最新コミットメント

マインドマップ会議術

 今日は、仕事でマインドマップを使ってきました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 最近では、マインドマップを仕事で活用することが増えてきました。

 特に結論の見えない会議には、グループマインドマップが効果的です。

 なので、そういう場面では積極的にマインドマップを使うようにしています。参加者にマインドマップを知っているひとがいなくとも。

 さて、今日の会議はここ1ヵ月くらい苦戦している大きな問題。

 解決するために、どうすればよいか過去の経験からも見えてこない状況。

 この状況から脱却するために、関連メンバーを集めました。

 事前に「マインドマップ」を使おうということで合意。

 そこで、会議までに持ってきてもらうものを指定させていただきました。

マインドマップ会議術
多ぁ望Map No.0238

 今日のスキーマです。

  • Scheme383:会議に持ってくる一番大切なものはワクワクする気持ち。期待感が会議のゴールを決める。

  • 会議に一番大切なもの


     今回、参加者のみなさんにお願いしたことはこれ。

    当日持ってきてもらうもの

    1.4色のホワイトボードマーカー

    2.ポストイット

    3.ワクワクする気持ち


     マインドマップはカラフルで描くというルールがあります。これは脳を活性化させる効果と、モチベーションをあげる効果があります。だから途中で色が出ないなんてことは最悪です。

     ポストイットはアイデア出しに有効。

     そして、一番大切なのは3番目。

    ワクワクする気持ち

     です。

    「いろいろ行き詰まっているんだけど、この会議に出たらなんだかゴールが見えそうな気がする。」

    「マインドマップを使えば、いままでにない答えが見えてくるかも。」


     こんな「気持ち」や「期待感」が大切です。

     これは仮説検証の効果といって、心理学的にも裏付けのある仕組みです。こちらの記事参照。

  • Scheme297:プレゼンで大切なことは第一印象。なぜなら仮説検証の効果が第一印象を現実のものとするから。

  •  「期待感」が、その期待を満足させる答えを潜在意識が探し始めます。

     では逆の雰囲気だったらどうでしょうか。

    「会議ばっかりやったって、答えなんて見つかるはずがない。」

     この場合は「あきらめ感」が、その感覚を満足させるよう潜在意識が動きます。つまり答えを見つけないってこと。

     つまり最初の心理的な状態で、引き出される答えが変わってくるというわけです。

    マインドマップ会議術


     さて、今回のマインドマップ会議術の流れを紹介します。持ってきてもらった「ワクワクする気持ち」をうまく活用できる7ステップです。

    0.セントラルイメージを描く

     会議が始まる前に関連したイラストを4色のマーカをつかって描きましょう。このとき、会議のタイトルは書きません。空欄のままにしておいてください。

    1.望む成果は何か?

     ポストイットに1分で書いてもらいます。それを発表し、ホワイトボードに貼り出します。

    2.問いを設定する

     会議には目的があります。今回も1ヵ月以上ひきずっている大きな課題を解決するために何をすべきかを深掘りすることでした。

     このような課題、問題をそのまま持ち越してはいけません。まずは「問い」に変換すること。

    「どのようにしたら**が自信を持って解決できるだろうか?」

     このような問いに変換することで、議論は解決策にフォーカスされていきます。これをセントラルイメージの中に大きく書き出します。

    3.ありたい姿をイメージする

     次に行うことが理想の状態を共有すること。仕事にはターゲットがあります。そのターゲットをクリアしたとき、どんな状態になっているか?未来の自分がどんなセリフを言っているか?想像してもらいました。

    「キター! バッチリの結果じゃないか!!俺たち、天才だね!」

     この反応が盛り上がるかどうかは、最初に持ってきてもらった「ワクワクする気持ち」に影響されます。

     今回は、ノリの良いメンバーばかりなので、大いに盛り上がっちゃいました。

    4.課題の把握

     ここから本題に入っていくんですが、課題の共有をする際に注意したいのは「事実」と「解釈」を区別すること。個人的な解釈は事実から離れている可能性があります。事実ベースに状況把握をするのが重要です。

    5.仮説と解決策

     課題の把握をしている最中にも、勝手に解決策がひらめいたりします。その場合は、すぐ「仮説と解決策」のブランチを用意して、そこにメモを広げていきましょう。

     仮説をたくさん出せば出すほど、解決策も見えてきます。

    6.行動とコミットメント

     得られた仮説に対しては、検証する作業があるはずです。それらを行動ブランチに落とし込みましょう。

     そして、「誰が、いつ、何をする」というコミットメントが得られればこの会議は大成功です。

    7.望む成果が得られたか?

     最後はステップ1で貼り出したポストイットを振り返って、望む成果が得られたかどうかを確認します。これをやると会議の達成感がアップします。

     こんな流れで実践したマインドマップ会議術。

     おかげさまで、滞っていた課題が、解決に動き始めました。参加者の終わりの一言が印象的でした。

    「マインドマップってすげー!」

     次回のマインドマップ会議はこのセリフを発した後輩が進めてくれる予定です。

     これを機会に、マインドマップ会議が広まっていくことを期待します。
  • Scheme383:会議に持ってくる一番大切なものはワクワクする気持ち。期待感が会議のゴールを決める。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    No title

    [「マインドマップってすげー」。

    そのひと言を引き出す多ぁ望ってスゲー!!(笑)。

    マインドマップはやっぱりスゲー!

    ライキ、コメントありがとうございます。

    マインドマップはやっぱりスゲーです。

    なんだろ、この始まる前から答えが必ず得られる感覚。

    従来のやり方では、こんな感覚は得られない。

    だからマインドマップを広めたいんですよね。ライキならわかるはず。
    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2017年11月 | 12月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)