ファシリテーターズ・リレー

 「NikkoアイデアCamp」の4回目のレポートはファシリテーションについてです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Nikko 20 Years アイデア Camp

  •  今回のイベントでは主催者のペルちゃんより、ファシリテーターとして参加して欲しいという依頼を受けていました。

     いつもなら快く引き受けるんですが、今回はちょっと不安なことがありました。

     それは初日の都合がつかず、2日目からの途中参加になること。

     さて、1日目に参加せずに2日目からファシリテーターが務まるのだろうかと。

     これは私にとってもチャレンジでした。

    1.NikkoアイデアCampがめざすもの
    2.プロトタイプの作り方
    3.FutureMappingによる20年のストーリー
    4.ファシリテーターズ・リレー(本日の記事)
    5.アイデアは誰のもの?


     初日のファシリテーターであるタカ王さんはFutureMappingのエキスパート。以前は全脳思考チャートと呼ばれていたアイデアをストーリーから導く方法です。

     こちらの本に詳しく紹介されています。



     そのチャートをバトンとして受け取って、多ぁ望が2日目にチームに加わって、ストーリーを完成することができました。

     これがファシリテーターズ・リレーです。

    NikkoアイデアCamp18


  • Scheme566:メンバーが替わってもチームは変わらない。ストーリー・ストリーミングがファシリテーターのバトンとなる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス