ファシリテーターズ・リレー

 「NikkoアイデアCamp」の4回目のレポートはファシリテーションについてです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Nikko 20 Years アイデア Camp

  •  今回のイベントでは主催者のペルちゃんより、ファシリテーターとして参加して欲しいという依頼を受けていました。

     いつもなら快く引き受けるんですが、今回はちょっと不安なことがありました。

     それは初日の都合がつかず、2日目からの途中参加になること。

     さて、1日目に参加せずに2日目からファシリテーターが務まるのだろうかと。

     これは私にとってもチャレンジでした。

    1.NikkoアイデアCampがめざすもの
    2.プロトタイプの作り方
    3.FutureMappingによる20年のストーリー
    4.ファシリテーターズ・リレー(本日の記事)
    5.アイデアは誰のもの?


     初日のファシリテーターであるタカ王さんはFutureMappingのエキスパート。以前は全脳思考チャートと呼ばれていたアイデアをストーリーから導く方法です。

     こちらの本に詳しく紹介されています。



     そのチャートをバトンとして受け取って、多ぁ望が2日目にチームに加わって、ストーリーを完成することができました。

     これがファシリテーターズ・リレーです。

    NikkoアイデアCamp18


  • Scheme566:メンバーが替わってもチームは変わらない。ストーリー・ストリーミングがファシリテーターのバトンとなる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    FutureMappingによる20年のストーリー

     「NikkoアイデアCamp」の3回目のレポートは我がチームのアウトプットを紹介します。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Nikko 20 Years アイデア Camp

  •  前回は5チームがどんなプロトタイプを作ったのかを簡単に紹介しました。

     今回はチーム「ひびいてタタタ!」の最終プレゼンの模様をお伝えします。

    1.NikkoアイデアCampがめざすもの
    2.プロトタイプの作り方
    3.FutureMappingによる20年のストーリー(本日の記事)
    4.ファシリテーターズ リレー
    5.アイデアは誰のもの?


    NikkoアイデアCamp15

     これがチームメンバー全員でプレゼンした様子です。

  • Scheme565:ストーリーにカタチと名前を加えるとプレゼンの説得力が増す。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    プロトタイプの作り方

     「NikkoアイデアCamp」では各チームにプロトタイプを作ってもらいました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Nikko 20 Years アイデア Camp

  •  会場に用意されたものは

     「粘土」と・・・。

     「3Dプリンタ」でした。

     さて、こういうワークショップで3Dプリンタって活用できるのでしょうか?

    1.NikkoアイデアCampがめざすもの
    2.プロトタイプの作り方(本日の記事)
    3.FutureMappingによる20年のストーリー
    4.ファシリテーターズ リレー
    5.アイデアは誰のもの?


    NikkoアイデアCamp8

     今回のイベントでは、3Dプリンタが2台も準備され、そのエキスパートも2名スタンバっていただきました。

     さて、どんなプロトタイプが生まれたのでしょうか?

     今日のスキーマです。

  • Scheme564:3Dプリンタとエキスパートが揃えば、ワークショップも新たなアウトプットが可能となる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    NikkoアイデアCampがめざすもの

     先日、こちらのイベントに参加してきました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • Nikko 20 Years アイデア Camp

  •  これはペルちゃんこと、大隈さんが企画、主催する1泊2日の実践ワークショップです。

     今回は子供達も交えて、その場でプロトタイプを作り出すところに力をいれており、3Dプリンタも登場すると聞いてワクワクしながら参加してきました。(多ぁ望は1日目の夜から参加)

     5回シリーズでレポートしていきます。

    1.NikkoアイデアCampがめざすもの(本日の記事)
    2.プロトタイプの作り方
    3.FutureMappingによる20年のストーリー
    4.ファシリテーターズ リレー
    5.アイデアは誰のもの?


    NikkoアイデアCamp1

     私が会場に着いたときは、こんな感じになっていました。

     これは初日のワークショップが終わって、第二部の「ビジョナリー トークセッション」の真っ最中。

     未来のワクワクとか不安とかをAIとかロボットとか様々な話題で盛り上がっていました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme563:フラットな関係性がチームワークを高め、アウトプットの質を向上させてくれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    世代をつなぐハシゴ

     「Aha2!チームビルディング」のレポート3回目です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     この中で実践した「餃子ジャンケン」。

     これは小学校の先生が考えた子供と大人のチームワークを創り出す、とっても有効なアイスブレイクです。

     いつも朝カフェには多様な参加者が集まってきます。

     年齢、性別、職種、働き方、価値観、好み、専門性

     すべてバラバラ。

     そんな人達が初めて出会っても対話を活性化できるのは、継続して築いてきた雰囲気があるからです。

     継続は信頼を生み、その信頼が自己開示を促してくれます。

    1.やってみた「餃子ジャンケン」
    2.アタマワークとカラダワーク
    3.世代をつなぐハシゴ(本日の記事)


     さて、そんな朝カフェに今回も初参加の仲間が加わりました。

    Aha2チームビルディング2

     ちょっとちっちゃな子がいますよね。なんと小学校2年生です。これこそ多様性。

     場を活性化させるノウハウはこちらの本にも紹介されています。



     その初参加の仲間から教わったことがこちらです。

  • Scheme562:世代をつなぐハシゴが成長した大人の失ったものに気づかせてくれる。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    アタマワークとカラダワーク

     餃子ジャンケンのレポート2回目です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     このゲームは「アイスブレイク」といって、初めて顔を合わせた仲間同士を打ち解けるための仕掛けのひとつでもあります。

     今回の「Aha2!チームビルディング」では、その効果を実感してもらうため、ひとつのキーワードについて考えてもらいました。

    1.やってみた「餃子ジャンケン」
    2.アタマワークとカラダワーク(本日の記事)
    3.世代をつなぐハシゴ


     6月に行われたフューチャーセッションのクロージングセッションでは、ゲストの井上さんからこんなお話がありました。

  • Scheme560:対話には体INPUT、頭OUTの活動が大切。対話の文化を広めるのはそこから。

  • 井上さんからは「頭と体のINとOUTの関係性」についてのお話がありました。

     「頭からINPUTして、頭からOUTPUTすることでは活性化されにくい。つまり対話のレベルにもたどり着きません。

     大切なことは体でINPUTして頭からOUTPUTすること。」

     アイスブレイクなどを通じて、これが対話にたどり着く近道なんだと感じました。

     そこで今回はこれらをヒントに「アタマワーク」と「カラダワーク」をやってみました。

    Aha2チームビルディング INFO
    多ぁ望Map No.0279

     これは今回のワークをリアルタイムに記録したパフォーマンス・インフォ・ドゥードル。

  • Scheme561:餃子ジャンケンとはカラダINPUT、アタマOUTPUTを引き出す最適な手段である。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    やってみた「餃子ジャンケン」

     おっと、ブログ更新がどうやら1ヵ月ぶりのようです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     このFC2ブログでは1ヵ月以上更新がないと、広告に占領されてしまうようです。

     ということで気を取り直して3件記事を書こうと思っています。

    1.やってみた「餃子ジャンケン」(本日の記事)
    2.アタマワークとカラダワーク
    3.世代をつなぐハシゴ


     前回の記事は6月に行われたフューチャーセッションのクロージングセッションに参加したときのレポートでした。

  • Scheme560:対話には体INPUT、頭OUTの活動が大切。対話の文化を広めるのはそこから。

  •  ここでは当日のゲストと参加者から「対話の文化をひろめること」がテーマとして導かれました。

     そのときの経験を今回の朝カフェでシェアしてみました。

     もうひとつの目的は当日教わった「餃子ジャンケン」をみんなで楽しむこと。

    第149回朝カフェ


  • Try429:餃子ジャンケンを活用しよう。それは多様性を超えてつながる有効な手段。
  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス