FC2ブログ

TOEIC公式問題集の精度

 前回は昨年のTOEICの実績と目標について紹介しました。こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 今回は勉強中の気づきをちょっと書き残しておこうと思います。

 使った教材はこれ。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉
(2012/06)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

 いろんなTOEIC対策本を読むと、かならず出てくるのが「公式問題集」です。

 公式という意味は、TOEICを実際に制作している会社がつくったから。

 ついでに公式というだけあって、値段が高いんですが・・・。

 TOEICの受験がきまったら、まずこれをやってみることをオススメします。なぜなら・・・。

  • Scheme525:TOEIC対策は公式問題集から。そこから屈辱感をモチベーションに変えていこう。捨てる問題は捨てること。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    具体的な目標設定の力

     久々に英語の話題に触れたいと思います。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     昨年、TOEICの勉強について少しだけ紹介したことがありました。

     当時の目標は600点を突破すること。その前に受けたのが相当時間が経っていたので一から勉強し直しました。

     でも、残念ながら目標にあと一歩届かず。

     その次の目標に731点以上としておきました。

     今年も受験の予定が決まったので、ここで改めて勉強の宣言をしておきたいと思います。

     昨年の振り返りからリーディングに力を入れていこうと思います。

    書き込み式 TOEICテスト600点 リーディング完全対策書き込み式 TOEICテスト600点 リーディング完全対策
    (2014/05/27)
    菊間 ひろみ

    商品詳細を見る

    TOEICリーディング

     今日のスキーマです。

  • Scheme524:具体的な目標設定が具体的な手法を導いてくれる。それがモチベーションの根源にもなる。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    提案に紛糾し、提案に戻る

     先日、大きな会議がありました。ちょっと手こずったのでその経緯を残しておこうと思います。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回はあるプロジェクトの最終報告やり方を整合する会議でした。

     そのプロジェクトでは、複数のチームが活動してきました。

     その活動も、もうすぐ一区切り。

     その成果を報告するやり方がうまく決まらず、ずるずると伸びていました。

     そこで、今回は新たな提案を打ち出して、それでまとめたいとのぞみました。

     結果は・・・。

    「紛糾。」

     もっとファシリテーションを勉強しなければ。

    No.656

    プロフェッショナル・ファシリテーター---どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀プロフェッショナル・ファシリテーター---どんな修羅場も切り抜ける6つの流儀
    (2014/07/11)
    ラリー・ドレスラー

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme523:議論の紛糾は大きなエネルギー。それを活用して得られた合意形成は自分ゴト化のスイッチを入れてくれる。

  • テーマ: ビジネス | ジャンル: ビジネス

    マインドマップのレベルアップへ

     さて、この週末はマインドマップの勉強にいってきました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回は「マインドマップ・プラクティショナー講座」という原田真吾インストラクターの講座に参加してきました。

     もともと私は2010年に玉川一郎先生の基礎講座を受講。これが2010年4月の記事です。

  • Scheme158:PDCAよりもTEFCASサイクルでアプローチする。まずやってみる。そこから新たな道が見えてくる。

  •  記事で紹介しているマインドマップは基礎講座を受講してから1週間後に描いたものでした。

     今回はこんな感じ。それも当日描いたもの。

    マインドマッププラクティショナー1
    多ぁ望Map No.0266

     4年の継続は着実に力になっていると実感できました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme522:空白を埋めていけばマインドマップのバランスは必然的に整ってくる。3つのヒントでさらなるレベルアップへ。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    おめでとう!第100回、おめでとう!ロビオン。

     あの朝カフェがついに100回目を迎えました。こんいちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     朝カフェとは毎週土曜日に、宇都宮の下野新聞NEWSCAFEに有志が集まり、有志がテーマをもって、勉強会を行うという週間。

     1年は52週。

     つまりついに2年を迎えたわけです。参加者が支え続けた成果ですね。すばらしい取り組みです。

    朝カフェ100回目

     毎回会場となっているNEWSCAEの2Fは、いつもは定員を25名としております。

     ところが、今回は第100回記念ということで、2時間に拡大して、さらに定員も拡大。

     結局、40名がこの会場に集まりました。

     この結果は下野新聞にも紹介されました。

     今日のトライ宣言です。

  • Try423:ロビムーブメントのPhase2が始まっている。Phase3は何が起こるのか?

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    パターン・ランゲージによる形式知

     パターン・ランゲージって言葉をご存じですか? こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • UX TOKYO JAM 2014

  •  このイベントレポートも3回目となりました。

     前回紹介した「実践UX」を体験するワークショップについて書きましたが、今回は実際にワークショップの中で行ったグループワークについてレポートしていきたいと思います。

    1.UIとUXの関係性
    2.「実践UX」を体験してもらう場づくり
    3.パターン・ランゲージによる形式知(本日の記事)


    UXTOKYO11

     グループワークは「1年後に第2回UX-TOKYOが開催されるたときに、どんなアウトプットをしたいか?」というテーマで行われました。

     私達のグループでアイデアを主催者の坂田さんにプレゼンした結果、いただいたキーワードがこれ。

    「パターン・ランゲージは有効なプロセスですね。」

     という評価をいただきました。

     そのときは、よく理解できなかったんですが後で詳しく聞いてみるとなるほど!という納得感にあふれました。

  • Scheme521:小さな成功体験には必ずHJ-UXのプロセスがある。パターン・ランゲージから新たなコンセプトを見出そう。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス