ファシリテーションの魅力

 「ファシリテーション」について考えたいと思います。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 この言葉、世間ではかなり認知度があがってきたと思います。

 このブログで初めてとりあげたのは・・・。

 09年3月の記事でした。このあたりをきかっけに私は「ファシリテーション」にとても興味を惹かれていきました。

  • Scheme35:ホワイトボードは記録のためではなく、議論を見える化するためのもの

  •  ファシリテーションとは、場をつくりあげる人。もうちょっと具体的に言うと、会議などで議論を円滑に促進し、ゴールへ導くひとです。

     従来、会議や打ち合わせでは目的をもったひとが会議を招集し、利害が対立する相手と議論の衝突を繰り返して結論に達するものでした。(この場合、到底1回では結論にたどり着けません。)

     しかし、ファシリテーターという中立的な立場で議論をコントロールする役割が加わると、議論の衝突をうまく回避して従来のやり方よりも円滑に、迅速にゴールにたどり着く事ができるようになります。

     このファシリテーションスキルを高めようと思ったときに、大きな壁があることに気づきました。

    No.723

    佐藤可士和の打ち合わせ佐藤可士和の打ち合わせ
    (2014/11/08)
    佐藤 可士和

    商品詳細を見る

     今日のトライ宣言です。

  • Try426:会議の結果からプロセスに視点を移そう。プロセスを振り返ることでファシリテーターへの道が見えてくる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス