LEGOで真剣に遊ぶこと

 みなさんはLEGOで遊んだことありますか? こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 私も遠い記憶の彼方にあるような気がします。

 でもLEGOはカクカクしているので、思うようなカタチにならないのですぐに飽きちゃった記憶があります。

 その後はクルマのプラモデルに夢中になり・・・。

 作ってはバラバラに壊して「なんでも入れ」という箱にぶち込む(片付けが超早い)。

 そんな遊びを繰り返していました。

 「なんでも入れ」にたまっていくパーツを組み合わせて、新しいものを作るのが大好きだったことを思い出しました。

 さて、今回はだだ「遊ぶ」だけじゃないんです。

「真剣に遊ぶこと。」

 それをLEGOではSERIOUS PLAYと呼びます。

 お友達でもある山本 伸さんによるLEGO SERIOUS PLAYのワークショップに参加して、それを体験してきました。

 とってもインパクトがあったので、その概要をレポートしていきます。

1.LEGOで真剣に遊ぶこと(本日の記事)
2.自分の限界を超える方法
3.レゴのブランド力を知る




 この本はレゴがイノベーションを語るまでに変革した歴史が紹介されています。自社の強みを見出し、それをリーディングし続けるレゴ。遊び道具だけじゃない一面を今回は実感をもって学ぶことができました。

 今日のスキーマです。

  • Scheme578:LEGOシリアスプレイの醍醐味は仕事を忘れて遊びに集中できること。その結果、仕事のアイデアが後から見えてくること。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス