「実践UX」を体験してもらう場づくり

 UX-TOKYOのイベントレポートを紹介します。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • UX TOKYO JAM 2014

  •  このイベントはIT業界のトップリーダーの方達が、UXに対して熱く語り合う場です。

     そのひとりが何度かワークショップ等でご一緒させていただいているデザイン思考研究所の大隈さん。

     今回はファシリテーターとして協力させてもらうこととなりました。

    1.UIとUXの関係性
    2.「実践UX」を体験してもらう場づくり(本日の記事)
    3.パターン・ランゲージによる形式知


    UXTOKYO10

     セッションのタイトルはこちらです。

    UXから「生きたUX」へ ー 論から「実践UX」へSHIFTしよう

     大隈さんは自ら主催するFuture's Placeの中でHX Prototypeワークショップを継続して開催してきました。

     今回はその経験からUXに対する提言を行っています。

     そのプレゼン形態にも今回はちょっと工夫を入れており、HX Prototypeワークショップの体験が味わえるような構成となりました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme520:アウトプットのない学びは鼻くそやでー by 大隈 広郷

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス