FC2ブログ

2014年の振り返りとセルフランキング

 年末の恒例行事は紅白歌合戦。かもしれませんが、私の場合はセルフランキングです。こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 1年を俯瞰するって、なかなか面白いものです。

 恒例行事といえば日本漢字能力検定協会が発表する「今年の漢字」があります。

 2014年は「税」とのこと。やはり消費税アップのインパクトが強かったようですね。

 このブログでも「今年の漢字」を記録してきました。今回が5年目になります。

 ちなみに昨年の記事はこちら。

  • Scheme472:2013年はプライベートで学んできたことが、ビジネスでも評価され、両者が融合した年。だから融。

  • 「あなたの2014年を表す漢字は何ですか?」

     例年はブログ記事の一覧から整理していくのですが、今年は写真から抜粋してみました。

     というわけでその整理した結果を発表します。

    2014年の振り返りMM
    多ぁ望Map No.0272
    「導」

     です。
     今日のスキーマです。

  • Scheme544:2014年は導かれた行動によって新たな行動を導いた年。だから導。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    考えない考え方って??

     もう2014年もあと少し。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     先日、読書会に参加してきました。

     そこで出会った本を紹介していこうと思います。

    UDK2

     私が選んだ本はこちら。

    「考えない考え方」

     こういう逆説的なネーミング、センスありますよね。なんだか引き込まれます。


    アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方アンシンク UNThink 眠れる創造力を生かす、考えない働き方
    (2014/03/14)
    エリック・ウォール

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme543:自分の中のPICASSOを見つけよう。感性思考が自分の新たな一面を引き出してくれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    勘違いというパワー

     誰にも受け入れがたいことってありますよね。こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今日は、こんな本を紹介します。

     とっても気持ちを楽にしてくれる本です。自分の枠を崩してくれる本です。

     誰にも悩みってありますよね。それはとてつもなく大きく、自分の肩にのしかかっているかもしれません。

     そんな日々に悶々と過ごしている人は少なくありません。

     でも、著者のはせくらさんは言い切ります。

    「悩んでますが、それが何か?」

     えー??

     そんなに軽くあしらっちゃっていいんでしょうか?

     この本はひすいこたろうさんとはせくらみゆきさんの共著。なんと出版記念イベントがあるってことで参加してきました。およそ250名くらいの参加者が集まっていました。

    No.704

    22世紀的「人生の攻略本」 起こることは全部マル!   3時間で新しい自分になれるワークブック22世紀的「人生の攻略本」 起こることは全部マル! 3時間で新しい自分になれるワークブック
    (2014/10/15)
    ひすいこたろう、はせくらみゆき 他

    商品詳細を見る

    141209起きることは全部マルMM
    多ぁ望Map No.0270

     今日のスキーマです。

  • Scheme542:悩みとは勘違いである。勘違いは大きなエネルギー源でもある。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    思考を開く5ステップ

     前回のコーチングの実例を振り返ってみました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     その実例とは、あるプロジェクトのポスターのコンセプトとアイデア出しでした。

  • Scheme540:プロセスは後から見えてくる。それを引き出せるのがマインドマップ。

  •  そのとき見えてきたのが5ステップのプロセスです。

     これは途中から見えてきたことで、そのプロセスに当てはめてみるとスムーズにゴールに導く事ができました。

     というわけで、そのステップをフレームワークに整理してみました。

     こんな感じです。

    5STEPframework1

     今日のスキーマです。

  • Scheme541:実例からフレームワークを起こせば自分の経験の再利用が可能となる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    足をとめる5ステップ

     先日、仕事仲間からコーチングの依頼を受けました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     その依頼は、あるポスターを制作するためのキーワードを導くというもの。

     そのときは、自分が何をすれば良いのかあまりピンときてなかったんですが、やってみるとそういうことだったのか!と腑に落ちました。

     それが「コーチング」という意味です。

     ティーチングとは対称的なものがコーチング。

     何か知識、情報を与えることをティーチングと呼び、それを行うひとを先生と呼びます。

     一方、コーチングは知識、情報を相手から引き出すことを指し、それを行うひとをコーチと呼びます。

     スポーツのコーチをイメージするとわかりやすいです。

     もともと「コーチ」とは馬車の意味で、相手がめざす目的地へ送り届けるという意味から来ています。

     コーチの難しいポイントは、セッション開始までにはゴールが見えてないことです。

     それでもセッション後に、相手が望む成果を引き出せるイメージを持っていることが大切です。今回はそんなことを書き残しておこうと思います。

    No.710

    会話のマネジメント コーチング選書 02会話のマネジメント コーチング選書 02
    (2004/11/18)
    M.コノリー、R.リアノシェク 他

    商品詳細を見る


     今日のスキーマです。

  • Scheme540:プロセスは後から見えてくる。それを引き出せるのがマインドマップ。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス