オズの魔法使いとアファメーション

 今日は、知らない人はいないと思うんですが「オズの魔法使い」を紹介します。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 私が記憶していた「オズの魔法使い」とは・・・。

 主人公の女の子、ドロシーが旅路で脳のないかかしさん、勇気のないライオンさん、心のないブリキのきこりさんと出会い、冒険をし、オズの魔法使いからそれぞれが脳と勇気と心を授かるというお話だと思っていました。

「うん。確か、そんな話だったと思う。」

 と思った方は、もう一度読み直すことをオススメします。

 これ以降は物語の中身に触れていきますので、知りたくない方は本を読んでから、またお越し下さい。

No.454

完訳 オズの魔法使い 《オズの魔法使いシリーズ1》完訳 オズの魔法使い 《オズの魔法使いシリーズ1》
(2011/09/30)
ライマン・フランク・ボーム

商品詳細を見る


  • Scheme378:「オズの魔法使い」はストコーマとアファメーションを理解する最良の教科書である

  • オズの魔法使いはニセモノ


     冒頭の要約の何が違うかというと・・・。

     オズの魔法使いはニセモノだったというくだりが記憶から抜け落ちていたことなんです。

     記憶とはどうしても主人公にフォーカスしがちです。

     改めて、読んでみるとエメラルドシティも、オズの魔法使いもニセモノなんですよね。

     それを踏まえて、全体のストーリーを俯瞰すると前回紹介した「ストコーマ」と「アファメーション」が見えてきます。

    The wonderful wizard of OZ


     「オズの魔法使い」の原題は「The wonderful wizard of OZ」です。この物語では4人の魔女とオズの魔法使い(エメラルドシティの王様)が登場します。

    北の魔女:最初に出会った良い魔女、ドロシーに守りのキスを与える
    南の魔女:最後にドロシーがカンザスに帰る手助けをしてくれる良い魔女
    東の魔女:ドロシーの家につぶされて、亡くなった悪い魔女
    西の魔女:悪い魔女。ドロシーが水をかけて退治
    オズの魔法使い:カンザスから来た、ただのおじさん


     さて、この中の誰がwonderful wizardなのかというと、ただのおじさんのことなんですよね。

     ただのおじさんは、ぜんぜん魔法なんて使えません。

     だけど、wonderful wizardなんです。

    真の魔法とは?


     ここでドロシーとその仲間達がどんな目的で旅をしたのかを振り返ってみましょう。

    1.ドロシー:サイクロンでオズの国まで吹き飛ばされる。だからカンザスのおうちに帰りたい。

    2.かかし:自分の頭にはわらしかつまってないので、脳をもらって賢くなりたい。

    3.ブリキのきこり:自分の体には心臓がない。心がないから親切になれない。心が欲しい。

    4.ライオン:自分はライオンなのに臆病。勇気が欲しい。


     それぞれが「欲しいモノ」を求めて、オズの魔法使いに会いに旅をします。

     そして数々の苦難を乗り越えて、たどりついたオズの国は幻だったというわけ。

     ところが、そのニセモノの魔法使いが伝えた言葉がすばらしい。

    かかし:びん詰めの脳をかかしさんの頭に入れてあげて「これで、あなたは世界一、賢いかかしだ。」

    ブリキのきこり:チクタクなる時計をお腹の中に入れてあげて「これで、あなたは世界一、心優しいきこりだ。」

    ライオン:勇気と書かれたボトルを渡し「これを飲めば、あなたは世界一、勇敢なライオンだ。」


     彼らは旅の途中で数々の困難を乗り越えてきました。かかしさんの頭脳、きこりさんの優しさ、ライオンさんの勇気に支えられて。つまり彼らの「欲しいモノ」は最初から持っていたんですよね。

     だけど彼らにはそれらを持っている自覚がない。

    「私って、あんまり賢くないんです。」

     って言うひとがいますが、それは自分を制限してしまっています。本当は彼らと同様にその能力を持っているのに。

     それがストコーマ(心理的盲点)です。

     そんなときに、その盲点を気づかせてくれるのが、誰かの言葉だったりします。

     そしてストコーマを手放したとき、アファメーションが生まれてきます。

     ニセモノの魔法使いが与えたすばらしい言葉は、アファメーションそのもの。

     この言葉をきっかけに、自分のめざす未来を想像し、行動し、その結果、描いた未来が実現する。

     オズの魔法使いってそんな物語だったんですね。

     アファメーションこそ、真の魔法なのかもしれません。

    オズの魔法使い
    多ぁ望Map No.0235


  • Scheme378:「オズの魔法使い」はストコーマとアファメーションを理解する最良の教科書である
  • 関連記事

    テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    イラストの機能化 | Home | ストコーマを手放し、アファメーションへ

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する