グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい

 この2017年の大きな目標をひとつ達成しました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 その目標とはこちらのイベントです。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾

  •  第3弾は「チャレンジ編!」としました。

     5回シリーズでレポートしていきます。ご期待ください。

    1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい(本日の記事)
    2.リアルタイムグラレコのジレンマ
    3.グラレコでチームワークを加速しよう!
    4.ペンが滑るようになった瞬間
    5.そして続けられるグラレコへ


     全22名のご参加(そのうち経験者が3/4)をいただきました。みなさん、ありがとうございました。

     第1回目のレポートは「チャレンジ編!」のねらいについて紹介していきます。

    グラレコ第3弾チャレンジ編1

     本日のタスク完了宣言です。

  • Task183:グラレコ勉強会第3弾「チャレンジ編」を開催する。グラレコの魅力がムーブメントを創りだす。 17.08.26完了

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    チームワークのアプローチ

     NikkoアイデアCamp2017の最終レポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回は「アイディエーション・グラフィック」というコンセプトについて紹介しました。

     アイデアを生みだすことにも、

     アイデアをまとめることにも、

     チームワークって大切です。

     5回目のレポートは「チームワーク」を取りあげます。

  • iDEA CAMP 2017 Creative Week 0→1を創るぼくらのSUMMER CAMP

  • 1.NikkoアイデアCAMP2017の7日間
    2.アイデアをカタチにするプロセス
    3.HXプロトタイプWSから生まれた提案
    4.アイデアはシナリオによって伝わるもの
    5.チームワークのアプローチ(本日の記事)


     第2回目のレポートで「チーム・ビルディング」のためのアイスブレイクを紹介しました。

     それは「マシュマロ・チャレンジ」というゲームです。

     ゲームを通じて、初対面同士が打ち解け合ってチームワークを醸成するにはもってこいの手法です。

     今回はチーム・ビルディングだけでなく、主体性の発揮という観点も含めて書いていこうと思います。

    iDeaCAMP2017-13

     今日のスキーマです。

  • Scheme655:チームワークに正解はない。主体性を重視したチームワークが個人を育てる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    アイデアはシナリオによって伝わるもの

     アイデアが思いついても、それをどうアウトプットするか腕の見せ所になります。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回はEarthan'sというお店に提案したアイデアを紹介しました。

     今回はそのアイデアにどうやってたどり着いたのか、分析してみたいと思います。

     私達のチームFutureStepは3名でNikkolyワークをスタートしました。

     いろんなアイデアがあふれていたときに、ひとつ目に止まったのが前回のレポートにも登場してきたこちらです。

    「宇宙×目玉焼き=太陽系を表現した目玉焼き」

     テキトーなアイデアに思えたものですが、Earthan'sというお店に提案するならこのようなメニューがありえるんじゃないか?

     ということをヒントにしました。

  • iDEA CAMP 2017 Creative Week 0→1を創るぼくらのSUMMER CAMP

  • 1.NikkoアイデアCAMP2017の7日間
    2.アイデアをカタチにするプロセス
    3.HXプロトタイプWSから生まれた提案
    4.アイデアはシナリオによって伝わるもの(本日の記事)
    5.チームワークのアプローチ


     今回の経験を振り返って、こんなキーワードが見えてきました。

    「アイディエーション・グラフィック」

    ideation-graphic

     今日のスキーマです。

  • Scheme654:シナリオからフレームワークを作りアイデアを引き出す。これがアイディエーション・グラフィック。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    HXプロトタイプWSから生まれた提案

     今回はNikkoアイデアCamp2017から出てきた提案内容を紹介します。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回はアイデアをカタチにする7つのステップを紹介しました。

     その中のHXプロトタイプWSで提案した私の参加したチーム「Future Step」の内容を紹介していきます。

     この内容は、きっとお店の発展に貢献してくれると期待しています。

  • iDEA CAMP 2017 Creative Week 0→1を創るぼくらのSUMMER CAMP

  • 1.NikkoアイデアCAMP2017の7日間
    2.アイデアをカタチにするプロセス
    3.HXプロトタイプWSから生まれた提案(本日の記事)
    4.アイデアはシナリオによって伝わるもの
    5.チームワークのアプローチ


     今回のワークショップの舞台となったのはこちらのお店「Earthan's」です。

    iDeaCAMP2017-10

     さて、みなさんはこの写真を見て、どんなお店だと思いますか?

     今日のスキーマです。

  • Scheme653:オーナーさんの気持ちになればアイデアの断片がシナリオとしてつながっていく。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    アイデアをカタチにするプロセス

     今年のNikkoアイデアCamp2017では、様々なすばらしいアイデアが生まれてきました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     子どもの発想力と大人のまとめる力が一緒になってカタチにするチャレンジ。

     そこには3年続けてきた経験が活かされています。

     子どもだけでは達成できないもの。

     大人だけでも達成できないもの。

     年齢や立場なんて関係ない。

     一緒のチームで「あったらいいな」をカタチにする。その目的意識がポイントです。

  • iDEA CAMP 2017 Creative Week 0→1を創るぼくらのSUMMER CAMP

  •  今回はアイデアをカタチにするプロセスについて紹介していきます。

    1.NikkoアイデアCAMP2017の7日間
    2.アイデアをカタチにするプロセス(本日の記事)
    3.HXプロトタイプWSから生まれた提案
    4.アイデアはシナリオによって伝わるもの
    5.チームワークのアプローチ


    iDeaCAMP2017-12

     これはイベントのパンフと3Dプリンターで出力したサンプルです。

     今日のスキーマです。

  • Scheme652:アイデアはカタチとシナリオを加えることで、アウトプットが可能となる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    NikkoアイデアCAMP2017の7日間

     今年も楽しんできました!NikkoアイデアCamp2017の様子をレポートしていきます。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今年で3年目を迎えるNikkoアイデアCAMP。

     大人と子どもが一緒になって、チームをつくり、

    「あったらいいなをカタチにする」

     そのためにアイデアを出し合い、そしてプロトタイプを作る。

     自分達が思い描いたアイデアを他のメンバーへ提案していく。

     大人顔負けのプレゼンテーションに、毎回脱帽するすばらしいイベントです。

     今年はなんと開催期間が7日間というチャレンジも達成しました。

  • iDEA CAMP 2017 Creative Week 0→1を創るぼくらのSUMMER CAMP

  •  5回シリーズでレポートしていきます。

    1.NikkoアイデアCAMP2017の7日間(本日の記事)
    2.アイデアをカタチにするプロセス
    3.HXプロトタイプWSから生まれた提案
    4.アイデアはシナリオによって伝わるもの
    5.チームワークのアプローチ


    iDeaCAMP2017-8

     これはDay5の実店舗を使ったHXプロトタイプワークショップの終了後の記念写真です。

     本日のタスク完了宣言です。

  • Task184:iDEA CAMP 2017 Creative Weekに参加する。20%の準備が80%の成功を導く 2017.08.01完

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラフィックレコーディングにチャレンジしよう!

     昨年からグラレコにハマっています。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     2017年に入ってからも、グラレコ=グラフィックレコーディングに関する話題がつきません。関連した書籍がいろいろと出版されています。

    ・Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書 2017/1/27 著者:清水 淳子


     グラレコそのものを詳しく解説してくれています。ファシグラとの違いなど。画力に頼らない簡単な描き方が参考になります。

    ・伝わる イラスト思考 (アスカビジネス) 2017/1/18 著者:松田 純


     マンガを思考力の向上に活用する手法を解説しています。表情の書き方など、参考になるノウハウ満載です。

    ・書いて使う 会議を変えるノート (プレミアムブックス版) 2017/6/16 著者:三澤 直加、 杉田 麻耶


     こちらは第1回目のグラレコ勉強会に来てくれたインストラクターの三澤さんの著作です。ノートの書き方の提案ですが、一部グラレコのノウハウも登場しています。

     というわけで、今年も開催します。グラレコ勉強会。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾

  •  今日のタスク宣言です。

  • Task183:グラレコ勉強会第3弾「チャレンジ編」を開催する。グラレコの魅力がムーブメントを創りだす。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ボードゲームは集まった仲間で変わるもの

     先日、宇都宮で開催する「7つの習慣ボードゲーム会」が第6回目を迎えました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回は、初めて2テーブルを同時開催するゲーム会となりました。

     ひとつのテーブルは初心者チーム。

     そしてもうひとつは経験者チーム。

     宇都宮のゲーム会は、公認ナビゲーターのけーさんと多ぁ望が主催しています。

     今回は初心者チームを多ぁ望がナビゲート。経験者チームをけーさんがナビゲートしました。

     さて、どんなゲーム展開になったのでしょうか?

    第6回7つの習慣ボードゲーム会1

     今日のスキーマです。

  • Scheme651:まず理解に徹し、そして理解される。ここで大切なことは想いを伝えること。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス