Business Model Generationをみんなで読む

 前回に続き、HowdysCAFEの4回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

1.素敵な場が素敵なアイデアを生む(12.05.05)

2.CAFEコミュニケーション(12.05.06)

3.ペルソナを演じる効果(12.05.07)

4.Business Model Generationをみんなで読む(本日の記事)

5.実践する読書会から得られるもの


 今回は参加者のUTTIGOGOGOさんのテーマを取り上げて、みんなでビジネスモデルを考えるという企画でした。

 そのテーマとはUTTIGOGOGOさんの運営するこちらのサイトを盛り上げること。

  • UTTI GOGOGO

  •  ライブ情報を発信するサイトを今年からスタートし、その勢いをつけるためにどうすればよいか?

     これをこちらの本を活用してワークを行いました。

    ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
    (2012/02/10)
    アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュール 他

    商品詳細を見る

     この本を活用して幅広い活動をすでに行っている仲間がいます。今日の参加者にも、こちらの活動に参加したメンバーもいるので心強いかぎり。

  • 勝手にBusiness Model GeneraliStars

  •  またオフィシャルWebサイトもスタートしています。

  • Business Model Generation 公式ページ

  •  今日は、私達の経験したグループ読書について紹介します。

  • Scheme382:言葉にできなくともビジュアルで伝えよう。それを繰り返せば、アイデアは必ずカタチになる。

  • その場で読めるグループ読書


     読書会というと、本を読んで来た結果を共有するというものが多いと思いますが、今回は読んできてなくてもOK.

     なぜなら、その場で読んじゃうから。

     このHowdysCAFEはすでに開催されており、この本を取り上げるのは2回目です。

     そこで今回は3章目の「Design」というパートを2グループで読むこととなりました。

     このパートのポイントは「ビジュアルシンキング」を活用してビジネスモデルをデザインするということ。

     もちろん、この本の中身もわかりやすく、かっこよく、そして美しいビジュアルが満載。

     だから読むのもやさしいです。

     2グループでパートを分けて、25分で読んだ内容をまとめます。

     そしてお互いのグループで概要を5分で共有。これでたった30分で読むことができました。

     大隈さんの一言にとっても共感できました。

    「発表したひとの表情、雰囲気、環境が記憶に焼き付きます。それを思い出すことで、読んだ内容も引き出すことができます。」

    ビジネスモデルキャンバスから


     この本の第1章ではビジネスモデルキャンバスというツールの使い方が紹介されています。これがかなり強力で、ビジネスモデルを考える上で、必要な視点をすべて提供してくれます。

     こちらに詳しく取り上げられています。

  • 9つのビルディングブロックとビジネスモデル・キャンバス

  •  そして、その視点からどんなアイデアを引き出せばいいか、どうやってそれを引き出すか?

     という部分が、「Design」のパートで説明されています。

     私達のグループがプレゼンしたマインドマップがこちら。

    BMG-Design
    多ぁ望Map No.0237

     読んだ内容に加えて、グループで共感できた内容、自分なりに理解した内容をブランチに反映してみました。

    1.顧客視点が大原則である

    2.アイデアの創造は質問が後押ししてくれる

    3.ビジュアルシンキングからストーリーを導く


     グループダイアログからアイデアを引き出すためには、個人の小さなアイデアをさらけ出すことが重要です。

     それが言葉にできなくともOK。

     言葉にできなかったら、絵にしてみたらどうだろう?

    「なんて言うかわからないんだけど、こんなイメージはどうかな?」

     そうすると、誰かが言葉に置き換えてくれます。それを繰り返していくと、小さなアイデアが具体的なカタチに変わっていくことが今回のワークでも実感できました。これがビジュアルシンキングの効果です。

  • Scheme382:言葉にできなくともビジュアルで伝えよう。それを繰り返せば、アイデアは必ずカタチになる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    実践する読書会から得られるもの | Home | ペルソナを演じる効果

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する