最新コミットメント

オリジナルリフィルの使い方

 A5サイズオリジナルウィークリーリフィルの使い方について紹介したいと思います。先日公開したVer4.0を実際に印刷したときに、いろいろと印刷調整が必要だったので、それを含めて使い方について記事に取り上げたいと思います。

<今日のトピック>
 1.Ver4.0の変更点のねらい:時間の見える化とは?
 2.連続印刷の際の調整テクニック:綴じ代の設定
 3.カスタマイズの方法:サイズ変更など


リフィルの使い方サンプル

※10.05.04追記
オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  • 1.Ver4.0の変更点のねらい:時間の見える化とは?


     先日の繰り返しになりますが、「時間の見える化」は時間管理研究所の水口先生推奨の手帳術です。自分の仕事をする時間に色をつけて、視覚的に時間の効率化を認識させる手法です。水口先生の場合は、8:30~12:00、13:00~19:00に薄い黄色を付けています。
     多ぁ忙流の「時間の見える化」としては「仕事が10倍速くなるスピード手帳術」という松本さんの本で紹介されていた「プライムタイム」を考慮した3つの時間領域を区別したいと考えました。それぞれ意味に関連づけて信号機の青、黄、赤をイメージしています。上部画像に使い方の例と特徴をまとめてみました。

    <3つの色分け「時間の見える化」>
    ■■■プライムタイム  9:00~12:30 水色エリア

    ■■■セカンドタイム 13:30~18:00 黄色エリア
     
    ■■■オーバータイム 19:00~21:00 赤色エリア

     「■■■プライムタイム」とは自分の集中できる時間のこと。一般的に人間は起床から5時間後が脳の活動が活発になるそうです。ここには重要な仕事を入れておくべきです。よってこの時間は青信号!ガンガン仕事を進めましょう。

     「■■■セカンドタイム」とは私が勝手に付けました。プライムタイムに続く時間なのでセカンド。そのまんまです。意味としては午後にかけて集中力が低下するので注意しろ!ということで注意の黄色としました。

     「■■■オーバータイム」とは、その名の通り、残業時間です。赤信号です!なるべく意識して、ここには仕事をもってこないようにしましょう。仮にこの時間に仕事せざるを得ない場合、翌日以降に残業しない日を作るなど調整をしましょう。

     ※当然ながら、みなさんの3つの時間領域は若干異なると思います。これはエクセルのセルを色付けしているだけです。休憩時間なども含めて、みなさんの時間に合わせて変更して使ってください。

    2.連続印刷の際の調整テクニック:綴じ代の設定


     以前は左右の余白を1.2mmとすることで、リフィル中央に印刷をしていました。これだと、穴位置に近く、反対側の余白が広いというイマイチな状態でした。
     そこで、オフィス複合機の両面印刷機能を利用して市販のリフィル同様にリフィルの穴側の余白を大きく、反対側を小さく設定することができました。これが「綴じ代の設定」です。

    リフィルの余白設定

     まず、従来よりも狭く余白を設定します。左右の余白を7.0mmとしました。この状態から両面印刷を「長辺左綴じ」を選択し、「綴じ代設定」に表:10.0mm、裏:10.0mm、そして自動縮小をONにします。

    綴じ代の設定

     すると、このように印刷されます。綴じ代設定がなければ、オレンジの点線の領域で印刷されます。「長辺左綴じ」を選び、綴じ代=10.0mmを設定することで、左側(リフィルの穴側)の余白が大きく取れます。このとき自動縮小により96%に設定されるため、若干上下の余白が大きくなります。そして、裏面が印刷される場合は右側の余白が大きく取るため、ねらい通りの印刷ができました。ここまでできると、市販リフィルと同等の仕上がりですね。

     この手法を社内で普及させようともくろんでいます。

    ※連続印刷は紙質に影響されます。ASHFORDの無地リフィルは問題ありませんでしたが、表面がツルツルしたものや、軽量リフィルなどは紙詰まりの原因となります。ご注意ください。

    3.カスタマイズの方法:サイズ変更など


     このリフィルのカスタマイズは非常に簡単です。カレンダー機能、連続表示機能はマクロが提供してくれますので、基本的にセルの縦横のサイズを調整し、罫線やセルの色などご自分の好みに合わせて見開き2ページ分をレイアウトすれば、マクロ実行後はそれらが連続的にコピーされて複数ページの印刷に対応できます。

    <サイズ変更のテクニック>
    ・最初に拡大率(印刷設定)を設定することにより、印刷したいリフィルのサイズに合わせる
    ・次に縦方向のサイズを合わせるために、セルの高さを調整する(複数選択すれば一気に揃います)
    ・余白を調整する

    ※10.05.04追記
    オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  • Try44:オリジナルリフィルの連続印刷を普及させよう
    3つの色分け「時間の見える化」リフィルを活用して、スケジュール効率UP

  • 復習 Try42:時間の見える化を実践する
    復習 システム手帳リフィルのバージョンアップ3
    復習 システム手帳リフィルのバージョンアップ2
    復習 Try27:オリジナルリフィルでシステム手帳をバージョンアップ
    関連記事


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    comment

    Secret

    いつも参考になります

    こんにちは。
    さらにバージョンアップですね。
    多ぁ忙さんの「時間の見える化」の考え、
    手帳選びの参考にさせてもらいます!

    kendenさん、コメントありがとうございます

     ぜひ参考にしてください。実は、このバージョンを上司にも使ってもらっています。(上司の要望も一部反映しています。)上司からは、いつ完成するんだ?と聞かれますが、その答えはありませんよね。
     仕事のやり方が固定されることはありませんから。というわけで、バージョンアップは今後も継続していきます。なので、2ヶ月以上印刷しないことにしています。

    No title

    突然失礼します、アマゾンのフォーカスリーディングのレビューから飛んできてしまいました。
    こちらはワークスケジューリングですね、とても参考になります。
    色分けしておるのが特にいいですね☆

    コメントありがとうございます。

    アマゾンのレビューからようこそ。こういうコメントいただけるとレビューも書いてて良かったなと感じます。ありがとうございます。
    色分け、自分でも気に入っています。
    自分の都合にあわせた色分けするのがポイントですね。
    今度は、月間スケジュールとかカスタマイズしてみたいと思っています。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)