天才に頼らずとも天才を生みだす

 前回のレポートでは「パワーネーム」を取りあげました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 問題解決を行うためには、まず自分のレベルをあげること。

  • 問題解決のための楽描き会 〜グループ・ジーニアスを引き寄せろ!〜

  •  自信のない自分とか、まわりに流されている自分、あきらめている自分。

     そんなネガティブな要素を抱えていたら、解決したい問題に向き合うことができません。

     ポジティブな雰囲気に、すばらしいアイデアやアウトプットがついてくるものです。

     パワーネームをつかって自分のレベルをあげたら、次に必要なことはチームワークです。

    1. 行動のきっかけは未来ストーリーから
    2. 問題解決に頼れる仲間を召喚する
    3. 天才に頼らずとも天才を生みだす(本日の記事)
    4. 問題解決への5ステップ
    5. グループジーニアスが生みだした答え


     もし問題解決をしたいとき、ひとりの天才がいたらいいなって思いませんか?

    問題解決楽描き会10

     今日のスキーマです。

  • Scheme691:天才がいなくても、3つの条件がチームに揃えば天才は生まれてくるもの。それがグループ・ジーニアス。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    問題解決に頼れる仲間を召喚する

     今回の楽描き会では、ひとつやってみたいことがありました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     それが今回のテーマである「問題解決」に貢献できるはず。

  • 問題解決のための楽描き会 〜グループ・ジーニアスを引き寄せろ!〜

  •  まず問題解決に必要な要素をお伝えします。

     それは言葉と雰囲気の方程式に従います。

     つまり、良い言葉を使えば、良い雰囲気を創り出します。

     そして、良い雰囲気からは、良いアウトプットが生まれてきます。

     そこで求められるのは良い言葉を使って、良い雰囲気を創ってくれる仲間です。

    1. 行動のきっかけは未来ストーリーから
    2. 問題解決に頼れる仲間を召喚する(本日の記事)
    3. 天才に頼らずとも天才を生みだす
    4. 問題解決への5ステップ
    5. グループジーニアスが生みだした答え


     それではそんな仲間を召喚してみましょう。

     こちらはそのワークをやっているところです。

    問題解決楽描き会9

     今日のスキーマです。

  • Scheme690:頼れる仲間は自分自身。パワーネームを使ってひとつレベルの高い自分を召喚しよう。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    行動のきっかけは未来ストーリーから

     またまたやってきました。楽描き会のレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     こちらのレポートからはじまった「○○のための楽描き会」

  • Scheme666:実践会よりも楽描き会へ。楽しく描けば楽しく学べるもの。それが成長への近道である。

  •  これはグラフィックレコーディングを練習する場としてはじまったコミュニティです。

  • 第1回目:ファシリテーションのための楽描き会 〜二人の自分に向き合おう!〜

  • 第2回目:グラレコリーディングのための楽描き会 〜新しい読書スタイルを創り出そう!〜

  • 第3回目:Design the future 2018 〜社会変革を傍観するな、自己変革せよ〜

  • 第4回目:問題解決のための楽描き会 〜グループ・ジーニアスを引き寄せろ!〜(今回)


  •  昨年の12月から毎月継続してきた楽描き会も4回目を迎えました。今回は「問題解決」をテーマに選定しました。

     恒例の5回シリーズでレポートしていきます。

    1. 行動のきっかけは未来ストーリーから(本日の記事)
    2. 問題解決に頼れる仲間を召喚する
    3. 天才に頼らずとも天才を生みだす
    4. 問題解決への5ステップ
    5. グループジーニアスが生みだした答え


     毎回、10:00〜17:00というタイムスケジュールを基本に展開してきましたが、今回はちょっと変則的に13:30〜17:30というPMだけのスケジュールに変更して開催。

     3月末は年度末という節目でもあるため、参加してくれたみなさんと懇親会をやろうっていう企画も含めてこの時間としました。

     この変更がいろんなメリットを生んだのでそこを紹介していきたいと思います。

    問題解決楽描き会1

     今日のスキーマです。

  • Scheme689:未来に向けて蒔いた種を刈り取る。刈り取るきっかけはゆるくてもよし。それが未来ストーリーの使い方。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    意図的な習慣へ

     DTF2018のイベントレポート最終回です。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     このイベントはTell the story 2013という名前でスタートし、昨年よりDesign the future 2017と名前を変更し、6年目を迎えました。

     最終会のレポートは、イベント内容ではなく、6年間つづけてきたことにフォーカスしてみたいと思います。

  • Design the future 2018 in 宇都宮 〜社会変革を傍観するな、めざせ自己変革!〜


  • 1.ビジュアルリテラシーでマイシフトへ
    2.ストーリーから点を導く体験
    3.Miracleは突然に、望想は現実に
    4.自己変革を導く
    5.意図的な習慣へ(本日の記事)


     過去のイベントのタイトルとサブタイトルはこちらです。毎年、その1年に発信したいキーメッセージをサブタイトルに込めてきました。

    DTF2018-13

     今日のスキーマです。

  • Scheme688:抑止力を小さく、駆動力を大きくするリズムがつくれれば、ロングスパンでの意図的な習慣は創り出せる。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    自己変革を導く

     DTF2018のイベントレポート4回目です。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     このイベントでは未来ストーリーをつくって終わりではありません。

  • Design the future 2018 in 宇都宮 〜社会変革を傍観するな、めざせ自己変革!〜

  •  サブテーマにあるように、今回は自己変革の大切さを伝えていきました。

     社会が変わるならば、自分達も変わらなければいけません。

     でも自分を変えるのは簡単ではありません。

     将来どんな自分になっていたいか?そんなありたいイメージが自分を成長させてくれます。

    1.ビジュアルリテラシーでマイシフトへ
    2.ストーリーから点を導く体験
    3.Miracleは突然に、望想は現実に
    4.自己変革を導く(本日の記事)
    5.意図的な習慣へ


     今回はBusiness Model Youという本を参考にワークを展開していきました。



    DTF2018-10

     今日のスキーマです。

  • Scheme687:今こそ学び直しのチャンス。それがポートフォリオワーカーへの道を開いてくれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    Miracleは突然に、望想は現実に

     DTF2018のイベントレポート3回目です。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回はいよいよ2018年のストーリーの紹介です。

  • Design the future 2018 in 宇都宮 〜社会変革を傍観するな、めざせ自己変革!〜

  •  このイベントの一番の目的は2018年の未来ストーリーを創ること。

     これがイマイチだと、2018年そのものがイマイチになってしまいかねません。

     そして、ストーリーづくりをはじめるまでにある準備が必要です。

     毎回、そこを大切にしています。

    1.ビジュアルリテラシーでマイシフトへ
    2.ストーリーから点を導く体験
    3.Miracleは突然に、望想は現実に(本日の記事)
    4.自己変革を導く
    5.意図的な習慣へ


     これはそれを各グループで考えてもらっているところ。

    DTF2018-9

     今日のスキーマです。

  • Scheme686:チームの意識を高めればアウトプットも必然的に高まっていく。新たな道へ走りだそう。On Your Mark!

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ストーリーから点を導く体験

     DTF2018のイベントレポート2回目です。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回はこのイベントの最初に披露したプレゼンテーションについての紹介でした。

  • Design the future 2018 in 宇都宮 〜社会変革を傍観するな、めざせ自己変革!〜

  •  このイベントは今年が6年目となります。

     私自身にとっても毎年恒例イベントとなり、このおかげで1年間を振り返り、次の1年を構想することが習慣となってきました。

     2回目のレポートは昨年の振り返りを紹介します。

     今回は3名の方に実績を披露いただき、さらにZoomでの参加者を加えて4名から1年間の振り返りをプレゼンしてもらいました。

    1.ビジュアルリテラシーでマイシフトへ
    2.ストーリーから点を導く体験(本日の記事)
    3.Miracleは突然に、望想は現実に
    4.自己変革を導く
    5.意図的な習慣へ


    DTF2018グラレコ

     今日のスキーマです。

  • Scheme685:将来を見据えて点と点をつなぎあわせることはできない。でも未来のストーリーがあれば点と点をつなぎあわせることは可能。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ビジュアルリテラシーでマイシフトへ

     先日、恒例のイベントを開催してきました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     そのイベントはこちらです。

  • Design the future 2018 in 宇都宮 〜社会変革を傍観するな、めざせ自己変革!〜

  •  私自身、毎年楽しみにしています。

     なぜなら、ワクワクした1年の振り返りを共有できる場でもあり、

     そして、ドキドキした次の1年を想像する場でもあるからです。

     それがどんなイベントなのか、5回シリーズで紹介していきます。

    1.ビジュアルリテラシーでマイシフトへ(本日の記事)
    2.ストーリーから点を導く体験
    3.Miracleは突然に、望想は現実に
    4.自己変革を導く
    5.意図的な習慣へ


    DTF2018-1


     ここで宣言したタスク完了です。

  • Task186:”Design the future 2018 〜社会変革を傍観するな、自己変革せよ〜”を開催する。 2018.02.25完了

  •  また本日のスキーマです。

  • Scheme684:可能性は時代と共に増えていくもの。あなたの可能性を今、定義してはいけない。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス