UIとUXの関係性

 この週末にこんなイベントに参加してきました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • UX TOKYO JAM 2014

  •  UXとはUser Experience(ユーザー体験)という意味。

     一方、同じようなキーワードとしてUI(ユーザーインターフェース)があります。

     このイベントではIT業界のトップリーダーの方達が、UXに対して熱く語っておりました。

     私はWeb関連ではユーザーという立場で、開発側の内容には疎いんですが自分なりにUIとUXの関係性について今回は考えるチャンスをいただきました。

     本日より3回シリーズで書いていきたいと思います。今回は難解なキーワードがいっぱい出てきました。

    1.UIとUXの関係性(本日の記事)
    2.「実践UX」を体験してもらう場づくり
    3.パターン・ランゲージによる形式知


    UXTOKYO1

     「UX-TOKYO」という団体が結成されて3年が経ち、FaceBookグループも1500名を超えるほど増えており、今回初めて大きな会場でディスカッションする場を創ったとのこと。

     全120名のチケットもあっという間に完売してしまったという人気ぶりです。

     写真はオープニングKeynoteの一コマ。大盛況でした。

     さて、今回は開催された六本木ヒルズの会場にたどり着く前のエピソードを紹介したいと思います。

    「そうか。UXってそういうことか!」

     今日のスキーマです。

  • Scheme519:UXを思い通りにアシストするのがUI。そこにギャップが生まれるとゴールから遠ざかる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス