FC2ブログ

リレー読書のススメ

 本の読み方ってひとそれぞれですよね。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 読書に関する言葉って、たくさん存在しています。

 速読、多読、遅読、精読・・・。

 私達は「本を読みなさい!」と親や先生に言われて育ってきました。

 ところが、学校でも本の読み方なんて教わる機会はありません。

 それはきっと

「読書とは、最初のページから最後のページまで読むこと。」

 ということが当然、あたりまえ、教えるまでもないと理解されているからだと思います。

 本の読み方をしっかりと勉強したいという方はこちらの記事を読んでみて下さい。

  • Task9:自分にあった読書術を構築する。すぐれた読書家はその本にふさわしい読み方を見つけ、読書の技術を使い分けること。

  • リレー読書

     さて、今日は「リレー読書」という言葉を紹介したいと思います。

     リレーという名の通り、バトンをつないでいく読書です。今回は6冊の本を紹介していきます。

  • Try430:リレー読書をしよう。バトンを見つけると新たな本が読みたくなる。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    ホワイトボードを持ち歩こう

     メモ帳を持ち歩くひとってけっこういると思います。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     でもホワイトボードを持ち歩いているひとは?

     そんな大きいものは持ち歩けないって思いますよね。

     だけど、小っちゃいのがあるんです。

     私はA5サイズのヌーボード(SHOT NOTE版)というものを使っていました。

     最近、もっと興味深い商品が出てきました。

     それがこちら。



     ちょうど今日、届いたのでレポートしたいと思います。

    バタフライボード3

     今日のトライ宣言です。

  • Try429:マイ・ボードを持とう!道具を使いこなせばアイデアのきっかけが増える。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    イメージマインドマップの効果

     言葉とイメージと、どちらが情報を伝えやすいですか? こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     まつかつさんのマインドマップセミナーのグループマインドマップの経験から得たことを書き残しておこうと思います。

     マインドマップはキーワードとイメージを自由に書き残すことで、思考を整理していくツールです。

     前回紹介したようにグループワークではひとつのテーマについてイメージを創りあげるお題がありました。

     ちょっと疑問に思ったのは・・・。

    「え?マインドマップじゃないの??」

     ってことでした。

     いつものマインドマップの描き方とは全く異なるもの。

     というか、とにかく自由に描けと。

     セントラルイメージを真ん中にとか、1キーワード/1ブランチとか、そんなルールは手放してよしと。

     ここまで制約が外されてしまうと、逆に描きづらくなってきます。

     まずは個人のイメージを描き始めました。

    1.グループワークがうまくいく方法
    2.グループフローの体験
    3.イメージマインドマップの効果(本日の記事)


     実は、今日たまたま寄った本屋で目に止まった本がありました。

     強烈なインスピレーションとともに、躊躇なく購入。

     今日の記事に関連する面白い内容が載っていました。



    151027_ビジネスマインドマップセミナー1MM
    多ぁ望Map No.0282

     今日のスキーマです。

  • Scheme576:イメージが合意できるとゴールはひとつになる。それは言葉だけではたどりつけない。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グループフローの体験

     今日は「グループフロー」という言葉について紹介します。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     まつかつさんのマインドマップのセミナー体験で得た強烈なインパクトのひとつが最後のグループワークでした。

     セミナーではワークが終わる度に、問いかける言葉があります。

    「どのくらい時間が経ったと思いますか?」

    1.グループワークがうまくいく方法
    2.グループフローの体験(本日の記事)
    3.イメージマインドマップの効果


     ひとは集中すると、時間を忘れることがあります。

     そんなときに限って

    「あれ? まだ30分しか経ってなかったのか。」

     というような感覚になったことがあるかと思います。

     これをフロー状態と呼びます。

     この状態がグループで起こることをグループフローと呼ぶわけです。

     この言葉はこちらの本で出会いました。



    151027_ビジネスマインドマップセミナー3


  • Scheme575:グループフローの経験がチームワークを次のステージに上げてくれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス