「百聞は一見に如かず」その続きは?

 先日、ひさびさに「渡り鳥の会」の仲間と会うチャンスがありました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

 「渡り鳥の会」とはフォトリーディング、マインドマップを学んだ仲間の集まり。

 お互いの近況報告を兼ねて、みなさんとエネルギーのギブアンドテイクをしてきました。

 そこで私から伝えたことはこの言葉でした。

  • Scheme384:実学とは実用できる学問である。それは実物で学び、実感して理解すること。

  •  ちょうど前回の記事で書いた内容です。

     仕事で「エンジニアの教育」について説明する機会があったので、その内容をアレンジして紹介させていただきました。

    勉学から実学へ
    多ぁ望Map No.0240

     今日のスキーマです。

  • Scheme385:「百聞は一見に如かず」の続きこそ実学である。「百見は一考に如かず、百考は一行に如かず」

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス