3つの自分を操る

 またワクワクする体験をしてきました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 つい先日、「まちヨミ in 宇都宮」のレポートを公開したばかりですが、その第2弾が開催されました。

 今回はファシリテーターとしての新たなチャレンジをさせていただきました。

 以下、5回シリーズでお伝えしていきます。

1.3つの自分を操る(本日の記事)
2.12名の脳の並列処理
3.ファシリテーターの呼吸と役割
4.想定外を考える
5.2軸マップから放射マップへ


 前回レポートしたのはこちらのイベントです。

  • 「まちヨミ in 宇都宮 第1章〜MEET〜」 2014.02.09

  • Scheme485:目的をもって答えを見つける読書スタイル。限られた時間に情報を引き抜くためには必須のスキルである。

  •  そしてこの読書会をきっかけに、新たな行動を引き起こそうと再会したのが今回のイベント。だから第2章です。

  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  その第2章には14名の熱い仲間が集いました。

    まちヨミ第2章_1

     本日のトライ宣言です。

  • Try410:3つの自分を操り、議論の場を活性化させよう。それがファシリテーターのマルチタスキングである。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス