最新コミットメント

セミナーを120%活用する方法

 今回はセミナーの活用方法について紹介します。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 大本昌弘ステップアップ講座 in東京〜思考の枠を外そう〜

  •  世の中にはいろんなセミナーや研修が開催されています。

     例えば仕事として会社で研修を受けさせられるという、受け身の場合もあれば、

     何か目的をもって自らセミナーを選んで受ける場合もあるかと思います。

     きっかけはどちらでもいいんですが、最終的にその経験を活かすためにはある程度の工夫が必要です。

     一番もったいないのは、「行ってこい!」と言われて、「しかたないなぁ。」みたいに受け身のままでいること。

     これでは何も得ることができません。

    1.思考の枠に気づき、それを外すこと
    2.答えを求めて得られたこと
    3.6年前の自分に学ぶ
    4.インサイド・ヘッド of マインドマップ
    5.セミナーを120%活用する方法(本日の記事)


     今日のタイトルは「セミナーを120%活用する方法」です。

     100%ではありません。

     120%なんです。

    セミナーを活かす方法
    多ぁ望Map No.0286


     今日のスキーマです。

  • Scheme594:目的、質問、記録、整理、行動の5ステップがセミナーの成果を120%引き出してくれる。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    インサイド・ヘッド of マインドマップ

     セミナーに参加すると、必ず講義録をマインドマップで取っています。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 大本昌弘ステップアップ講座 in東京〜思考の枠を外そう〜

  •  マインドマップってどうやって描くんだろう?

     経験のないひとにとって、マインドマップってよくわからないものだと思います。

     慣れてくると、これが便利で大活躍できるんです。

     今回はちょっと、多ぁ望のインサイドヘッドを覗いてみましょう。

    1.思考の枠に気づき、それを外すこと
    2.答えを求めて得られたこと
    3.6年前の自分に学ぶ
    4.インサイド・ヘッド of マインドマップ(本日の記事)
    5.セミナーを120%活用する方法


     ちなみに今回のセミナーでも、感情の関係性についての参考書籍じゃなくて、参考映画として登場してきました。

  • インサイド・ヘッド

  •  見てない方は、ぜひチェックしてみてください。

     ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリという5つの感情が頭の中で議論を繰り広げて、その場ごとの決断をしていきます。

     主人公はヨロコビに感じられるかもしれませんが、実はカナシミが重要なキャラクターでもあります。

     人生、ヨロコビだけでは生きていけないんです。

     さて、話をマインドマップに戻します。

    160312_オビワンセミナー2

     これはセミナーがはじまって、1時間ほど経ったところ。

     今日のスキーマです。

  • Scheme593:5つのキャラクターが脳内でマインドマップを描き起こす。それがインサイド・ヘッドで起きていること。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    6年前の自分に学ぶ

     今回のセミナーに参加してもう一冊、関連の深い本を紹介します。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 大本昌弘ステップアップ講座 in東京〜思考の枠を外そう〜

  •  前回紹介した「あなたが解決したいテーマに沿って三冊を持ってくること」という課題に対して、

     もうひとつ気になる本がありました。

    1.思考の枠に気づき、それを外すこと
    2.答えを求めて得られたこと
    3.6年前の自分に学ぶ(本日の記事)
    4.インサイド・ヘッド of マインドマップ
    5.セミナーを120%活用する方法




     それがこの本です。

    「自分の小さな箱ってなんでしょうか?」

    160320_小さな箱から脱出する方法
    多ぁ望Map No.286

     今日のスキーマです。

  • Scheme593:批判するひと=箱に入っているひと。3つのステップが箱の外へ導いてくれる。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    答えを求めて得られたこと

     前回報告したセミナーにはある目的を持って参加しました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 大本昌弘ステップアップ講座 in東京〜思考の枠を外そう〜

  •  その目的とはこれ。

    「ここ最近、仕事でつまづくことが多く、精神的に行き詰まっていました。」

     そう。

     なんか打開策が欲しくて、その答えを求めて行ったのでした。

    1.思考の枠に気づき、それを外すこと
    2.答えを求めて得られたこと(本日の記事)
    3.6年前の自分に学ぶ
    4.インサイド・ヘッド of マインドマップ
    5.セミナーを120%活用する方法




     今回はセミナー修了後の懇親会での出来事を紹介します。この本が良い答えを教えてくれました。

    160312_オビワンセミナー5


     今日のスキーマです。

  • Scheme592:答えを求めて得られたことは仲間からの良き質問。ABCCプロセスで学ぶひとに切り替えよう。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    思考の枠に気づき、それを外すこと

     先週、久々の仲間に会うことが出来ました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     その仲間とは、恩師である大本インストラクターであり、渡り鳥の会の友人達でもあります。

     今回参加したセミナーはこちらです。

  • 大本昌弘ステップアップ講座 in東京〜思考の枠を外そう〜

  •  ここ最近、仕事でつまづくことが多く、精神的に行き詰まっていました。

     職場では仕事をさばくことで精一杯。

     週末はぐったり。

     こんな状態ではどんどんと落ち込んでいってしまいます。

     エネルギーが切れそうな気がしたので、流れを変えるためにも自分の枠を飛び出してみました。

    「思考の枠を外そう」

     思い詰めているときって、自分の思考の枠が見えないとき。

     だからこのキーワードが引き寄せられたんだと思います。

     おかげさまで、自分を取り戻すことができました。

     でもそれはセミナーの内容のおかげだけではなかったように感じました。

     今後次のような記事にまとめていきたいと思います。

    1.思考の枠に気づき、それを外すこと(本日の記事)
    2.答えを求めて得られたこと
    3.6年前の自分に学ぶ
    4.インサイド・ヘッド of マインドマップ
    5.セミナーを120%活用する方法




     このセミナーでは本書に出てくる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」をベースに自分にブレーキをかける阻害要因をみつけ、変わりたい自分に近づく方法を解説してくれました。

    160312_オビワンセミナー3

     今日のスキーマです。

  • Scheme591:自分の揺れに気づき、それを止める行動に出れば世界は拡張する。So that, I can.

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    ストーリーをどう使うか?

     TTS2016の最終レポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 「Tell the story 2016 in 宇都宮 〜仲間と視た未来へ飛躍せよ!〜」

  •  参加者みんなでつくった2016年の未来ストーリー。

     さて、そのストーリーはどのように活かされるのでしょうか?

     ここにTell the story 2016の意味が眠っているのです。

    1.Tell the story 2016とは?
    2.仲間と視た未来へ飛躍せよ
    3.2015年のリアルストーリー
    4.2016年をデザインする(本日の記事)
    5.ストーリーをどう使うか?


    妄想から創発へ

     妄想から創発へ。

     これがストーリーを活かすキーワードです。

     今日のタスク宣言です。

  • Task177:TTS2016目標宣言=英語を勉強する

  • Task178:TTS2016目標宣言=グラレコ勉強会第2弾を開催する

  • Task179:TTS2016目標宣言=Future Magic 紫のメンバーとWSを開催する

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    2016年をデザインする

     TTS2016の3回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • 「Tell the story 2016 in 宇都宮 〜仲間と視た未来へ飛躍せよ!〜」

  •  今回はこのイベントの本題である2016年の未来ストーリーについて紹介していきます。


    1.Tell the story 2016とは?
    2.仲間と視た未来へ飛躍せよ
    3.2015年のリアルストーリー
    4.2016年をデザインする(本日の記事)
    5.ストーリーをどう使うか?


    TTS2016-10

     これが私達のチームが描く、2016年のストーリーです。

     このストーリーが私達を突き動かしていきます。1年後に振り返るのがとっても楽しみです。

  • Scheme590:チームワークを生みだすパワーは、全員が納得したチーム名に宿る。グループジーニアスはそのパワーから生まれる。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2016年03月 | 04月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)