子供と大人の判断力

 今日は再びヒューリスティクスの話題を書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 前回は「クーティーズ・ヒューリスティクス」という言葉を取りあげました。

  • Scheme403:3秒ルールとはクーティーズ・ヒューリスティクスによるもの。人の判断にはゆがみが常に存在する。

  •  今回は「なじみヒューリスティクス」を取りあげます。

     先週の9月1日、防災の日にNHKでは東日本大震災に関連したTV番組をやっていました。

     ちょうどこの本を読んでいたときだったので、その内容がこの本で紹介されていたヒューリスティクスに一致したんです。

  • NHKスペシャル「釜石の“奇跡”~いのちを守る特別授業~」

  •  3.11の大震災では大津波による甚大な被害がありました。そんな中で注目されているのが「釜石の奇跡」と呼ばれる釜石小学校134名全員が助かったという事実です。

     そこには偶然の奇跡ではない、子供達の行動がありました。

     それは避難訓練の成果でもあり、子供達のヒューリスティクスに左右されない判断力があったからでもありました。

    No.480

    思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則
    (2012/04/05)
    レイ・ハーバート

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。
  • Scheme405:経験が想定を創り出し未来を見通す。それが判断をゆがめる危険性がある(なじみのヒューリスティクス)。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス