最新コミットメント

これは確かに史上最強の人生戦略マニュアルだ。

 しばらく書籍紹介を出していませんでした。なぜなら、この本に時間をかけていた(いや、かかっていた)からです。今までもいろんな成功法則、成功方法論などを読んできましたが、この本にはかないません。あの勝間さん(本書の訳者)が「最も私が影響受けた本」と宣言している一冊です。

 まずフィリップ・マグローという著書の経歴からしてインパクトを受けました。それは・・・。

 1.行動科学の博士
 2.心理学者
 3.20年以上にわたる戦略的人生設計の研究者
 4.米国訴訟コンサルタント会社の社長


 ここまでの経験から語られる人生戦略とは、頼りになること間違いなし!

 著者は行動科学で博士号を取得し、米国で訴訟コンサルタントで実績をあげた人物。多数の人生戦略を構築してきた経験と実績が語る方法論です。これに勝る方法は出てこないんじゃないでしょうか。具体的なエピソードを交えて説明してくれているので、非常にわかりやすく、説得力のある内容でした。
 私は本書の特徴である著者の経験に基づく具体例に非常に惹かれました。それぞれの人生の挫折からどうやって脱出できたのか、全14名の人生戦略について概略を紹介します。詳細は本書を手にとって読んでみてください。

史上最強の人生戦略マニュアル史上最強の人生戦略マニュアル
(2008/09/27)
フィリップ・マグロー

商品詳細を見る

<人生の10の法則と全14名の人生戦略エピソード>
人生の法則1 「ものがわかっているか、いないか」


☆1 オプラ・ウィンフリー:トーク番組のスターが悲劇のどん底に
 ある狂牛病に関連した訴訟で牛肉業界から大きな非難をあびる。彼女は「こんなはずはない。そのうち解決するはず。」と自ら行動を起こさなかった。それではダメ。自ら立ち上がる必要があると著者が戦略家として力を貸す。
 彼女は自分が行動しなければならないことを理解し、本来の自分の力を発揮し、勝訴を勝ち取った。


人生の法則2  人生の責任は自分にある「あなたの人生体験を作るのは、あなた自身である」

☆2 ジェニー 祖父にレイプされた経験
 自分は汚れていると苦しめるのはなくなった祖父のせいだと考える。これでは立ち直ることはできない。 → 自分自身のせいであることを自覚させる。これによって彼女は立ち直ることができた。

人生の法則3 「人はうまくいくことをする」
☆3 カレンの「見返り」
 標準体重の+45キロ。減量に挑戦しても、あるところで元に戻ってしまう。これを繰り返す女性。子供のころの性的いたずらがトラウマとなっていた。減量することで、男性から性的対象にみられることに恐怖、不安を感じていた。つまり、この不安を感じはじめると、再びもとの体重にもどり、安心感を得る。見返りは「安心感」だった。
 なかなかやめられないマイナス指向の行動には見返りがある。それを見つけることで解決策が出てくる。


☆4 ビルとデニーズを襲った突然の不幸

人生の法則4 「自分が認めていないことは変えられない」


☆5 パイロットの致命的な否認
方角のずれ(航路がずれているわけはない) → 計器の故障と誤認 →50秒後に墜落
最初の思いこみが、大きな悲劇を生んだ例。自分が認めない限り、解決はできない。


人生の法則5 「人生は行動に報いる」



☆6 自分の父の最後の言葉。
最後にお互いに気持ちを伝えきったことが自信につながった。心理学の博士号を取得したのち、30年後の71歳で神学の修士号をとる。父の人生は彼にとっての行動の教訓だった。




☆7 ジェイソン・ドハーティー博士の人生を変えた事件
 精神医学専門の才能ある精神科医、銀行強盗に出くわす。目の前で女性行員が射殺される。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症。しかし、それは人生の落伍者になる口実にはならない。

人生の法則6 「事実なんてない。あるのは認識だけ」




☆8 ヴィクトール・フランクル博士が捕虜生活を耐え抜けた理由
 日々の生活の中で起きる出来事はあなたが与える意味しかない。良いも悪いもない。あなたがいかなる環境におかれようと、どう受け止めるかはあなた次第。それは極限状態であっても同じ。これをフランクル博士は証明しようと耐えた。
 危険を圧倒的に手に負えない物と受け止めるフィルターをもった人と、私が輝く良いチャンスと受け止めるフィルターをもつ人がいる。





☆9 リチャードはなぜおかしな行動をとったのか
 復員軍人で日光浴で恐怖におののく行動にでる。背中の熱を熱線銃と思い、かくれた。
否定的信念 自分自身の限界、欠点について抱いている信念
自分についての本当であり、正確だと思いこんでいるマイナス思考
事実なんてない。あるのは認識だけだ。


人生の法則7 「人生は管理するもの。癒すものではない」

人生の法則8 「私たちは自分の扱い方を人に教えている」





☆10 ジョンとケイのすれ違いの原因



☆11 ドロレスはなぜ夫に殴られ続けたのか?
 耳が切れ、下の歯が見え、鼻が骨折し、クルマの事故に見えたが、実は夫の暴力。3年続いていた。自分自身を危険から救えるのは自分しかいない。相手の望ましくない行動に見返りを与えない。
 罪悪感は対人関係において、強力で破壊的な武器となる。


人生の法則9 「許しには力がある」



☆12 父親への憎しみにとらわれ続けたデヴィッド
 厳格な父に育てられ、父に認めてもらうことがなかった。父に一人前の男であることを証明するのが彼の人生目標となった。
 ある日、父がトラクターに巻き込まれて亡くなる。彼には証明する術がなくなった。父への怒り。自分の息子へも同様の仕打ち。
 デヴィッドが理解すべきこと:許すのに相手の協力は必要ない
 父を許した結果、自由に世の中での態度を選ぶことができた。


人生の法則10 「自分が求めているものを明確に知る」




☆12 リンダが人生に本当に望んだこと
 44歳の既婚女性。都市部に住み、3人の息子の進路におびえていた。ロサンゼルスから引っ越したい。ロジャーと家庭内離婚状態。本当に望むものが何かを引き出し、ロジャーとの関係を修復した。
 何が望みか?
 そのために、何をしなければいけないか?
 望みがかなったらどんな気分か?
 ということは本当の望みはなにか?
 繰り返し。
 自分の望むものを要求しようとする意欲、勇気を持つことは人生の法則のカギ。





☆13 世界チャンピオン(妻)ロビン
 母として妻としての役割を情熱とビジョンをもってこなしている。人生の勝者。



☆14 タクシードライバー アンディーが人生の勝者となれた理由

 概略紹介だけでもこんなに長くなってしまいました。本当に充実した一冊でした。自分の弱点を克服したいと考えているひと、いろんな苦悩を持っているひとに多いに力になってくれると思います。潜在意識活用術のカテゴリとしましたが、潜在意識か、顕在意識か区別なく、意識改革できる内容です。

Try39:否定的信念を洗い出そう。それを壊せば自分の限界を広げてくれる。
事実なんてない。あるのは認識だけだ。
関連記事


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

comment

Secret

こんにちは

はじめてコメントさせていただきます。
私もこの本読みましたv-7
確かに、読むのにとっても時間がかかりましたv-247
それだけ中身が濃いってことなんだろうって
読んでいて感じたりもしましたねv-237
戦略をたてるって大切なことだと改めて感じざるを得ませんでしたねv-221

ゴリクン。さん、コメントありがとうございます。

 中身濃いですね。とっても。なので、記事にするのも一苦労でした。
 私は「戦略を立てる」ことよりも「自分の考え(先入観)を改める」ってところが勉強になりました。 「戦略を立てる」って言葉を聞くと、なんか難しく感じますが、自分があきらめているような先入観も、変えることができるんだなという実感を持たせてくれました。
プロフィール

多ぁ望@新習慣クリエイター

Author

多ぁ望@新習慣クリエイター
 多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

ストレングス・ファインダー
1.戦略性
2.最上志向
3.親密性
4.責任感
5.着想

詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)