FC2ブログ

「実践UX」を体験してもらう場づくり

 UX-TOKYOのイベントレポートを紹介します。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • UX TOKYO JAM 2014

  •  このイベントはIT業界のトップリーダーの方達が、UXに対して熱く語り合う場です。

     そのひとりが何度かワークショップ等でご一緒させていただいているデザイン思考研究所の大隈さん。

     今回はファシリテーターとして協力させてもらうこととなりました。

    1.UIとUXの関係性
    2.「実践UX」を体験してもらう場づくり(本日の記事)
    3.パターン・ランゲージによる形式知


    UXTOKYO10

     セッションのタイトルはこちらです。

    UXから「生きたUX」へ ー 論から「実践UX」へSHIFTしよう

     大隈さんは自ら主催するFuture's Placeの中でHX Prototypeワークショップを継続して開催してきました。

     今回はその経験からUXに対する提言を行っています。

     そのプレゼン形態にも今回はちょっと工夫を入れており、HX Prototypeワークショップの体験が味わえるような構成となりました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme520:アウトプットのない学びは鼻くそやでー by 大隈 広郷

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    UIとUXの関係性

     この週末にこんなイベントに参加してきました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • UX TOKYO JAM 2014

  •  UXとはUser Experience(ユーザー体験)という意味。

     一方、同じようなキーワードとしてUI(ユーザーインターフェース)があります。

     このイベントではIT業界のトップリーダーの方達が、UXに対して熱く語っておりました。

     私はWeb関連ではユーザーという立場で、開発側の内容には疎いんですが自分なりにUIとUXの関係性について今回は考えるチャンスをいただきました。

     本日より3回シリーズで書いていきたいと思います。今回は難解なキーワードがいっぱい出てきました。

    1.UIとUXの関係性(本日の記事)
    2.「実践UX」を体験してもらう場づくり
    3.パターン・ランゲージによる形式知


    UXTOKYO1

     「UX-TOKYO」という団体が結成されて3年が経ち、FaceBookグループも1500名を超えるほど増えており、今回初めて大きな会場でディスカッションする場を創ったとのこと。

     全120名のチケットもあっという間に完売してしまったという人気ぶりです。

     写真はオープニングKeynoteの一コマ。大盛況でした。

     さて、今回は開催された六本木ヒルズの会場にたどり着く前のエピソードを紹介したいと思います。

    「そうか。UXってそういうことか!」

     今日のスキーマです。

  • Scheme519:UXを思い通りにアシストするのがUI。そこにギャップが生まれるとゴールから遠ざかる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    準備に勝る即興ファシリテーション

     「Aha2マインドマップ」最終レポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回はこのワークショップを主催、実行していながら、自分で気づいたマインドマップの効果についてシェアしたいと思います。

  • FaceBookイベント:Aha2マインドマップ

  • 1.ヒーローズ・ジャーニーから見えてきたこと
    2.マインドマップの5つのレベル
    3.トランセンデンスワーク
    4.トランセンデンスマップの成果
    5.準備に勝る即興ファシリテーション(本日の記事)


     今回の企画に対しては朝カフェとのつながりだったり、トランセンデンスマップというコンセプトだったり、グループワークのやり方だったりといろいろと以下にあるようなマインドマップで準備をしていました。

    モノマインドマップ

     でも、実際にグループワークの進め方やワークショップのクロージングのまとめ方などは、想定していたものとは違った結果となりました。

     それはなぜでしょうか?

     今日のスキーマです。

  • Scheme518:最良のアイデアは実践の場から生まれる。それを実行に移すスキルがファシリテーションの即興力である。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    トランセンデンスマップの成果

     「Aha2マインドマップ」4回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回は「トランセンデンスワーク」のやり方について紹介しました。

     いよいよ今回はそのワークの結果を紹介していきます。

     さて、どんな新しい世界が見えたのでしょうか。

  • FaceBookイベント:Aha2マインドマップ

  • 1.ヒーローズ・ジャーニーから見えてきたこと
    2.マインドマップの5つのレベル
    3.トランセンデンスワーク
    4.トランセンデンスマップの成果(本日の記事)
    5.準備に勝る即興ファシリテーション


    Aha2マインドマップ2
    多ぁ望Map No.0263

     今日のトライ宣言です。

  • Scheme517:U+SHINWAが私達の行動を後押しする。アイデアは自分と仲間の間から生まれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    トランセンデンスワーク

     前回は「トランセンデンスマップ」という新しい言葉を紹介しました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     「超越」という意味の言葉。

     今回はグループマインドマップを描く方法に少しアレンジを加えて、今までのマインドマップの概念を超えたものを導きたいとチャレンジしてみました。

     だから名付けて「トランセンデンスワーク」です。

  • FaceBookイベント:Aha2マインドマップ

  • 1.ヒーローズ・ジャーニーから見えてきたこと
    2.マインドマップの5つのレベル
    3.トランセンデンスワーク(本日の記事)
    4.トランセンデンスマップの成果
    5.準備に勝る即興ファシリテーション


    Aha2マインドマップ5

     今日のトライ宣言です。

  • Try422:トランセンデンスワークで新たなマインドマップの世界を経験しよう。想いをつなげばアイデアが生まれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    マインドマップの5つのレベル

     「Aha2マインドマップ」2回目のレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回はイベントの中で取り上げたマインドマップの5つのレベルについて紹介していきます。

  • FaceBookイベント:Aha2マインドマップ

  • 1.ヒーローズ・ジャーニーから見えてきたこと
    2.マインドマップの5つのレベル(本日の記事)
    3.トランセンデンスワーク
    4.トランセンデンスマップの成果
    5.準備に勝る即興ファシリテーション


    Aha2マインドマップ4

     今日のスキーマです。

  • Scheme516:マインドマップの入り口は近く、出口は遠い。トランセンデンスマップの可能性は無限大。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ヒーローズ・ジャーニーから見えてきたこと

     本日より「Aha2マインドマップ」のレポートを書いていく予定です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     この週末に「Aha2マインドマップ」というイベントを行いました。気づけばAha2シリーズも第5弾です。

  • FaceBookイベント:Aha2マインドマップ

  •  今回から5回シリーズでレポートします。

    1.ヒーローズ・ジャーニーから見えてきたこと(本日の記事)
    2.マインドマップの5つのレベル
    3.トランセンデンスワーク
    4.トランセンデンスマップの成果
    5.準備に勝る即興ファシリテーション


    第98回朝カフェ

     今日のスキーマです。

  • Scheme515:経験はストーリーにつなげることで価値が加わる。それが自分の気持ちを開放し、ありたい自分を見せる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    FutureSessionWeek総決算

     ちょっと遅くなりましたが7/8に開催されたFutureSessionWeekのまとめイベントについてレポートします。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     6/7〜6/13の1週間をFutureSessionWeekとして、80を超える、さまざまなテーマのセッションが開催されました。

     1ヶ月が経過した今、全セッションを振り返りグランドテーマであった「2020年、私たちが世界に示したい日本」を改めて考える場となりました。

  • 「2020年、私たちが世界に示したい日本」 〜フューチャーセッションウィーク2014からつむぐ未来のストーリー〜

  • FSWまとめ1

     私はこの期間中に2つのセッションを主催し、かつ他の2セッションに参加させていただきました。この写真の中の2つのコマに貢献しています。

     詳細はこちらで紹介しています。

  • Scheme513:ローコンテクストなセッション設計がグループワークのゴールを確実に引き出す。

  •  FutureSessionでは全セッションのフィードバックをまとめた「フューチャーセッションウィーク2014報告書 〜2020年、私たちが世界に示したい日本」を制作予定とのこと。多ぁ望からも2セッションのレポートを公開させていただきました。楽しみです。

     今日のトライ宣言です。

  • Try421:自分のこだわりを磨き、相手のこだわりを評価しよう。それが多様性と両立した未来をカタチづくる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    削除して加わる付加価値

     今日は大きな発見を紹介したいと思います。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     久々の記事は、シナリオプランニング実践会でお世話になった野村さんの事務所、FutureSessionsにおじゃました時の気付きです。

     当日は「仕事バカンスウィーク」という企画を立ち上げて、ノマドスタイルの仕事環境を体験してきました。

     これは「仕事」という概念と対局にある「バカンス」を融合したアイデア。

     仕事もバカンスを過ごすような環境下で、ワクワクする雰囲気ですればイノベーティブな成果が出せるんじゃないかという試みです。

     というわけで今回の仕事場はこんな環境となりました。

    仕事バカンスウィーク1

     今日のトライ宣言です。

  • Try420:バカンスを楽しむ雰囲気が仕事の成果を後押しする。イノベーティブな発想は雰囲気から生まれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス