コミュニケーションは不完全であるべき?

 今日はコミュニケーションの話題です。こんにちはコンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 まずはこんな質問から。

「コミュニケーションは不完全であるべきか?」

 いや、そんなことはありません。

 コミュニケーションのあり方を学んでいる人にとって、いかに伝えるかはとっても大切なこと。

 相手に完全に伝えようと努力されている方が多いはず。

 ビジネススキルとしてのセミナーにも「コミュニケーション」がたくさんあるのはそれゆえ。

 実は中学生の入試問題から、ちょっと新たな気づきをもらいました。

KODOMO受験新聞

 今日のスキーマです。

  • Scheme418:あいまいさを残すことがコミュニケーションの王道。相手を知りたい感情がコミュニケーションを駆動する。

  • コミュニケーションとは?


     何かを相手に伝えることをコミュニケーションと言います。情報の伝達です。

     10伝えたいことがあったとして、それを10伝えられるのがコミュニケーション能力と考えるのが一般的です。

     でも、現実にはそんなに簡単なことではありません。

     さきほどのKODOMO受験新聞の国語の問題ではこちらの本から引用されていました。


    先生はえらい (ちくまプリマー新書)先生はえらい (ちくまプリマー新書)
    (2005/01)
    内田 樹

    商品詳細を見る


     著者によるとコミュニケーションは何かと何かを取り替えること。そして取り替えるものの価値がよくわからないときにコミュニケーションの意欲が湧くのだとありました。

     コミュニケーションを駆動する力は理解し合いたいという欲望です。

     では、こんな言葉を相手からもらったとき、あなたはどう感じますか?

    「君が言いたいことはよくわかった。」

    「その話はもう、聞いたよ。」

    「そんなの全部わかっているよ。」


     さて、いかがでしょうか。

     ちょっとムカって来ませんか?

     実はこれらの言葉にはこんなノンバーバルなメッセージがくっついてます。

    「わかったから黙れ!」

     直接こんな言葉を言わずとも、先ほどの言葉が相手から出てきたらそこで会話は止まってしまいます。

     コミュニケーションが完了してしまうと、相手に対して存在価値を否定することになります。

     コミュニケーションしたいと感じるためにはこんなメッセージをくっつけたいですよね。

    「まだよくわからないから、もっと教えて!」

     だから次の言葉が続くんです。それがコミュニケーション。

     私の好きな言葉に「伝わったことが伝えたこと」というのがあります。これこそ、コミュニケーションは不完全であることを前提にしたものです。

     自分がどんなに100%伝えたと思っても、相手が50%しか受け取っていなかったらそれがすべて。実際にはそれを明確に判断する方法はありません。

  • Scheme14:伝わったことが、伝えたこと。コミュニケーションのレベルをひとつあげる努力をしよう!

  •  これに基づくと、最近の若者言葉にも理解がちょっと見えてきます。

    あべこべ言葉


     著者の造語らしいんですが、「あべこべ言葉」が最近の学生に流行しています。

    「ちょっと、今日の夕食やばくない??」

     「やばい」とは? まずいのでしょうか?それともおいしいのでしょうか?

     今までは否定的な言葉で使われてきましたが、肯定的な意味で最近の学生では使われています。

     「適当」という意味もかなりテキトーですよね。的確な答えを見つけるのか、いいかげんな答えをみつけるのか?

     このように意味が正反対にも使える言葉があべこべ言葉です。

     最近の女子高生の会話では、

     洋服をみて、「これ、かわいい!」

     化粧をみて、「これも、かわいい!」

     さらに音楽を聞いて、「この曲、かわいい!」

     なんか語彙が貧弱だと思いませんか??

     でも、ここにコミュニケーションの王道があるんです。それが「あいまいさ」です。

     どこがかわいいのか?何がかわいいと感じたのか?

     そんなあいまいさや不確定さがあるからこそ、相手の話に集中したくなるんです。

     それらがなくて誤解の余地がまったくなかったとしたら、相手の話に集中する必要がなくなっちゃいます。

     なるほど妙に納得してしまいました。

  • Scheme418:あいまいさを残すことがコミュニケーションの王道。相手を知りたい感情がコミュニケーションを駆動する。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ビジネス書の新たなブーム | Home | 失敗の本質から28年

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する