キャラクターを活かすこと

 今日は「キャラクター」という話題で書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 この言葉を辞書で調べると「性格。人格。その人の持ち味。」とあります。

 あるいは小説、映画、アニメなどの登場人物だったり。

 ひとには「個性」と一言でまとめられてしまうことがありますが、その個性の中にもいくつかのキャラクターを持っているひともいると思います。

 今日はマネジメントの話題です。栃木から家電量販店に負けずに注目されているサトーカメラのかっちゃんの本を紹介します。

No.470

日本でいちばん楽しそうな社員たち日本でいちばん楽しそうな社員たち
(2012/05/28)
佐藤勝人

商品詳細を見る

 今日のスキーマです。

  • Scheme392:キャラクターがニーズとウォンツを結びつける。それを引き出すのがマネジメントの役割。

  • キャラクターを使い分けるひと


     最近では、SNSの普及に伴ってリアルな世界とバーチャルな世界で複数のキャラクターを使い分けているひとも多いです。

     このブログを書いている「多ぁ望」というひとも、ひとつのキャラクター。

     それ以外にも職場でのキャラクターだったり、クルマ仲間のキャラクターだったり、微妙に異なったりします。

     「多ぁ望」というキャラクターは意図的に創り出したものであって、それ意外は素の自分です。

     普段の自分とは、違ったキャラクターを与えることで、いままで見えたかった能力や特性を引き出せることがあります。

     部下をもつひとにはぜひ持って欲しい目線です。

     そんな目線をもって大活躍しているのが、RadioBerryでもおなじみの佐藤かっちゃんなんです。

    キャラクターを引き出す


     この本を読むと、サトーカメラを見る目がちょっと変わるかもしれません。

     今まではサトーカメラの接客のイメージは

    「しつこい。なれなれしい、友達のような話し方」

     で、それを好むひともいればそうでない人もいると思います。私は後者でした。

     でもこれって、サトカメのコンセプトがいきわたっている証拠だったんですね。そのコンセプトはこれ。

    「お客さんの想い出をキレイに一生残すため」

     RadioBerryで頭にこびりつくほど聞いているフレーズです。

     そして、興味深いのは佐藤氏のマネジメント力。つまりキャラクターを引き出す能力なんです。

     例えば、電池の売り方。

     当たり前のように売っている電池。安ければいいのか?というと、実は高くてもコンビニで電池を買うひとはいます。値段じゃないんです。

    「俺はデンチだー!」

    「デンチひとつ売るのも全力なんです!」


     こんなポップを電池コーナーに貼り出すことで、売り上げが一気に拡大したとのこと。

     つまり「きっかけ」を与えられることで、「あ、そうだ電池買っておこう」という気持ちになるわけです。

     このポップをつくりだした女性を他店舗も含めたポップづくりのリーダーに抜擢し、さらに活躍の場を広げているそうです。

     もうひとつ興味深い例が販売が苦手な技術者の例。

     多くのメーカーのカメラを熟知している販売店員さん、でも売り上げはイマイチ。あげくのはてにお客さんからクレームも。

     でも彼の知識は誰にも負けません。

     そこで佐藤氏は彼を販売ではなくて、メカニックに変身させてしまいました。

     それも白衣を着せてカメラのお医者さんとしてお客さんのカメラを面倒みてもらうことに。

     これが大当たり。彼の得意分野とお客さんのニーズも一致して、一躍有名になったそうです。

     このように、本人にもわからないキャラクターが眠っている可能性もあるわけです。

     それを見つけて、引き出してあげる力って大切ですよね。勉強になりました。

     改めてサトーカメラに行ってみたいと思います。

  • Scheme392:キャラクターがニーズとウォンツを結びつける。それを引き出すのがマネジメントの役割。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    「電話」はソーシャルの入り口だった | Home | ゲーミフィケーションが次の行動を

    コメント

    適材適所のチカラ

    「人はたくさんの可能性を持っている」

    そう思えると、人と会うのが楽しくなりますね。

    人の特性を見抜き、最適な役割を提供して、その人の
    持ち味を存分に活かすことができるリーダー。

    私にとってあこがれの存在です。

    サトーカメラの社長さんは本当に凄い人です!


    「デンチひとつ売るのも全力なんです!」のポップ、
    凄く心に響きます。
    必要以上に購入してしまいそう(笑)。

    2012/07/16 (Mon) 08:02 | 漆のライキ #- | URL | 編集
    今、もってなくとも

    ライキ、コメントありがとう。

    適材適所って言うけど、それを見抜くのって難しいですよね。

    可能性っていう言葉は、今できてなくとも、将来できる能力。

    つまり今もってなくても、将来もてる能力。

    それを見つける力を身につけたいですね。

    2012/07/18 (Wed) 23:27 | 多ぁ望 #TZpNm4HA | URL | 編集

    売上の関係上今月中に買ってほしいと言われ購入を決めたカメラ。買って間もないのに調子が悪くバッテリーを買わされ。その後も直らず修理に1ヶ月預けた。連絡が来ないから電話すると「まだ」という返事。翌日電話が来たがクリーニングされてる様子がない。1ヶ月放置、忘れてたんじゃなかろうか。業界で評価が高くても実際はこの程度です。

    2013/01/06 (Sun) 12:45 | #- | URL | 編集

    しかも買ってまだ一年以内。修理に持っていったら「製造中止だから」。製造中止になったカメラだと告げず、成績のために売り付ける。その値段、二万円。だったらもっと安く家電屋で買ったのに。業界で評価が高くても実際はこの程度です。

    2013/01/06 (Sun) 12:51 | #- | URL | 編集
    ささいな態度が評価を決める

    コメントありがとうございます。お客様への対応って大切です。そういう不快な感情が積み重なると、イライラがどんどん募っていきますよね。

    それがひとりの店員、ひとつの店舗だったとしても。

    大切にしたいですね。こういう意見を。

    2013/01/06 (Sun) 17:50 | 多ぁ望@新習慣クリエイター #TZpNm4HA | URL | 編集

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する