手描きの新たなスタイルへ

 今日は久々のタスク完了宣言です。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 こちらのタスクを完了しました。

  • Task145:耐水メモ帳にカラーマインドマップを描く方法を見つけ出す。 2012.04.30

  •  お風呂はリラックスできる特別な空間です。

     そんな空間で考えをめぐらすと、たくさんのひらめきが降りてきます。

     ただし・・・。

     それは頭の中だけで、考えても発想は広がりません。

     そこで、私が実践しているのが「お風呂deマインドマップ」です。

     小さな耐水メモ帳にマインドマップを描く。

     これで、降りてきたひらめきを逃がさず、保管することができます。

     そんなマインドマップにも、カラーペンが使えたらいいなと思っていました。

     意外な答えが見えてきました。それがこれ。


    Wacom iPad/iPad2/IPhone4対応 描画、ポインティングに最適なタッチペン Bamboo Stylus CS-100/W0Wacom iPad/iPad2/IPhone4対応 描画、ポインティングに最適なタッチペン Bamboo Stylus CS-100/W0
    (2011/10/28)
    ワコム

    商品詳細を見る

     今日の新たなタスク宣言です。

  • Task157:iPadの手描きアプリを見極める。アイデアをスパイラルアップさせてくれるツールを使いこなそう。

  • アナログ手描きから


     以前、こちらの記事で新しい耐水メモ帳を紹介しました。無地のA7サイズ。大きさと紙質と、お風呂で使うには最適です。

  • Try360:お風呂でマインドマップかくなら、OUTDOORMEMOがオススメ。

  •  本格的なマインドマップはA3サイズを推奨しています。なぜなら、発想を広げやすいから。

     つまり紙の大きさは発想の広さに関係してきます。これは使っている経験者からすると本当の話。

     お風呂でマインドマップを描く時間はおよそ10分くらい。

     このくらいの時間をつかってまとめるのは、A7サイズが適当なんです。

     それ以上大きいと、きっと長風呂になりそう。

     で、カラーペンは見つからず、結局短いシャープペンシルを使ってきたのが今まででした。これがアナログ手描き。

    デジタル手描きへ


     さて、今日の本題はこれ。画像を見て下さい。すでに書籍紹介の記事で取り上げたマインドマップです。

    心のチキンスープ
     「心のチキンスープ」の読書マップ。

    オズの魔法使い
     「オズの魔法使い」の読書マップ。

    CAFEコミュニケーション2
     「CAFEコミュニケーション」の実践マップ。

     上の二つがお風呂で耐水メモ帳に描いたマインドマップを画像でiPadに取り込み、お絵かきツールで着色および追記したものです。

     そして三つ目の画像はMacBookのKeyNoteで描いたマインドマップをiPadで取り込み、同じようにお絵かきツールで追記したものです。

     iPadはiPhoneが大きくなったモノと思っていたんですが、それだけじゃなくて「手描き」が楽しめるツールなんです。これが

    デジタル手描き

     なんです。

     アナログ手描きで描いた白黒のマインドマップをインポートして、デジタル手描きでカラー化とさらなるアイデアをスパイラルアップ。iPadのおかげで情報の再利用が出来るようになりました。

     でも、さすがに指だけではここまでの手描きは難しいです。だから冒頭で紹介したスタイラスペンが必須。

     iPadを使っている方は、ぜひスタイラスペンを使ってみましょう。Bamboo Stylusはペン先が柔らかくて、滑りも良くオススメです。

     最後にもうひとつタスク宣言を残しておきます。

  • Task145:耐水メモ帳にカラーマインドマップを描く方法を見つけ出す。 2012.04.30

  • Task157:iPadの手描きアプリを見極める。アイデアをスパイラルアップさせてくれるツールを使いこなそう。
  • 関連記事

    テーマ: iPad | ジャンル: コンピュータ

    アナログにこだわるひとのデジタル化手法 | Home | 実践する読書会から得られるもの

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する