引き寄せられたチーム

 今回の3×3Labで体験したイベントの最終レポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 前回お伝えしたプレセッションのアウトプットを紹介します。

 全21チームが発表した「未来編集会議」。

 日本を変える発想力があふれていました。ときに笑いもあり。

 さて私達のチームは?

1.ミーティング・ソリューションの圧縮学習
2.描きながら考える力とは?
3.加速するアウトプット
4.FutureSessionWeek2015へ
5.引き寄せられたチーム
(本日の記事)

 ミーティングソリューションのワークのときに「ビジネスとプライベートの両立」ということをテーマに掲げていろいろアイデアを練っていきました。

 仕事が忙しくなると、どうしてもプライベートへの意欲が失われていきます。これって悪循環ですよね。

 本来はプライベートで充電して、仕事で成果を発揮したいところ。

 そんな課題を頭に置きながら、プレセッションのワークにも突入しました。

「ワクワクする場づくり」

 と大きく紙に描き、ビジネスでもプライベートでもエネルギを生み出せる場をつくりたいと表現しました。

  • Future Session Week 2015 プレセッション

  • 150427_FSW_Pre3

     壁一面に貼られた紙には21チームの未来が描かれています。

     その中のひとつを紹介します。

     今日のスキーマです。

  • Scheme560:マグネットテーブルは共通する想いをもったメンバーを集める効果的な方法である。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス