最新コミットメント

ファシリテーションの可能性に懸ける

 5回シリーズのレポート最終回です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回は、3/22日の中で一番、楽しかった体験を紹介したいと思います。

 それは、「Aha2ファシリテーション」でもなければ、「全脳思考イントロ講座」でもなかったわけです。

 それはこの2つのイベントのちょうど間に実行され、かつ裏で準備していた極秘プロジェクトでした。

1.全脳思考イントロ講座で涙する
2.チームETOの描くPhase2のストーリー
3.Aha2ファシリテーションのねらい
4.Aha2ファシリテーションの結果
5.ファシリテーションの可能性に懸ける(本日の記事)


 朝カフェの参加者は、いつもカフェでお気に入りのコーヒーを注文してから会場に入ります。

 でも、この日はちょっと違いました。店長から

「お店へのメッセージをこのカードに書いて下さい。」

 という依頼があったんです。こちらはみんながそのカードを書いているところ。

朝カフェサプライズ1

 実は、これも極秘プロジェクトのひとつだったんです。

 最終回のレポートはこのプロジェクトから見えてきた可能性について考えていきたいと思います。

 それはこちらの本にも書いてある「新しい組織」のひとつかもしれません。

No.595

成功のための未来予報成功のための未来予報
(2014/03/24)
神田昌典

商品詳細を見る

 今日のスキーマです。

  • Scheme496:瞬発的な組織でも成果は出せる。自律的な行動の集合から成果が生まれる。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    Aha2ファシリテーションの結果

     前回から「Aha2ファシリテーター」と肩書きを変えてみました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回はこの企画の結果について紹介します。

    「Aha2 ファシリテーション」

    1.全脳思考イントロ講座で涙する
    2.チームETOの描くPhase2のストーリー
    3.Aha2ファシリテーションのねらい
    4.Aha2ファシリテーションの結果(本日の記事)
    5.ファシリテーションの可能性に懸ける


     朝カフェで実践した「砂漠からの脱出ゲーム上級編」。たった1時間の間で、究極のシチュエーションについて議論をぶつけあうゲーム。普段の和やかな雰囲気とは、ちょっと違った緊張感あふれる状態に。

     さて、その結果はどんな状態になったのでしょうか?

     ゲームの進め方については、前回の記事をください。

  • Try412:フィッシュボールテクニックで、議論を観察しよう。トルネードが起こるほど、気づきが増えてくるもの。

  • Aha2ファシリテーション

     これはゲームがスタートしたばかりの様子。まだ盛り上がる前の状態です。

    ゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲームゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム
    (2011/08/20)
    Dave Gray、Sunni Brown 他

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme495:議論を観察すれば、ファシリテーションの流れが見えてくる。それを振り返ることがスキルとなる。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    Aha2ファシリテーションのねらい

     今回は久々に朝カフェのレポートです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     なぜか、全脳思考レポートの5回シリーズのひとつとして書いていきます。

     なぜなら、この朝カフェでのプレゼンターをつとめてから、全脳思考イントロ講座へつながっていったからです。

     どうせ楽しむなら一緒にしちゃおうという気持ちでした。

     朝カフェのテーマはこちら。

    「Aha2 ファシリテーション」

     今回はこの企画のねらいについて紹介します。

    1.全脳思考イントロ講座で涙する
    2.チームETOの描くPhase2のストーリー
    3.Aha2ファシリテーションのねらい(本日の記事)
    4.Aha2ファシリテーションの結果
    5.ファシリテーションの可能性に懸ける


     今回の朝カフェでは「ファシリテーション」というスキルについて学ぶ場を作ってみました。それはゲームを体験して楽しみながら学ぶ場です。

     こちらは2月に学生さん向けに行った「砂漠からの脱出ゲーム」の様子をレポートしています。今回はさらにアレンジして難易度を上げることで、朝カフェにトルネードを巻き起こしてみました。

  • Scheme484:ファシリテーターは合意をめざす役割。多数決では議論を方向付けることはできるが、感情を方向付けることはできない。

  •  朝カフェ史上、最大の危機か?

    Aha2ファシリテーションポスター

     こちらの本からひとつアイデアをいただきました。それは「フィッシュボール」。

    ゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲームゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム
    (2011/08/20)
    Dave Gray、Sunni Brown 他

    商品詳細を見る

     今日のタスク宣言です。

  • Try413:フィッシュボールテクニックで、議論を観察しよう。トルネードが起こるほど、気づきが増えてくるもの。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    チームETOの描くPhase2のストーリー

     涙した全脳イントロ講座。今回はその後に行った全脳チャレンジのレポートです。こんにちはコンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     全脳チャレンジとは、グループでひとつの全脳思考チャートを描くイベントです。

     全脳思考イントロ講座を学んだあとに行いました。ファシリテーターが春くん、リーダーは多ぁ望。

     前回1月に描いたチャートにつながる次のストーリーを導きたいと考えていました。

     さて、そのストーリーはどうなったと思いますか?

     そりゃもう・・・。

    1.全脳思考イントロ講座で涙する
    2.チームETOの描くPhase2のストーリー(本日の記事)
    3.Aha2ファシリテーションのねらい
    4.Aha2ファシリテーションの結果
    5.ファシリテーションの可能性に懸ける


    140322全脳思考イントロ_4

     1月に描いたチャートはこちら参照ください。

  • Try407:2014年のTeamETOのミッションは「未知との遭遇」をつくり出すこと。それがプライベートとビジネスのテンションを結びつける。

  •  今日のタスク宣言です。

  • Task169:チームETOのビジョンをつくりあげるイベントを実行する。ビジョンあっての目指す姿を見つけよう。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    全脳思考イントロ講座で涙する

     この土曜日は、極めてながーい一日となりました。こんにちはコンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     「Tell the story 2014」というイベントで描いた全脳思考チャートに導かれて開催した「全脳思考イントロ講座 in 宇都宮」が無事に終了しました。

     さらに同じ日に、朝カフェで「ファシリテーション」をテーマとした企画を実行。

     そして同時並行で、もうひとつのプロジェクトを水面下で動かしつつ・・・。

     いろんな想いがつながって、3月22日という日が無事に終了しました。

     ちょっとオーバーフロー状態かもしれません。そう。フロー状態のさらに超えた状態。

     本日より5回シリーズで書いていきたいと思います。今回の経験を5回で記録するのは大変かも。

    1.全脳思考イントロ講座で涙する(本日の記事)
    2.チームETOの描くPhase2のストーリー
    3.Aha2ファシリテーションのねらい
    4.Aha2ファシリテーションの結果
    5.ファシリテーションの可能性に懸ける


    140322全脳思考イントロ_3

     今日のスキーマです。

  • Scheme494:どんだけ追いかけても、追いつけないのが虚像。そして立ち止まった時に目の前にあるのが答え。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    感動するストーリーとは何か?

     前回にひきつづき、Macintosh30周年の話題です。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     今日は「感動するストーリーとは何か?」というテーマで書いていこうと思います。

     前回紹介したこの映像。

     AppleのMacitosh30周年を記念したWebサイトが今年の1月24日よりスタートしています。

  • 30年と1日で作った物語。

  • Macintosh30周年1

    「30年前、AppleはMacintoshを発表。テクノロジーを、人々の手に届けることを約束した。」

     Webサイトには二つの動画のリンクがあります。「2014.1.24を見る」というリンクに加えて、制作の舞台裏を紹介する映像があります。こちらです。

  • 制作の舞台裏をビデオで見る

  •  これを見て、おお!って思ったことがあります。さらに感動してしまいました。

     そうか、感動するってそういうことだったのかという気づきを残しておきたいと思います。

     今日のスキーマです。

  • Scheme493:感動するストーリーには、それを際だたせる裏のストーリーがある。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    Happy birthday, Mac.

     前回の記事に関連した内容をお送りします。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     こちらの動画を、見ていただけたでしょうか。

     あのMacintoshが今年、30周年を迎えたのです。

     あなたのMacの出会いはいつ頃だったでしょうか。Webサイトからチェックができるようになっています。

     あまりに想いを馳せる出来映えなので・・・。見入ってしまいました。

  • 30年と1日で作った物語。

  • Macintosh30周年1


    「30年前、AppleはMacintoshを発表。テクノロジーを、人々の手に届けることを約束した。」

     今日のスキーマです。

  • Scheme492:30年前の約束を果たすのがApple。1000倍以上のマシンスペックがもたらしたものは無限の可能性だった。

  • 続きを読む...


    theme : Mac genre : コンピュータ

    最強のチームはどのようにして作られたのか?

     今日は、ちょっと我に返ったことがあります。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     会社の中では、上司や先輩に対して○○さんって呼びますよね。

     あるいは○○課長とか、○○部長とか。

     同僚や部下に対しては、○○ちゃんとか、あだ名で呼んだりすることもあるかと思います。

     さて、今日は私の体験談を紹介します。

     実は現在、私は入社で10年以上の先輩を「○○ちゃん」って呼んでいます。

     これって、普通に社会人の生活をしていたらありえないんじゃないでしょうか。

     普通に考えたら、大変失礼なことだと思います。

     では、どうしてこんな状況になっているのでしょうか。これは良いことなのでしょうか?

    チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法 (ファシリテーション・スキルズ)
    (2007/07)
    堀 公俊、加藤 彰 他

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme491:ニックネームで呼び合えるようになったら、チームワークができた証である。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    2軸マップから放射マップへ

     「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」の5回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     最終回はどんなシナリオが出てきたのか?これを紹介していきます。

    1.3つの自分を操る
    2.12名の脳の並列処理
    3.ファシリテーターの呼吸と役割
    4.想定外を考える
    5.2軸マップから放射マップへ(本日の記事)


  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  こちらはグループワークをやりながら書き残したマインドマップです。

    まちヨミ第2章_6
    多ぁ望Map No.256

     今日のスキーマです。

  • Scheme490:方向性のない放射マップからアイデアは生まれる。アイデアはタイトルをつけることで結晶化される。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    想定外を考える

     「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」の4回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     今回から実際のワークの結果を紹介していきます。

    1.3つの自分を操る
    2.12名の脳の並列処理
    3.ファシリテーターの呼吸と役割
    4.想定外を考える(本日の記事)
    5.2軸マップから放射マップへ


  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  シナリオ・プランニングの中でも必読書として取りあげられているのがこちらの本。ブラック・スワンです。


    ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
    (2009/06/19)
    ナシーム・ニコラス・タレブ

    商品詳細を見る
    ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
    (2009/06/19)
    ナシーム・ニコラス・タレブ

    商品詳細を見る

     ブラック・スワンとは、黒い白鳥という意味。白鳥は白い。だから黒い白鳥なんていないのだ。という前提がくずれ、実際には黒い白鳥は存在したのです。

     このような例えで表現されるのが「想定外」の出来事。それらは3つの特徴があります。

    1.それが極めて起きる確立が低く、かつ異常であること
    2.それが世界を変えるほど、強烈な衝撃を与えること
    3.それが起こるべくして起こったと、あとから予測可能だったととらえてしまうこと


     今日のスキーマです。

  • Scheme489:未来に視点を移し、過去を眺める。即興力が未来のイメージを具現化してくれる。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    ファシリテーターの呼吸と役割

     「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」の3回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     これまでファシリテーターのノウハウついて紹介してきました。ここで改めてまとめてみたいと思います。

    1.3つの自分を操る
    2.12名の脳の並列処理
    3.ファシリテーターの呼吸と役割(本日の記事)
    4.想定外を考える
    5.2軸マップから放射マップへ


  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  ファシリテーターにも呼吸が大切です。今回はそんなお話です。

    まちヨミ第2章_5

     本日のトライ宣言です。

  • Try411:既存のフレームを取り外し、新たなフレームをセットしよう。ファシリテーターの呼吸が場の力をコントロールする。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    12名の脳の並列処理

     「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」の2回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     前回はファシリテーターのマルチタスキングを紹介しました。今回は参加者のマルチタスキングに注目してみようと思います。

    1.3つの自分を操る
    2.12名の脳の並列処理(本日の記事)
    3.ファシリテーターの呼吸と役割
    4.想定外を考える
    5.2軸マップから放射マップへ


  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  このイベントには12名(総数14名)の熱い仲間が集いました。今回は12名によるグループワークの進め方について紹介します。

    まちヨミ第2章_4

     本日のトライ宣言です。

  • Try412:ダイナミックにグループ編成を変えていこう。それが参加者のマルチタスキングである。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    3つの自分を操る

     またワクワクする体験をしてきました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     つい先日、「まちヨミ in 宇都宮」のレポートを公開したばかりですが、その第2弾が開催されました。

     今回はファシリテーターとしての新たなチャレンジをさせていただきました。

     以下、5回シリーズでお伝えしていきます。

    1.3つの自分を操る(本日の記事)
    2.12名の脳の並列処理
    3.ファシリテーターの呼吸と役割
    4.想定外を考える
    5.2軸マップから放射マップへ


     前回レポートしたのはこちらのイベントです。

  • 「まちヨミ in 宇都宮 第1章〜MEET〜」 2014.02.09

  • Scheme485:目的をもって答えを見つける読書スタイル。限られた時間に情報を引き抜くためには必須のスキルである。

  •  そしてこの読書会をきっかけに、新たな行動を引き起こそうと再会したのが今回のイベント。だから第2章です。

  • 「まちヨミ in 宇都宮 第2章〜ACTION〜」 2014.03.01

  •  その第2章には14名の熱い仲間が集いました。

    まちヨミ第2章_1

     本日のトライ宣言です。

  • Try410:3つの自分を操り、議論の場を活性化させよう。それがファシリテーターのマルチタスキングである。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2014年03月 | 04月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)