対話の文化を広めるために

「Aha2!フューチャーリーディング」の5回目のレポートはFSWクロージングセッションについて紹介します。こんにちは、Aha2!ファシリテーターの多ぁ望です。

 私が主催した「Aha2!フューチャーリーディング」の後に、同じ会場で開催されたクロージングセッションが行われました。

 私も参加してきました。

 野村さんがファシリテーターをつとめ、素敵なゲスト6名を交えてのトークセッションとなりました。参加者はおよそ50名。

 ・ボブ・スティルガー氏(New Stories 共同代表)
 ・井上 英之氏(SVP東京ファウンダー、INNO-Lab International共同代表)
 ・香取 一昭氏(FAJフェロー, IAFJ理事, ワールドカフェ一20周年記念イベント実行委員長)
 ・小笠原 祐司氏(タマトーーク実行員会, NPO法人bond place代表)
 ・松岡 亜樹氏(イノベーション・ファシリテーター, ツンドクブ部長)
 ・大江 亞紀香氏(コア・クリエーションズ代表)
 ・ファシリテーター:野村 恭彦(フューチャーセッションズ代表、KIT虎ノ門大学院 教授)


 野村さんの創り出す場にはいつも勉強させられます。

 今回はその勉強になった要素をレポートしていきます。

  • 協調アクションで未来をうごかす!~FSW2015クロージングセッション

  • 1. 思惑からずれていく現実
    2. その場の力を信じる
    3. 偶然に集う三冊
    4. 為未 来人氏の華麗なる転身
    5. 対話の文化を広めるために(本日の記事)


     クロージングセッションはこんな雰囲気で行われました。



  • Scheme560:対話には体INPUT、頭OUTの活動が大切。対話の文化を広めるのはそこから。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス