セカンドパーパスを拡げる

 UXワークショップ、第4回目のレポートです。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

  • IDEOに学ぶUXprototypeワークショップ

  •  今回はワークから見えてきた新たなコンセプトを紹介します。

     それは・・・。

    セカンド・パーパス

     です。

    1.現場で実践するUXワークショップ
    2.AppleとSonyのUX
    3.第一印象から第二印象、第三印象へ
    4.セカンドパーパスを拡げる(今日の記事)
    5.プロトタイプがもたらしたもの


     ピータードラッガーは事業の定義について問いかけました。

    「自動車販売店の事業とは何か?」

     簡単に想像のつく答えはけっして答えではないと。つまり「クルマを販売すること」が事業の目的ではないということです。

     この「クルマを販売すること」を第一の目的「ファースト・パーパス」と呼ぶことにします。

     事業とはこのファースト・パーパスだけでは成り立ちません。第二の目的の重要性が今回のワークで見えてきました。

    No.498,499

    経営の真髄[上] (知識社会のマネジメント)経営の真髄[上] (知識社会のマネジメント)
    (2012/09/22)
    P.F.ドラッカー

    商品詳細を見る
    経営の真髄[下] (知識社会のマネジメント)経営の真髄[下] (知識社会のマネジメント)
    (2012/09/22)
    P.F.ドラッカー

    商品詳細を見る

  • Scheme426:セカンド・パーパスが第一印象を変え、ファースト・パーパスに触れるチャンスを創り出す。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス