FC2ブログ

iPhone Xが未来を持ってきた

 2017年に書き残したおかなきゃいけないこと。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 11月26日から、iPhoneを乗り換えました。

 ちょっと高いけど躊躇無く iPhone Xです。

iPhoneX

 振り返ると、今までつかっていたiPhone6は丸3年。

 2年で乗り換えてきた私にとって、iPhone7には乗り換える魅力がなかったという理由と、次の8は大きく変わるという噂。

 さらにもうひとつは過去にこんなことがあったのでもったいない気持ちもあったのでした。

  • Try440:iPhoneXで未来を先取りしよう。ITデバイスへの投資は惜しまないこと。

  • テーマ: iPhone/iPad | ジャンル: 携帯電話・PHS

    ワクワク3.0を創り出せ!

     ワクワク3.0ってご存じですか? こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     これは前回紹介したIFラボというワークショップの中で生まれた言葉です。

     だから知らなくて当然です。

     今回はその意味を深掘りしていこうと思います。

    1.グラフィックレコーダーの役割
    2.プログラムデザインよりも大切なこと
    3.ワクワク3.0を創り出せ!(本日の記事)


     実際に「ワクワク3.0」を検索してみました。

     なんもでてこねー。

     それで良かったです。すでに誰かが定義していたらつまらないので。

     前回はモチベーション3.0について紹介しました。

     その他、インダストリー4.0とかソサエティー5.0とか、いろんな言葉にバージョンが加わっています。

     前回紹介したグループワークでは「ワクワク」にもバージョンがあるんじゃないかという議論になりました。そこで得られたアウトプットはこちらの問いです。

    「どのようにすればIF受講者のワクワク3.0を創り出すことができるだろうか?」

     実はこのときにはワクワク3.0の定義はありませんでした。

    IFラボ第2回グラレコ1
    多ぁ望Map No.0299

     というわけで、ここでその内容を整理してまとめていきます。(実は、これが多ぁ望の当日宣言したベイビーステップだったりする。)

     今日のスキーマです。

  • Scheme669:ワクワクのレベルはひとそれぞれ。高いレベルを共有すれば引き上げられる。それがワクワク3.0。
  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    プログラムデザインよりも大切なこと

     前回に続きIFラボのレポートを続けます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     IFラボとは、イノベーションファシリテーター同士のつながりの場であり、学び合いの場でもあり、協働のきっかけをつくる場でもあります。

     今回はメインファシリテーターの浅井さんによる「プログラム・デザイン」がテーマとなっていました。

    1.グラフィックレコーダーの役割
    2.プログラムデザインよりも大切なこと(本日の記事)
    3.ワクワク3.0を創り出せ!


     ここでワークショップの醍醐味を書いておきます。それは・・・。

    「想定外」

    IFラボ第2回グラレコ4

     計画どおりのワークショップなんてないのです。もしそんなものがあったらきっと、面白くありません。

     今日のスキーマです。

  • Scheme668:ワークショップの醍醐味は想定外。そこから第3の目的が生まれ、想定を上回るゴールが見えてくるもの。
  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラフィックレコーダーの役割

     今回初めてグラフィックレコーダーをつとめる場をいただきました。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     いままでいろいろとグラレコを実践してきましたが、自分が主催するイベントで描くことがほとんどでした。

     今回はIFラボというイベントで事務局を担当し、メインファシリテーターの進行内容を描き残す役割を引き受けることとなりました。

     自分が主催するイベントでは、あらかじめ進行内容を把握しているため描くイメージはおよそつかめるのですが、今回はそういうわけにはいきません。

     さらに参加者はイノベーションファシリテーターばかりが集う場でもあり、気を抜けません。

     そんな場でグラフィックレコーダーとしてどんな役割が必要なのか、書き残しておこうと思います。

    1.グラフィックレコーダーの役割(本日の記事)
    2.プログラムデザインよりも大切なこと
    3.ワクワク3.0を創り出せ!


    IFラボ第2回_3

     今日のスキーマです。

  • Scheme667:グラフィックレコーダーの役割は全体像を構造化してアウトプットできるカタチにまとめること。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ

     さて、グラレコ実践会の今後の動きについて紹介します。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     昨年から活動しているグラフィックレコーディング実践会。

     当初は第1章、第2章と章立てのようにグラレコの活用が進んでいくイメージをもって開催してきました。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  しかし、今回紹介するグループワークの結果、その活動方針とワークショップのタイトルを変更することとしました。

     すでに第3章ならぬ、次回のイベント開催が決まっています。興味ある方はぜひご参加ください。

  • ファシリテーションのための楽描き会

  •  どうしてこのようなタイトルになったのか?

     最後のグループワークのテーマについて取りあげていきます。

    1.メインファシリテーションとグラレコの両立
    2.グラレコの7要素から分析する
    3.ビジュアル言語でグループ対抗
    4.なぞのマラソンランナーから見えたこと
    5.ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ(本日の記事)


    グラレコ実践会16

     グループワークのテーマは参加者のみなさんに考えてもらいました。まずはひとりずつ・・・。

     今日のスキーマです。

  • Scheme666:実践会よりも楽描き会へ。楽しく描けば楽しく学べるもの。それが成長への近道である。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    なぞのマラソンランナーから見えたこと

     今回はグラレコ実践会のグループワーク「なぞのマラソンランナー」を紹介していきます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     この実践会では、「実際に使えるグラレコ」を参加者同士で練習し合う場をめざしています。

     そこで今回選んだグループワークが「なぞのマラソンランナー」です。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  これは以下の本に紹介されているグループワークです。朝カフェのメンバーに教えてもらいました。

    1.メインファシリテーションとグラレコの両立
    2.グラレコの7要素から分析する
    3.ビジュアル言語でグループ対抗
    4.なぞのマラソンランナーから見えたこと(本日の記事)
    5.ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ




    グラレコ実践会1
    多ぁ望Map No.0298

     この本では学校で活用されるグループワークがたくさん収録されています。それらが低学年、中学年、高学年、成人、つまり親御さん向けの内容まで含まれています。

     振り返りのやり方なども解説されているのでとても役に立ちます。

     今日のスキーマです。

  • Scheme665:ファシリテーターの存在がチームの方向性を決定する。それなきチームは方向が定まらない。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ビジュアル言語でグループ対抗

     今回はグラレコ実践会のグループワークを紹介していきます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     ビジュアルファシリテーションフォーラムでは「ビジュアル言語」という言葉が注目されていました。

     VFFの記事でこんなことをまとめています。

  • Scheme661:目的に応じた手法を選択できるテキスト言語とビジュアル言語のバイリンガルをめざそう。

  •  そこで、今回の実践会では「ビジュアル言語」とは何なのか実際に体験してみました。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  昨年のグラレコ実践会では「記憶スケッチアカデミー」という個人ワークを行いました。

     これはお題を与えられて、何も見ずにイラストを描くというシンプルなもの。

     でも、これが意外と描けないんです。記憶ってあいまいなんですよね。

    1.メインファシリテーションとグラレコの両立
    2.グラレコの7要素から分析する
    3.ビジュアル言語でグループ対抗(本日の記事)
    4.なぞのマラソンランナーから見えたこと
    5.ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ


    グラレコ実践会11


     今日のスキーマです。

  • Scheme664:ビジュアル言語は世界共通の言葉である。それにはコミュニケーションを活性化させる力がある。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラレコの7要素から分析する

     今回はグラフィックレコーディングの動画を紹介します。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     グラレコ勉強会の中で、難しいけどためになる個人ワークがあります。それが「パフォーマンス・グラレコ」です。

     このイベントでやってみました。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  これは5分程度の短い動画を見ながら、その内容をグラレコとして記録していくもの。

     映像を見ながら、音声を聞きながら、それを紙の上にグラレコで表現していきます。

     ものすごい集中力が必要となるワークです。

    1.メインファシリテーションとグラレコの両立
    2.グラレコの7要素から分析する(本日の記事)
    3.ビジュアル言語でグループ対抗
    4.なぞのマラソンランナーから見えたこと
    5.ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ


     さらに今回はその動画をヒントにしながら、ビジュアルファシリテーションフォーラムのプロフェッショナルなグラレコを分析してみました。

    グラレコ実践会3


     今日のスキーマです。

  • Scheme663:グラレコの7要素が表現力を広げてくれる。すごいと思ったら、何がすごいのかを見つけるべし。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    メインファシリテーションとグラレコの両立

     この週末はグラレコ実践会を開催してきました。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回までビジュアルファシリテーションフォーラムのレポートを紹介し、5回目には今回の「グラレコ実践会」の告知をしていました。

     こちらのイベントです。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  この企画は「実践会」という名前のとおり、グラレコの経験者を対象に、自ら描く機会を提供しようという場です。

     グラレコ勉強会とは違って、講師はおりません。

     参加者全員がお互いに先生になって欲しい。そんな想いで開催しました。

     以下の予定で紹介していきます。

    1.メインファシリテーションとグラレコの両立(本日の記事)
    2.グラレコの7要素から分析する
    3.ビジュアル言語でグループ対抗
    4.なぞのマラソンランナーから見えたこと
    5.ビジュアル言語で楽しむ楽描き会へ


     今回の実践会でメインファシリテーションをやりながら、描いたグラレコがこちらです。

    グラレコ実践会2

     イベントそのものはとっても楽しかったんですが、このグラレコを完成させるのは、けっこう大変でした。

  • Task184:グラレコ実践会第2章を開催する。続けるためには筋トレを共に楽しむ仲間が必要である。2017.11.04完了。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス