自信を持て!というアドバイス

 先日、仕事仲間から相談を受けました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 あるプレゼンで大きな失敗をしてしまったとのこと。

 相談とはこんな内容でした。

「どうしたら、自分に自信を持てるようになるでしょうか?」

 これについては状況をいろいろ伺ったら、ひとつの切り口を見つける事ができました。後ほど紹介します。

 今度はうちに帰ると、妻がこんなことを。

「試験の単位を落としちゃった。自信喪失。どうしたらあなたのように自信が持てるの?」

 どうやら相当、私には自信があるように見られているようです。

 この会話を通して見えてきたことがあります。それを書き残しておこうと思います。

なぜ本番でしくじるのか---プレッシャーに強い人と弱い人なぜ本番でしくじるのか---プレッシャーに強い人と弱い人
(2011/10/20)
シアン バイロック

商品詳細を見る

 今日のスキーマです。

  • Scheme548:課題はひとりでは気づけないもの。対話から理解と発見が生まれてくる。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    絶好調をつくり出そう

     いままでセルフ・コントロールについて記事を書きました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     このテーマにとても参考になるお話をしてくれる方がいました。

     それは元オリンピックのメダリスト、為末 大氏です。

     こちらのセミナーに参加してきました。

  • 絶好調社員はつくれる。生産性を高めるコーポレート・ウェルネス実践法

  •  これはイトーキイノベーションセンターSYNQAにて行われたイベントです。

     「絶好調社員はつくれる」というメインテーマで、為末さんによるアスリートのセルフコントロールのお話と、ビジネスマンの健康やオフィス環境に関するテーマがいくつか紹介されました。

    絶好調はつくれる

     この内容から2つの気づきを書き残しておこうと思います。

     今日のスキーマです。

  • Scheme547:自分の限界がやぶられるまでは、それが自分の限界である。by 為末 大

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    参加者が講師である場

     「Aha2セルフ・コントロール」の3回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     自分の中のデーモンが自分の相棒だったなんて。

     前回はそんなアンガーマネジメントの1つのテクニックを紹介しました。

     今回はこのイベントを行った「朝カフェ」という場について紹介していこうと思います。

    1.もうひとりの自分と戦う
    2.戦う相手ではなく相棒へ
    3.参加者が講師である場(本日の記事)


     今日の記事はこちらの本からヒントをもらいました。

    No.724

    セルフモチベーション・マネジメント 一瞬で情熱を創り出す技術セルフモチベーション・マネジメント 一瞬で情熱を創り出す技術
    (2015/01/20)
    野間健司

    商品詳細を見る

    Aha2セルフ・コントロール6

     今日のスキーマです。

  • Scheme546:セルフコントロールはひとりではなく、愛のある仲間と実現するもの。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    戦う相手ではなく相棒へ

     「Aha2セルフ・コントロール」の2回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回のワークショップのレポートは「アンガーマネジメント」のカテゴリに設定しました。

     名前の通り、怒りをどうコントロールするか?という方法論です。

     私は過去に感情にまかせた言動が抑えられず、様々な失敗を経験してきました。それを乗り越えるきっかけとなったのが「アンガーマネジメント」です。

    1.もうひとりの自分と戦う
    2.戦う相手ではなく相棒へ(本日の記事)
    3.参加者が講師である場


     今回紹介する方法は「プロフェッショナル・ファシリテーター」のワークショップで経験した内容です。それはファシリテーションの内容ではなく、自分の在り方をいかに保つかという方法でした。

     これはまさにアンガーマネジメントのひとつでもあります。

    アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及!イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及!イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術
    (2008/09)
    安藤 俊介

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme545:自分の嫌な面が出てくるのはデーモンのせい。それは実は自分の相棒である。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    もうひとりの自分と戦う

     2015年一発目のAha2シリーズを開催しました。こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     1/31の第124回宮の朝カフェでは「Aha2セルフ・コントロール」というタイトルでプレゼンターをつとめさせていただきました。

     昨年の振り返りでは「導」という漢字を紹介しましたが、この2015年は導かれるものに出会えず31日まで主体的な動きがとれませんでした。

     今回はそのあたりを紹介しながら3回シリーズで「Aha2セルフ・コントロール」について書いていこうと思います。

    1.もうひとりの自分と戦う(本日の記事)
    2.戦う相手ではなく相棒へ
    3.参加者が講師である場


     「Aha2セルフ・コントロール」では私が昨年受講したラリー・ドレスラー氏のワークショップの中で経験したワークを朝カフェメンバーと体験してみました。

     その概要はこちらの書籍で紹介されています。原題は

    「Standing in the fire」

     です。「火の中に立つ」という意味ですが、自分の火、自分の炎についてもみんなで考えてみました。

    プロフェッショナル・ファシリテーター---どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀プロフェッショナル・ファシリテーター---どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀
    (2014/07/11)
    ラリー・ドレスラー

    商品詳細を見る

    Aha2セルフ・コントロール3

     多数のご参加ありがとうございました。

     今日のトライ宣言です。

  • Try427:自分の炎を見つけて自動反応を理解しよう。それがセルフコントロールの第一歩。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス