デザイン思考が生み出すもの

 風邪引いて3日目。ようやく復活してきました。コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 ファンタジア・プレゼンワークショップの3回目のレポートは今回のテーマである「デザイン思考」について取り上げます。

1.ファンタジア・ストーミングとは?

2.カバーストーリーに描く、プレゼンターの未来

3.デザイン思考が生み出すもの(本日の記事)

4.デザイン思考をプレゼンに!

5.そしてこのワークショップのペルソナは?


 デザイン思考をプレゼンに応用するというのが今回のキーとなります。ならば「デザイン思考」がなんなのか?まずはここを理解してもらう必要があります。

デザイン思考AKB48

 あれ?AKB48??

 写真を間違えたわけではありません。

 今日のスキーマです。

  • Scheme358:デザイン思考とはペルソナに満足してもらう物語を作ること。それはプレゼンにも当てはまる。

  • デザイン思考の5ステップ


     デザイン思考とは次の5つのステップでイノベーショナルな成果、製品を生み出すアプローチのことを指しています。

    デザイン思考の5ステップ

     具体的な事例としていくつかのすばらしいデザインプロダクトを紹介しました。

    1.IDEO社のNode Chair

     世界のお手本となるのがこのIDEO社の製品。第1回デザイン思考ワークショップでも紹介した椅子です。

  • 教育スタイルの変化に対応した画期的な椅子「Node Chair」

  •  写真をご覧になれば、その美しさと機能の両立にうなづけることと思います。

    2.自動改札機の曲線美

     ならば日本製ではどうなのでしょうか? みなさんがなじみある美しいプロダクトを紹介します。でももしかしたらその美しさに気づかずに毎日つかっているかもしれません。

  • あらためてSuicaの話でもしようか その1

  • あらためてSuicaの話でもしようか その2

  •  1996年からユーザビリティテストを開始し、誰もが迷わず使えるように観察、試作を繰り返してたどりついた形が13.5度という傾きと光るサインだったそうです。

     今回こちらの本でいろいろとデザインについて勉強させてもらいました。

    デザインの骨格デザインの骨格
    (2011/01/29)
    山中俊治

    商品詳細を見る


    3.ジャガビーがコンビニの商品棚を変えた

     デザイン思考のステップの中で、「ペルソナ」というキーワードが重要となります。これは顧客を視覚化したもの。より具体的な顧客イメージを創りあげることでユーザーニーズに応えていく手法です。

  • 自己流「ペルソナ」で大ヒット商品生み出す
    「ジャガビー」の最重要顧客は文京区在住の27歳独身女性

  •  その具体例がカルビーのジャガビーなんです。このカップ型のお菓子。ジャガビーが元祖です。そして今、コンビニに行くと・・・。同じような形の商品がずらっと並んでますよね。

    4.そして、AKB48!

     そしてもうひとつ紹介したいのがAKB48です。2011年はレコード大賞も受賞し、紅白も出場し、大活躍の年でした。でも、ここまでたどり着くまでに様々な観察、視覚化のトライを実行していたんですね。

  • 秋元康、AKB48への思いを語る

  • センターは前田敦子で行こう! → ファンからクレーム → ならばファンに決めてもらおう=総選挙だ!

    総選挙じゃメディアに出てる子ばっかりが選ばれる → ファンからクレーム → ならばジャンケン大会だ!


     まさにデザイン思考そのもののアプローチです。

    デザイン思考の生み出すものは?


     このように美しさと機能を両立したイノベーショナルなプロダクトに加えて、ペルソナが導くお菓子のヒット商品、そして今までにないアイドルを生み出すデザイン思考。全く異なる例を紹介してきましたが、すべて共通しているものがあります。

    「それは、物語があるということ」

     ターゲットペルソナが明確になることで、その顧客のニーズにどう応えていったのか?そしてどれだけ満足していただけたのか?という物語があるんです。

     そこで、プレゼンにも当てはめられるんじゃないか?と考えました。

    デザイン思考のプレゼン

     これがデザイン思考のプレゼンテーションの5ステップです。

     次回は、プレゼンワークの内容を紹介していきます。

     物語があってこそ、伝わるプレゼンができるはず。

  • Scheme358:デザイン思考とはペルソナに満足してもらう物語を作ること。それはプレゼンにも当てはまる。
  • 関連記事

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    デザイン思考をプレゼンに! | Home | カバーストーリーに描く、プレゼンターの未来

    コメント

    コメントの投稿


     管理者にだけ表示を許可する