飲んでいるときに告白!
     たかしの返事「君の期待には、答えられない。」
     U-BEAT飲み会を再び開催「薫を励ます会」
     デザイン思考ブートキャンプ(夏の一泊企画)に二人が参加。お互いを認め、つきあうこととなる。「彼氏ができた!」
     夢で新たなデザインがひらめいた!

    <Phase3:アイデアは現実化する>
     納得のいく万年筆のデザインができた。U-BEATが企画する登山イベントのおかげで自然からヒントが得られた。
     ブライダル関連企業とのデザイン思考UXワークショップをコラボする。たかしが参加して結婚を意識する。
     たかしは薫にプロポーズする。
     薫は万年筆のプロトタイプをクリスマスプレゼントとしてみんなにプレゼント。
     ワークショップから提案されたブライダルプランの最初のクライアントに薫とたかしが選ばれる。
     薫は120%ハッピーになる。そしてこういうメッセージをもらう。

    「仕事もプライベートもばっちり。彼氏もできたし、結婚も決まったし。2014年もいい年になりそう。」

     というストーリーが私達の2013年です。太字は私達が行動していくアイデアです。

     キーワードだけで紹介しているので、味気ないですがとってもワクワク、ドキドキするストーリーとなりました。

     ストーリーをみんなで考えているときは

    「あ、それなら、こうだよ!」

    「そうそう、それでこうなるんだ!」

     というひらめきの連鎖の繰り返しでした。

     こんな「!」が飛び出る度にストーリーが楽しい内容に仕上がっていくのと実感できました。

     心動かされるストーリーであればあるほど、行動につながりやすくなります。

     今回、「たかし」という登場人物が出てきたんですが、実は私の名前も「たかし」。冷静にファシリテートするのは極めて難しかったのは言うまでもありません。

     また半年後にこのストーリーを振り返ってみたいと思います。ご協力いただいたU-BEATのみなさん、ありがとうございました。そして再び一緒にフィードバックしていきましょう。

  • Scheme434:”!”が出る度にストーリーに感動が加わる。感動するストーリーであるほど行動力をアシストする。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    習慣になれるかどうかの判断 | Home | 全脳思考チャートの実績紹介

    コメント

    盛り上がっていますね!

    多ぁ望企画のイベントは、いつも盛り上がるように思います!
    ひとりひとりの持ち味を存分に引き出す名ファシリテーターですね~。

    11人も集まってくれるだけで、凄いと思います。
    これだけの人数の集まりを仕切ってゆくだけでも、凄いです。

    「たかしさん」のラブストーリー、どんな展開になるのでしょうか(笑)。
    半年後の振り返りが楽しみですね~。

    私も「文具方面」で活躍したいと思います(笑)。

    2013/01/19 (Sat) 20:28 | ライキ #- | URL | 編集
    新たなデザイン文房具プロジェクト

    ライキ、コメントありがとう!そしてアイデアのしずくの提供もありがとうございました。

    U-BEATが生み出した2013年のストーリーには「アイデアのしずく」がかなり影響を与えていると思います。

    ストーリーのカギを握ったのが万年筆。

    そしてそれを生み出すきっかけとなるデザイン文房具プロジェクト。

    すでにこのストーリーにライキも巻き込まれているってことです。

    120%ハッピーな2013年を楽しんでいきましょう。

    2013/01/20 (Sun) 00:08 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する