12名の脳の並列処理

 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」の2回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 前回はファシリテーターのマルチタスキングを紹介しました。今回は参加者のマルチタスキングに注目してみようと思います。

1.3つの自分を操る
2.12名の脳の並列処理(本日の記事)
3.ファシリテーターの呼吸と役割
4.想定外を考える
5.2軸マップから放射マップへ


  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  このイベントには12名(総数14名)の熱い仲間が集いました。今回は12名によるグループワークの進め方について紹介します。

    まちヨミ第2章_4

     本日のトライ宣言です。

  • Try412:ダイナミックにグループ編成を変えていこう。それが参加者のマルチタスキングである。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス