全脳思考チャートの実績紹介

 4回目のイベントレポートは全脳思考チャートの実績紹介です。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

  • 「Tell the Story of 2013 in 宇都宮 〜2013年を僕らの手でデザインする〜」

  •  「全脳思考チャート」という手法の良さをどれだけ口で説明しても実感がわかないと思います。

     そこで、今回は少しでもその感覚を伝えるために、実際に書いたチャートがどうだったのか?を紹介してみようと思い立ちました。

    1.新年のチャレンジしたこと、したいこと
    2.アイデアのしずくからアイデアをもらう
    3.時間のつながりから、意味のつながりへ
    4.全脳思考チャートの実績紹介(本日の記事)
    5.2013年をデザインする


     前回は、こんなスキーマでまとめました。

  • Scheme432:過去の点と点をつなげば自分のストーリーが見えてくる。未来のストーリーから点を見つけるのが全脳思考チャート。

  •  ならば過去に描いた未来のストーリーと、実際に実現した未来について比較してみました。

     題材にしたものはHowdysチームの全脳思考チャートです。2011年の11月に2012年をイメージして描いたものです。当時の記事はこちら。

  • Scheme346:イノベーションを実現するためには直感力、論理思考力、俯瞰力が必要。それらを持った3名が揃えば最強チームができる。

  • Howdys全脳思考チャートZ016
    多ぁ望チャート No.Z016

     今日のスキーマです。

  • Scheme433:未来のストーリーを描くことで、実現する未来に意味を見いだすことが可能。それが良くても悪くても。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス