知識から知恵に変わる瞬間

 Future's Place創造キャンプの4回目のレポートは「知識から知恵に変わる瞬間」について書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 3回目のレポートでは「UX(ユーザー・エクスペリエンス)」の体験結果を書きました。

 この経験により、仮説では得られなかった事実に出会いました。この瞬間に、こう感じました。

「そうか!だからUXが必要なんだ!」

 ユーザーになりきって体験すること。そしてそれらを客観的に観察すること。

 実際にやってみてその意味を理解しました。これが知識から知恵に変わる瞬間です。

  • Task160:「Future's Place創造キャンプ in 那須塩原~ユーザーエクスペリエンス・カスタマージャーニーの旅~」で新たな発見を得る 12.08.12完了

  • 1.学ぶスタイルは自由であるべき
    2.グランドコンセプトとチームワーク
    3.UX(ユーザー・エクスペリエンス)から得られるもの
    4.知識から知恵に変わる瞬間(本日の記事)


     今回のイベントに関連した情報はこちらのFaceBookページで公開されています。

  • Future's Place カフェ~未来を創り出す場~

  • FP創造キャンプMM講座

     今日のスキーマです。

  • Try373:知識から知恵に変わる瞬間を大切にしよう。自己納得感が知恵を創り出す。

  • 夜中のマインドマップ講座


     この知識から知恵に変わる瞬間は、学びを加速してくれます。そして成長を促してくれます。

     本を読んだり、セミナーを受講したり。

     それだけでは、知識を得ただけ。あっという間に記憶からなくなっていきます。

     でも自ら体験して、自ら納得することで、使える知識=知恵に変換されます。

     その体験がインパクトがあればあるほど、記憶に焼き付きます。

     今回の参加者のJさんも、その体験者のひとり。

     ワークが終わり、みんなでお酒とともにバーベキューを楽しみ、あとは寝るだけとなったのが夜中の1時くらい。

     Jさんの吸収力の高さに惹かれて、マインドマップを使ってみることを提案してみました。

     約1時間くらいで、マインドマップのねらい、描き方を伝え、初日に体験したことと、これからやっていきたいことをマインドマップにまとめてもらいました。

     教えながら、私もフルマインドマップを仕上げてみました。それが下のマインドマップです。

     いろいろ見えてきたところで、気持ちよく寝ることができました。確か2時を過ぎてたかも。Jさん、遅くまでおつきあいありがとうございました。

    知識から知恵へ


     そんなJさんは、2日目のグループワークでさっそくマインドマップをつかって解決案をまとめてくれました。

    「教えてもらったマインドマップを使ってみたいと思います。」

     そう、この姿勢です。

     他人が良いとか、悪いとか、言っていても、それが自分に当てはまるかどうかはわかりません。

     自ら体験して得る価値を得てこそ、評価ができるものです。

     きっと、Jさんにもマインドマップが良い理由を自分なりに得られた瞬間があったんじゃないかと思います。

    「そうか!だからマインドマップが有効なんだ!」

     こういう感覚を大切にしていきましょう。

    FP創造キャンプMM
    多ぁ望Map No.0242

    関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    「シンクロニシティ」に感動 | Home | UX(ユーザー・エクスペリエンス)から得られるもの

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する