Aha2ファシリテーションのねらい

 今回は久々に朝カフェのレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 なぜか、全脳思考レポートの5回シリーズのひとつとして書いていきます。

 なぜなら、この朝カフェでのプレゼンターをつとめてから、全脳思考イントロ講座へつながっていったからです。

 どうせ楽しむなら一緒にしちゃおうという気持ちでした。

 朝カフェのテーマはこちら。

「Aha2 ファシリテーション」

 今回はこの企画のねらいについて紹介します。

1.全脳思考イントロ講座で涙する
2.チームETOの描くPhase2のストーリー
3.Aha2ファシリテーションのねらい(本日の記事)
4.Aha2ファシリテーションの結果
5.ファシリテーションの可能性に懸ける


 今回の朝カフェでは「ファシリテーション」というスキルについて学ぶ場を作ってみました。それはゲームを体験して楽しみながら学ぶ場です。

 こちらは2月に学生さん向けに行った「砂漠からの脱出ゲーム」の様子をレポートしています。今回はさらにアレンジして難易度を上げることで、朝カフェにトルネードを巻き起こしてみました。

  • Scheme484:ファシリテーターは合意をめざす役割。多数決では議論を方向付けることはできるが、感情を方向付けることはできない。

  •  朝カフェ史上、最大の危機か?

    Aha2ファシリテーションポスター

     こちらの本からひとつアイデアをいただきました。それは「フィッシュボール」。

    ゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲームゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム
    (2011/08/20)
    Dave Gray、Sunni Brown 他

    商品詳細を見る

     今日のタスク宣言です。

  • Try413:フィッシュボールテクニックで、議論を観察しよう。トルネードが起こるほど、気づきが増えてくるもの。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス