最新コミットメント

デザイン思考をプレゼンに!

 今回はファンタジア・プレゼンワークショップのメインであるプレゼンワークについて紹介します。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

1.ファンタジア・ストーミングとは?

2.カバーストーリーに描く、プレゼンターの未来

3.デザイン思考が生み出すもの

4.デザイン思考をプレゼンに!(本日の記事)

5.そしてこのワークショップのペルソナは?


 前回はデザイン思考によって生み出される事例を紹介しました。それはイノベーショナルな製品だったり、お菓子のヒット商品だったり、あるいはアイドルだったり。

 そんな考え方のステップをプレゼンテーションに応用したのが今回のプレゼンワークショップなんです。

ファンタジア・プレゼンワーク


 今日のスキーマです。

  • Scheme359:伝えたいことと伝わったことのギャップを理解し、観察することでファンタジア・プレゼンへの道が開ける。

  • プレゼンをデザインする


     今回紹介したファンタジア・プレゼンテーションへ導く5つのステップを紹介していきます。

    デザイン思考のプレゼン

    1.理解

     まず今回選出されたプレゼンターの方の伝えたい事をプレゼンしてもらいました。10分間プレゼンの後、参加者にはアンケートに答えてもらいます。実はプレゼンターの方には事前に伝えたいことを3つ答えてもらいました。

     それらの答えを見比べることで、「伝えたいこと」と「伝わったこと」のギャップを理解してもらおうというステップです。

    1.プレゼンターから最も伝わったことを書いて下さい
    2.良かった点はどんなところですか?
    3.わかりにくかった部分はどこですか?
    4.もっと良くなるためにはどんな工夫が考えられますか?


     これらをグループワークで表にまとめてもらい、ギャップの理解を深めてもらいました。

    ファンタジア・ストーミング1

     キーワードはこれです。

    「伝わったことが伝えたこと」

    2.観察

     次のステップは観察です。プレゼンターを観察すること。そしてスライドを観察すること。もちろんプレゼンター本人にも自分のビデオを見て頂きました。

     観察するポイントはこれ。

    5つのジェスチャー
    スライデュメントになってないか?


    3.視覚化

     ここからはプレゼンを実際に見直してもらうワークに入ります。このとき2つの視覚化がポイントとなります。

     ひとつ目がペルソナの可視化。そのプレゼンはどんな人に聞いてもらいたいのか?それを具体的にイメージしてもらうため、ファンタジア・ストーミングで実践したエンパシーマップを使って描いてもらいました。

     二つ目はストーリーの可視化。プレゼンテーションの内容が聞き手にストンと納得してもらう為には明解なストーリー構成が大切です。

     そこでAREA法を紹介しました。まず伝えたい事を、そしてその理由、根拠を述べ、再び伝えたい事を繰り返す。

     なぜこの手法を勧めるかというと、プレゼンの評価は第一印象で決まってしまうからです。これは心理学の「仮説検証の効果」として証明されています。だから最初に伝えたいことを言って欲しいのです。

    4.評価

     そして4つ目のステップは評価、フィードバックです。ここではフィードバックの効果についてジョハリの窓を使って紹介しました。

  • Scheme157:自己開示とフィードバックを受け入れる姿勢が開放の窓を広げる


  • 5.実現

     さあ、グループワークの成果はどんなものになったのでしょうか? 今日の実現のステップが改善したプレゼンの披露。

     さらに本番で納得のいくプレゼンをしてもらうのが本当の実現です。

    ファンタジアの地へ


     今回はお二人のプレゼンターを選出し、グループワークによってファンタジア・プレゼンへ作り直してもらいました。

     その前後の変化には、本当の驚かされました。

     これはペルソナが明確にあったこと、そしてファンタジア・ストーミングによって楽しく、ワクワクとプレゼンテーションがどうあるべきかダイアログできた結果だと感じています。

     詳細はお伝えできませんが、雰囲気だけ紹介させてもらいます。

    Nさん:メンタルヘルスの義務化にむけて

     というタイトルだったんですが、「笑顔で働ける職場の法則」に変更。最初のイメージから一新し、笑顔にフォーカスをあてた素晴らしいプレゼンテーションに生まれ変わりました。

    金田さん:還暦=「感歴」文化のリメイクによる、新しい市場の創造

     こちらはビジネスプランコンテストの本番を1/24に控えた金田さんのプレゼン。私もワークに参加させてもらいました。主にストーリー構成を見直し、インパクトのあるキーワードで第一印象を一気に勝ち取るプレゼンに変身することができました。

     金田さんのレポートがこちらに紹介されています。

  • ファンタジア プレゼン ワークショップ《感歴プランナー》

  •  きっと、本番では満足のいくファンタジア・プレゼンテーションを披露してくれて、こちらのブログでその体験談が公開されることでしょう。楽しみにしています。

  • Scheme359:伝えたいことと伝わったことのギャップを理解し、観察することでファンタジア・プレゼンへの道が開ける。
  • 関連記事


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    comment

    Secret

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)