ファシリテーターのジレンマ

 前回はドライビングフォースというテーマでファシリテーションに関する記事を書きました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 自らの行動力に火を灯すためには、なんらかのきっかけが必要です。

 それは仲間からの簡単な一言だったりします。

 小さな一歩を踏む勇気。

 それはささいなことで動き始めることができます。

 前回の会議の経験で、もうひとつ気づいたことがありました。

 ファシリテーションに必要なスキルです。

 同時に、それが自分には足らないという実感も。

 今日のスキーマです。

  • Scheme583:責任を背負うとファシリテーターのジレンマに陥る。結果の不安を手放せばプロセスに集中することができる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ドライビングフォースはどこにある?

     気づいたら2016年最初の記事となります。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     ぎりぎり1月中にひとつ記事が書けました。

     今日のテーマは

    ドライビングフォース

     としました。

     日本語で言うと「駆動力」

     自らを突き動かす力です。

     誰もが持っている力ではありますが、常に十分に持っていられるものではありません。

     力がみなぎるときもあれば、落ち込んで全然力が出せないときもあるものです。

     先日、あるグループのビジョンを描く会議を開催しました。

     本当はもっと早く企画する予定でしたが、気づけば昨年はやらずじまい。

     なぜなら・・・。

    「自信がないから」

    会議室

     今日のスキーマです。

  • Scheme582:行動を起こすためのドライビングフォースは、誰かの小さな後押しで燃え広がるもの

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス