世紀の発見を1週間で知る奇跡

 今日は世紀の大ニュースを取り上げます。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 先週、物理学を勉強している妻からこんな質問を受けました。

「原子核の周りには電子がまわっているっていうんだけど、じゃあその間には何があるの?」

 うーん・・・。

 私は理系で、機械工学部出身。

 物理、数学は人並みには勉強してきたけど、電子とか素粒子とかはぜんぜん専門ではありません。

「さぁ、わからないなぁ。」

 という気のない返事をしておりました。

 そして本日。

「先週の質問に答えられるひとは、今までひとりもいなかったんだよ!」

 と目をキラキラ輝かせて、以下のニュースを教えてくれました。

  • 宇宙や物質の成り立ち、解明に前進 ヒッグス粒子

  • Newton (ニュートン) 2012年 07月号 [雑誌]Newton (ニュートン) 2012年 07月号 [雑誌]
    (2012/05/26)
    不明

    商品詳細を見る

     今日のトライ宣言です。

  • Try370:興味を持って新たな発見を引きだそう。それはもしかしたら世紀の大発見を引き寄せるかも。

  • 興味から発見を引き出す


     大人になってからの勉強って辛いもの。

     だけど、それは勉強のやり方で工夫できるものです。興味をもって、勉強に取り組むと面白いものです。

     妻の勉強する姿勢をみて、納得しました。

     自分の専門分野は教えられるけど、それ以外の分野は僕も一緒に勉強している状況。

     今回の大発見も、興味をもって調べてみると違った視点が見えてきます。

     雑誌ニュートンでは、「素粒子」という特集で先月に発売された号で詳しく取り上げられています。2012年後半にはヒッグス粒子の存在が確認されると紹介されていました。それが先日のニュースだったんです。

  • 歴史的発見、日本企業の高度な技術も貢献

  •  この発見は一周が27キロの大きさがある「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」という装置によってもたらされました。その技術に日本の企業が大きく貢献しているとのこと。

     今の時代、最先端技術の開発にはインターネットを通じて、多くの人達が関わっています。

     今回は数千人の規模で関わっているそうです。IT技術が、次なる発見を加速している、そんな気がしました。

  • 「ヒッグス粒子」観測を可能にした実験装置「LHC」:ギャラリー

  •  こちらのリンク先に、27キロの全体像が説明されています。いや、これはすごいものをつくったなぁ。

     山手線一周とおなじくらいだそうです。

     専門分野でなくとも、ちょっとリンク先をたどってみることで、いろいろ見えてきます。

     ぜひ、興味をもってあなたにとっての新たな発見を見つけてみましょう。

  • Try370:興味を持って新たな発見を引きだそう。それはもしかしたら世紀の大発見を引き寄せるかも。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    本当の鏡が本当の自分を写すか? | Home | 12年06月のフィードバック

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する