「すごい会議」ではなく「どえらい会議」

 今日はインパクトのある本を紹介します。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 店頭に並ぶのを楽しみに待っていたんです。

 発売は4月4日。

 予約していた本が、ついに届きました。

永井さんの本

 2冊買ったわけではありません。

No.452

たった1日でチームを大変革する会議たった1日でチームを大変革する会議
(2012/04/04)
永井祐介

商品詳細を見る

 著者の永井さんは、私が「すごい会議」についていろいろ教えていただいたコーチです。まえがきで、私の取り組みを取り上げて頂いたのでした。

 というわけで、先行でサインも書いてもらった本を送って頂いたのでした。永井さん、出版おめでとうございます。そして今までのご指導ありがとうございました。

 永井さんの会社のWebサイトも、書籍出版に合わせて一新しています。

  • (株)ブリリアントカンパニー:たった1日で組織を大変革する会議

  • Scheme375:人が一瞬にして変わる瞬間とは、自らなにかを作り出したとき。 by 永井 祐介

  • なぜ「すごい会議」ではないのか?


     永井さんとは「すごい会議個人セッション」というセミナーで初めてお会いしました。あれから3年。会議効率化に向けたノウハウを指導していただきました。その3年間のノウハウが一冊の本にまとまっています。

    「人が一瞬にして変わる瞬間とは、自らなにかを作り出したとき。」

     この言葉はインパクトがありました。これは人を動かす基本です。

     この本のタイトルがやたら長いのが気になっていました。どうして「すごい会議」みたいな名前をつけなかったのでしょうか?

     それは自分で創り出して欲しいから。

     実は、私の社内で「すごい会議」を導入する際に、上司から言われました。

    「その、うさんくさい名前、なんとかならないのか?」

     いや・・・。

     その気持ち、わからなくもありません。反論できませんでした。

     確かにその効果は絶大で、「たった1日で、組織を大変革」できちゃう効果があります。

     すごい会議だから、「すごい会議」。いや、それでもいいんです。

     だけど、うまいラーメン屋が「うまいラーメン」と看板を出すか?という疑問を持つメンバーがいたりします。

     その後、社内でこの会議を行う場合は、いろんな名前がつきました。

    「イノベーション会議」
    「ハッピーレボリューション会議」
    「ハイパフォーマンス会議」


     さて、この本では、こんな事例が取り上げられています。

    「どえらい会議」

     こりゃ、どえらいことが起こりそうです。

     つまり、「すごい会議」というすでに有名になった会議術をそのまま使うのではなく、自ら新しい仕組みを創り出そうという意志が大切なんです。

     だから「イノベーション会議」だったり「どえらい会議」だったり、自ら呼び名も考えるところから「たった1日で大変革する会議」は始まります。

     私がこの「たった1日で大変革する会議」について永井さんから学んできたことは、このブログの「すごい会議」カテゴリに記録してきました。現在31記事に至っています。

  • 新たな習慣へのトライ:すごい会議カテゴリ

  •  そして中でもすごい会議を見よう見まねで実践して、永井さんと出会ってから、さらに活動が飛躍した記録をこちらの記事でまとめています。

  • Scheme141:新たなノウハウは習得では終わらない。普及させて初めて価値が出る。

  •  今日紹介した本を一通り読むと、これらの活動がイキイキと頭の中に思い出されてきます。

     組織の中でうまくいってないと感じている方は、ぜひ読んでみて下さい。そして実践してみてください。

     最後にこの言葉で締めくくっておきたいと思います。

    「その組織を変えるために、一番影響力を与えるひとは誰だと思いますか?」

     今、頭の中で「あの上司かな」とか「社長かな」と考えた方、それは違います。

    「誰でもなく、自分である。」

     これが「たった1日で大変革する会議」の参加姿勢です。ここからすばらしい成果が生み出されていくのです。

     今日のスキーマです。
  • Scheme375:人が一瞬にして変わる瞬間とは、自らなにかを作り出したとき。 by 永井 祐介
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    Retina Displayと等価解像度 | Home | マルチスケジュール構想とVer9.0公開

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する